Surf & Turf の演奏応援とアイリッシュの夕べ:3月9日

c0032583_2392055.jpg


3月9日は、こんとん館で Surf & Turf というバンドのフィドルの応援で演奏させてもらいまいした。先月に引き続きのピンチヒッターです。いつもの通り、バンジョーはH先生、マンドリンは A さんで、とても乗りのいい演奏ができました。

この日は、アイリッシュの守安ご夫妻も演奏され、とても楽しい晩となりました。というより、こちらがメインですね。

メインがアイリッシュ音楽ということで、我々もケルティック風の曲を少しやってみました。St. Anne's Reel は、私の大好きな曲の1つで、練習もなしに、いきなり演奏しました。

c0032583_2317536.jpg


我々のステージの後に、守安ご夫妻も、St. Anne's Reel のアイリッシュ版をフルートとコンサーティナ(アコーディオン)で演奏してくれました。ブルーグラス風の演奏とは随分と趣のちがうものでしたが、メロディーは同じですね。

私は、St. Anne's Reel を、ブッチ・バルダッサリ(マンドリンの先生)から教わったのですが、彼は、この曲はカナダの曲だと言っていました。でももとはアイリッシュなのかもしれませんね。この曲には、いろいろな歌詞の付いたバージョンもあるようです。

c0032583_2318142.jpg


更に、この日は、お客様の中に歌舞伎の「つづみ」を演奏しておられるプロの演奏家の方が来ていて、守安ご夫妻と一緒に、机を叩いたり、バウロンを叩いたり、合いの手を入れたりと、飛び入りの素晴らしい演奏が聴けました。アイリッシュに歌舞伎というのも結構合うんですね。

c0032583_23271735.jpg

      (↑これは、Surf & Turf の先月の演奏の時の写真です。)
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-10 23:21 | ライブ活動

<< 3月9日の Surf & Tu... The Grascals との... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE