登戸ブルーグラスフェスティバル:4月19日(その3)Acoustic Strings 倶楽部の演奏

c0032583_2222174.jpg


今日も4月19日の登戸ブルーグラスフェスティバルの続きですが、今回は、我らが Acoustic Strings 倶楽部の演奏を少しお届けしたいと思います。

我々は、ギター、マンドリン、ベースの3人というこじんまりとした編成で、あまり他の人がやらないフィドルチューンなどを演奏しています。

この日は、以前、フェスでやった曲を演奏したのですが、どういうわけか随分とあがってしまいました。

ということで出来は良くないのですが(いつものことか)、録音をアップします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

E.M.D.
言わずと知れたディビッド・グリスマンの名曲です。随分とあわててしまって、後半はやたらにテンポが速くなってしまいました。お聞き苦しくてすいません。

Dark Hollow
ギターの Mr. N. のボーカルをフィーチャーしたスタンダードナンバーです。これは、落ち着いたテンポで演奏できました。

フィドル・チューン・メドレー(Old Joe Clark & Big Mon)
フィドルチューンを2つ。と言っても、1つはトラッドの本当のフィドル・チューンで、もう一つはビル・モンローのインストです。

Kentucky Waltz
最後は、これまたビル・モンローの定番ワルツ。これは、キーはDで歌っているのですが、ゲストタイムで、ゲストの Andy が同じ曲を E で歌っていました。もちろん、とっても良かった。やっぱり、トラッドなブルーグラスは、ハイロンサムかつハイボリュームで歌うのが一番です。

Acoustic Strings 倶楽部
- Guitar & Vocal : Mr. N.
- Base Fiddle : Mr. O.
- Mandolin & Vocal : NINO


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ということで、我々の演奏はそこそこですが、ゲストの Bluegrass Exchange は良かったです。当たり前ですが、サミー・シーラーのバンジョーがとても快いリズムを刻んでいました。

とても楽しいフェスでした。引き続きこのフェスが続いていきますよう、かげながら応援していきたいと思います。

c0032583_2354411.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-04-27 22:00 | ライブ活動

<< Big Mountain Op... 登戸ブルーグラスフェスティバル... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE