レオナと次郎 ツインフィドル:ロッキートップ(5月29日)

c0032583_2251551.jpg

昨晩(5月29日)は、ロッキートップのライブを見てきました。

出演は、大江戸多摩バンドのフィドラー、茂泉次郎さんと20才の女性フィドラー、レオナさんツインフィドルの演奏ということで、我等がバンドの人達と一緒に見行きました。

ほとんど、ビル・モンローのレパートリーで、ツインフィドルがとってもよかったですね。

若い女性のフィドラーということで、めずらしくロッキートップもいっぱいでしたが、ミーハー的なところばかりでなく、フィドルの実力もさすがの期待通りの演奏でした。

ビル・モンローのインストや渋い曲は、なかなかやる人がいないのかと思いますが、きれいに音のそろったツインフィドルは、さすがに迫力がありました。

演奏した曲は、例えば、

Stoney Lonesome
Scotland
Panhandle Country
Lonesome Moonlight Waltz
Tallahassee
It's Mighty Dark to travel


等など、玄人受けする曲ばかり。

いいなぁ。僕らもやりたいけど、実力がともなわないからなぁ。こんな曲、演奏しても知ってる人少ないだろうしなぁ。

ところで、蛇足ながら、本日は、御茶ノ水へ行って、娘にエレキギターの安い入門キッドを買いました。やっぱり、若い世代は、ロックなんですかね。ブルーグラスには振り向いてもくれない...
[PR]

  by kasninoyh | 2005-05-30 22:41 | ライブ・フェスレポート

<< NashCamp (5):教授... ビル・モンローのインスト(ヒ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE