プライベートパーティー:3月24日 (その3)ライブ録音第1ステージ

c0032583_23164993.jpg

今日は、先日(3月24日)にやった私のプライベートパーティーでの録音の一部をアップいたします。

とりあえず、第1ステージの曲です。ここでは、ブルーグラスを知らない方々のために、一般的な曲を主体にやりました。

録音の質は、例のごとく良くなくすいません。私の送別会ということもあり、わがままにやれせてもらいました。ボーカルはそれなりですが、内輪のパーティーということもあり、拍手だけはしっかりしてくれました。やっぱりバンジョーが光っています。

★第1ステージ

(下線部分をクリックしてください。お手元のPCにMP3プレーヤーが入っていれば録音を聞くことができます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

バンジョー&バリトン: H氏
ギター&リード&テナー: K氏
ベース: M氏
マンドリン&フィドル&リード: NINO


Day Break In Dixie

お馴染みのマンドリン曲です。思ったより随分スピードが速くなってしまいました。どうしても早くなるのが私の悪い癖です。H氏のバンジョーが、マンドリンのメロディーにハーモニーをつけてくれるところなんかが憎いですね。

おじいさんの古時計

最初のソロがまたまた随分と早いテンポとなってしまいました。マンドリンだけで歌うというのは結構難しいものです。ベースソロが光っています!

Jambalaya

お馴染みのカントリーをK氏のリードボーカルでやってもらいました。録音のレベル調整がうまくいっていないため、音が歪んでしまっていてすいません。とてもパワフルなボーカルでした!

Randy Lynn Rag

これもお馴染みのバンジョー曲ですが、そのテンポと乗りが絶妙です。バンジョー自身も当然なのですが、一緒にソロを取らしてもらっても、その良さが乗り移るかのように、安定して弾くことが出来ます。どういうわけなんでしょうね。ブルーグラスも決して早く弾けば良いというものではない、ということです。(反省、反省)

Red Wing & Turkey In A Straw

ブルーグラスに馴染みのない方に、聞いたことがあるフィドルの曲をお届けする、ということで Red Wing と Turkey In A Straw を続けて演奏してみました。

Banks Of The Ohio

ブルーグラスとしては超有名で誰でもやる曲ですが、今日のお客さんにとっては、初めての曲だったと思います。人殺しをテーマにした歌がある、ということが以外だったようです。ベースがとても軽快な素敵なリズムを刻んでくれています。

Tennessee Waltz

ファーストステージの最後は、ゆっくりしたワルツで締めました。しかし、これはボーカルに力が入りすぎていて声がめくれ上がってしまっています。もう少し肩の力を抜いて歌うべきですね。細かいバンジョーのバックアップで、へたなボーカルが随分と助けられています。

ということで、これで第1ステージが終わりました。第2ステージについては、後日またアップしたいと思います。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-27 21:14 | ライブ活動

<< Flatt & Scruggs... プライベートパーティー:3月2... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE