阿佐ヶ谷ペテロ教会のチャリティーコンサートに参加

c0032583_1110118.jpg


12月10日は、阿佐ヶ谷のペテロ教会で、年末恒例のチャリティーコンサートがあり、メンバーとしてお世話になっている The Country Church もいつもの通り参加させていただきました。

このチャリティーコンサートは、「浅草の聖ヨハネ教会日曜休職活動」への支援ということで、チケット売り上げは全て聖ヨハネ教会へその場で寄付されます。

c0032583_11102826.jpg


今年で3回目なのですが、昨年と同様に、阿佐ヶ谷の地元のプロミュージシャン達が集まって演奏します。

今回も、演奏するのは、ゴスペルの「おお なかなか」、超ベテランの本格的ジャズの「JJ望月ピアノトリオ+稲葉社子」、そして我らが The Coutry Church ということなのですが、とにかく、前の2つのグループは、プロですので、レベルが違います。

c0032583_1211182.jpg

(↑「おお なかなか」の皆さんの演奏の様子)

我々の強みは、教会をベースにしているので、信徒さんに知られている、というところぐらいでしょうか。特に、業界でも有名な 「JJ 望月トリオ」の後に演奏するのは、ちょっときついものがあります。

でも、聴衆の皆さんも一緒に手拍子をしてくれて、この応援でだいぶ助けられたステージでした。

一部録音をしましたので、後日またアップしたいと思います。

c0032583_10551430.jpg


★★★それにしても、今回のライブは個人的には随分と疲れました。我らがバンドでは、いつもフィドルをやっていて、ハーモニーにもたまに絡むぐらいのお助け的位置づけだったのですが、今回は、都合でマンドリン兼テナーが欠席だったため、マンドリンとテナーボーカルを全面的にやることになり、キックオフからハーモニー付けまで気を使わなければならず、やたらに神経を使ったステージでした。特に、フィドルに女性フィドラーに加わっていただき、お客さんの受けも最高だったのですが、この部分の音合わせは当日直前だけでしたので、なかなかきついものがありました。いつもやっている "Faded Love" も、日ごろマンドリンでは全く弾いていない曲だったので、急遽、アレンジをつけねばならずちょっと苦労しました。結局、メロディーだけを単純に弾いていったのですが、1つ1つの音がマイクに完全に拾われてしまいますので、これだけで随分と気疲れして、終わった後は、ぐったりという感じでした。でも、皆さんに聞いていただけたのは、幸せなことです。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-10 10:54 | ライブ活動

<< Harlem Gospel C... Banjo のキャンプ:Ban... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE