ブルーグラス・ゴスペル(その4): I Am The Man, Thomas

c0032583_17115045.jpg

今月の原宿ブルーグラス・ジャムのテーマは、「ブルーグラス・ゴスペル」としています。

ここでは、このテーマについての予習として、セイクレッドソングの歌詞の内容を少し見て行きたいと思います。

私は、キリスト者でもなく、聖書のことも全く分っていないので、よく歌っているブルーグラスのセイクレッド・ソングでも、あまり内容が分らないまま歌っているものが結構あります。

いつも機会があれば調べてみたいな、と思っていたいくつかの曲について、分ったことを描いてみたいと思います。

まずは、"I Am The Man, Thomas" です。

この曲は、シンプルなモーダルの曲で、コードも I と V しか使いません。でも、結構、いい曲です。

(Chorus)
Oh, I am the Man, Thomas, I am the Man
Look at these nail scars(釘の傷跡) here in my hands

They drove me up the hill, Thomas, I am the Man
They made me carry the cross, Thomas, I am the Man
(Chorus)

They crowned my head with thorns(サンザシ), Thomas, I am the Man
They nailed me to the cross, Thomas, I am the Man
(Chorus)

They pierced me in the side, I am the Man
I died on the cross, Thomas, I am the Man
(Chorus)

They buried me in the tomb, Thomas, I am the Man
In three days I rose, Thomas, I am the Man
(Chorus)

この Thomas は、12使徒の1人のトーマスで、キリストが復活した時、その姿を見るまで信じられない、と言った人です。それ以来、疑い深い人の代表とされているそうです。

その疑い深いトーマスの前に、復活したキリストが現れ、実際に手のひらに打ち抜かれた釘の後を見せて、(Look at these nail scars here in my hands) 初めて納得したとのこと。

この歌はその情景を歌っています。

十字架を背負い、ゴルゴタの丘へ登り、そこで十字架に貼り付けにされ、3日後に復活したこと等が淡々と歌われます。

この曲には、いろいろなバージョンがあるようですが、最初の録音は、ラルフ・スタンレーのようです。むしろ、一般には、ボブ・ディランが歌って知られているようです。

私の手元にあるのは、The Grascals の昔の録音です。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-05-21 16:32 | ブルーグラスの曲・歌詞

<< アメリカ海軍のブルーグラスグル... Chad のブルーグラスデー:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE