鷲見さんのフィドル教室:6月19日

c0032583_105264.jpg

今日、6月19日は、こんとん館での「鷲見明保の Fiddle 教室」に行ってきました。

本場の米国テキサスフィドルのコンテストにも出たというフィドルの名手、鷲見さんが先生で、今日で2回目です。熱心な生徒さんが10名以上集まりました。

このフィドル教室は、私は今日始めての参加でしたが、特に、テキサスフィドルを弾くために必要なスケールの練習と、課題になっているシャッフルの練習をしたいと思っていました。

この日は、正に、これにぴったりの練習をしてくれました。それも、同時に2つのことを習得するような、とてもよく考えられた指導法になっていました。

まずは、チューニングの仕方。耳で聞いて4つの弦を合わせる練習です。一人一人、みんなの前でチューニングを披露していくのですが、これは結構難しいですよね。

音合わせの練習ばかりでなく、2弦を同時に弾く練習、それもソフトに長く音を切らさずに演奏する練習も一緒にやりました。これは、ダブルストップをソフトに弾く練習にもなります。

次は、基本的なスケール。それも、最初からちゃんと小指を使います。小指を使って、隣の5度高い開放弦と同じ音を出す練習はとても大切です。この音がしっかり小指で出せれば、かなりブルーグラスらしい演奏もできるようになると思います。

恐らく、フィドルは、「スケールに始まってスケールに終わる」のかもしれません。いつもスケール練習はやっているつもりなのですが、なかなかうまくなりません。特に、第2ポジション、第3ポジションへ飛ぶところが、とても難しい。まぁ、じっくりやっていくしかないですね。

ところで、このスケール練習では、左手のポジション練習ばかりでなく、右手の弓使いの練習も兼ねています。一拍の普通のボーイングから、半拍づつのボーイング、さらにジョージアン・シャッフルもやりました。これも、一人一人、みんなの前でやりました。

そして、練習の部の最後は、いきなり、ダブル・シャッフル(あるいは、オレンジブロッサム・シャッフル、ホーカム・シャッフル)をやりました。

これを早くきれいに弾くことが現在の課題でしたので、正にぴったしの練習でした。鷲見先生のシャッフルは、とても早くてきれいなのですが、結局、ゆっくりと正確に音を出していき、それを早くやる、ということに尽きるようです。

私は、ダブル・シャッフルには、なにかリズム上のコツがあるような気がしているのですが、なかなか体得できません。ふっとした拍子に、非常に調子よく、正確に早く弾ける時もあるのですが、これは長く続かず、次の瞬間には、その調子の良さは、雲散霧消していたりします。

後半は、自由演奏とジャムの時間でした。

まずは、各人が一人一人、現在の課題曲や得意な曲を1曲つづ演奏しました。

そして、残りの時間は、全員でジャムです。フィドルが10本以上でジャムをするとなかなかなボリュームです。皆さん、熱心に有名なフィドルチューンを続けざまに演奏しました。

生徒さんもみなさん熱心で、指導法も工夫されているし、かなりズバズバと指摘をしてもらえるので、なかなか中身の濃い教室です。

もし、アメリカ音楽のフィドルを目指す方がいらっしゃたら、是非、ご参加ください。毎月、第3月曜日の7時半くらいから、原宿のこんとん館でやっています。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-06-19 23:19 | フィドル演奏

<< ファミリーバンドの伝統: Ti... さわりでごまかすフィドルチュー... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE