1月8日のSurf & Turfライブで "8th Of January" を演奏

c0032583_22491850.jpg


ちょっと前のことになりますが、1月8日は Surf & Turf のこんとん館定例ライブでした。

年末年始の疲れが出て体調が今ひとつでしたが、Surf & Turf の皆さんの快調な演奏に加わって、少しエネルギーをもらうことが出来ました。

この日は、丁度、1月8日でしたので、フィドルチューンの The Eighth of January を演奏させてもらいました。体調もあまり良くなかったので、フィドルも今ひとつですが....と体調のせいにしていますが、そもそもの腕の問題ですね。

まったくつたないフィドル演奏ですが、今日はその録音をお届けします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

The Eighth of January

◆Surf & Turf
- Guitar & Vocal: Mr. I.
- Banjo & Vocal: Mr. H.
- Mandolin: Mr. A.
- Base: Mr. O.
- Fiddle & Vocal: NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ところで、この Eighth of January - 「1月8日」という曲は、いったいどうしてこんな日にちの題名になっているんでしょう。

さっそく我らがバンマスの Mr. I. がいろいろと調べてくれました。

この1月8日というのは、米英戦争の末期の重要な戦いである Battle of New Orleans が終結した日なんですね。

c0032583_23551730.jpg


米英戦争は、1812年から1815年までイギリスと独立済みのアメリカ合衆国との間で戦われた戦争で、ナポレオン戦争にかかりっきりで余裕のないイギリスの状況を見て、アメリカ大陸におけるイギリス領を奪おうとしたアメリカ側から始められた戦争だそうです。

ちょっと動機が不純な戦争ですね。戦争というのは、みんなこんなものでしょうか。

Battle of New Orleans 自体は、優勢なイギリス軍をアンドリュー・ジャクソン率いる弱小のアメリカ軍が打ち破ったことで有名なのですが、実は、この前月の12月に条約が結ばれ既に戦争は終結していたのだそうです。

戦争が終わっているのを知らずに戦ったということになります。当時は情報がなかなか伝わらなかったんですね。

ついでに、アメリカ本土が攻撃を受けたのはこれを最後にしばらくなく、次は、ハワイの真珠湾攻撃になるのだそうです。

フィドルチューンの Eighth of January は、この戦争の勝利を祝う曲で Jackson's Victory とも呼ばれるそうです。その後、1月8日には、この勝利を祝う舞踏会が各地で開かれたそうですが、そこでもこの曲が弾かれたりしたんでしょうね。

ところで、この米英戦争は音楽的にはこれ以外にも実り(?)があったようで、アメリカの国歌となる The Star-Spangled Banner (星条旗よ永遠なれ)が作られたりしています。

ということで、少しアメリカの歴史の勉強になりました。
[PR]

  by kasninoyh | 2009-01-21 23:48 | ライブ活動

<< 3月7日(土)Orient C... ビル・モンローの名盤"... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE