マンドリン奏法(1):歌の伴奏に使えない?

c0032583_21264112.jpg 
 私はメインの楽器がマンドリンです。といっても腕はたいしたことないのですが、とにかく一番好きな楽器です。

 ただ、このマンドリンで残念なのが、歌の伴奏にあまりうまく使えない、ということです。今、ウクレレが大人気ですが、これはウクレレが、比較的安くて、小さくて、演奏もコードも簡単で、その上、歌の伴奏に使えるからではないかと思います。もちろん、ハワイアン音楽の人気が上がっていることが一番なのでしょうが。

 マンドリンもアメリカで開発され発展したフラットマンドリンは、小型ですし、ボリュームもあるのですが、奏法がメロディーを弾くか、バックアップとしてコードを押さえながらカットを取るか、が中心になっています。歌の伴奏としては、どうもうまくありません。

 マンドリンを使って、歌の伴奏ができるような奏法を開発したいな、というのが私の夢です。もう既にやっておられる方もおられるかもしれません。もし、いらっしゃったら、教えてください。

 マンドリンにも、開放弦を使い2本指や3本指で押さえるコードがありますので、これでギターのように弾けば良いのではないか、と思っているのですが、ギターのように低音の延びがないので、音の持続性がありません。少し工夫がいるのかな、と思います。2本指コードとカポタストを使う奏法も考えられるかと思っています。

 マンドリンが歌の伴奏楽器として使えれば、もっと弾く人も増えますよね、きっと!マンドリンメーカーの人も喜ぶよ、きっと!そうすると、我々、マンドリンを弾く人も、良い楽器が安く手に入りやすくなっていいよ、きっと!うん、皆うれしくなりそう。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-01-22 15:02 | マンドリン演奏

<< NY唯一の日本人ブルーグラ... 東京のアマチュアブルーグラスの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE