カテゴリ:マンドリン演奏( 2 )

 

マンドリン奏法:マンドリンのアドリブのコツ (1)

c0032583_22113657.jpg

マンドリンを弾いていると、バンドやジャムで、CDからコピーした決まったフレーズ以外に、自分のフレーズで自由に弾いてみたい、と思うようになります。でも、これは、なかなか難しいことです。

それでも、開放弦を使える第1ポジションのところでのブレークは、結構できると思うのですが、少し、高い音のところで演奏してみたい、と思っても、曲のキーごとに音のポジションを覚えていくことは、とても大変なことです。

マンドリンの場合は、ギターのように、カポタストで簡単に転調できる、というわけにもいきません。(マンドリンでもカポを使うやりかたは、十分考慮に値すると思うので、又、別の機会にお話したいと思います。)

でも、少しばかり、マンドリンの調弦の特徴を利用すると、結構、ミドルポジションでのインプロビゼーションがやりやすくなります。

以下に書くコツは、単純で、ごく小さいことなので、教則本にも出ていないのですが、自分のスタイルを作るのに役立つような気がします。

まずは、Cの曲から考えてみましょう。

***1***2***3***4***5***6***7***8***9**10**
1E|===|===|=5=|===|=6=|===|=7=|=8=|===|===|
2A|===|===|=1=|===|=2=|===|=3=|=4=|===|===|
3D|===|===|===|===|=x=|===|=x=|===|=(x)|===|
4G|===|===|===|===|===|===|===|===|===|===|

上の図は、マンドリンのフレットの略図です。上記の1から8は、Cの音階(ハ長調のドからオクターブ上のド)を示しています。開放弦は使いません。

この運指の位置関係を覚えてください。

ご承知の通り、長調の音階は、根音から始まって、全音+全音+半音、更に全音+全音+半音、と上がっていきますので、覚えやすいポジションです。

このように、2弦の3フレットに人差し指を置いて、上記のスケールを弾けば、C調のオクターブの音をカバーしますので、自分のイメージに従って、インプロビゼーションをやりやすくなります。

3フレットのところに人差し指を置くポジションを、仮に「3フレットポジション」と呼ぶとすると、Cの曲のブレークを取るときは、3フレットポジションに指を動かすことで、インプロビゼーションがやりやすくなります。このポジションで、ペンタトニックの音階を弾くだけでも、適当なブレークになったりします。

更に、3弦の5フレットと7フレットの「X」印のところも覚えると、結構、これだけでかなりのブレークができるようになります。

開放弦を使わないC音階の形を覚えると、他のキーの曲でも、そのままその音階の形を使うことができますので、転調が簡単にできて便利です。

例えば、Dの曲を弾くときには、Cの3度上の5フレットポジションに指を持っていって、Cの時にやった運指をすれば、Dのアドリブができます。同じく、Eは、7フレットポジションです。ただし、この場合は、音が随分と高くなってしまいますが。

こう考えると、一般に難しいとされるBの曲のブレークも割と簡単にできることになります。つまり、2フレットポジションから同じ事をすれば良いわけです。同様に、B♭は、1フレットポジションからです。

先ほど、このやり方では、Eの音階7フレットポジションから始まるので、高すぎる音になってしまう、と申し上げましたが、下の図のように、3弦の2フレットから始めれば、低めの音階となります。

***1***2***3***4***5***6***7***8***9**10**
1E|===|=1=|===|=2=|=3=|===|=4=|===|===|===|
2A|===|=5=|===|=6=|===|=7=|=8=|===|===|===|
3D|===|=1=|===|=2=|===|=3=|=4=|===|===|===|
4G|===|===|===|=X=|===|=X=|===|=(X)|===|===|

この低めのEの音階のポジションは、よく見ると、Bの音階のポジションをそのまま1つ隣の弦へ移しただけですので、これまた覚えやすい形となっています。つまり、演奏している者にとっては、BとEは非常に近い関係にあります。

この運指の形を覚えれば、フレットのどこを押さえようと、最初の指の位置を根音とする音階を簡単に弾くことができます。

こうやって、文章で説明すると長ったらしくなりますが、ものすごく単純なことなんですよね。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-05-17 22:08 | マンドリン演奏

マンドリン奏法(1):歌の伴奏に使えない?

c0032583_21264112.jpg 
 私はメインの楽器がマンドリンです。といっても腕はたいしたことないのですが、とにかく一番好きな楽器です。

 ただ、このマンドリンで残念なのが、歌の伴奏にあまりうまく使えない、ということです。今、ウクレレが大人気ですが、これはウクレレが、比較的安くて、小さくて、演奏もコードも簡単で、その上、歌の伴奏に使えるからではないかと思います。もちろん、ハワイアン音楽の人気が上がっていることが一番なのでしょうが。

 マンドリンもアメリカで開発され発展したフラットマンドリンは、小型ですし、ボリュームもあるのですが、奏法がメロディーを弾くか、バックアップとしてコードを押さえながらカットを取るか、が中心になっています。歌の伴奏としては、どうもうまくありません。

 マンドリンを使って、歌の伴奏ができるような奏法を開発したいな、というのが私の夢です。もう既にやっておられる方もおられるかもしれません。もし、いらっしゃったら、教えてください。

 マンドリンにも、開放弦を使い2本指や3本指で押さえるコードがありますので、これでギターのように弾けば良いのではないか、と思っているのですが、ギターのように低音の延びがないので、音の持続性がありません。少し工夫がいるのかな、と思います。2本指コードとカポタストを使う奏法も考えられるかと思っています。

 マンドリンが歌の伴奏楽器として使えれば、もっと弾く人も増えますよね、きっと!マンドリンメーカーの人も喜ぶよ、きっと!そうすると、我々、マンドリンを弾く人も、良い楽器が安く手に入りやすくなっていいよ、きっと!うん、皆うれしくなりそう。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-01-22 15:02 | マンドリン演奏

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE