カテゴリ:ライブ・フェスレポート( 68 )

 

阿佐ヶ谷Jazz Streets(10月24日)

c0032583_23494740.jpg


10月24日は、阿佐ヶ谷 Jazz Streets に行ってきました。

23日と24日は、阿佐ヶ谷の町中がジャズで埋まります。毎年恒例の行事で、今年は15回目だそうです。

c0032583_23565775.jpg


まずはアカペラのコーラスグループ The Imagination の野外ライブを聴いてみました。とても複雑なアカペラをやっていました。すごいなぁ。このコーラスに比べるとブルーグラスのコーラスはすごく簡単です。

c0032583_2357161.jpg


阿佐ヶ谷の商店街のあちこちで小ライブをやっていました。ちっちゃな子が音楽に合わせて踊っていました。

c0032583_23583459.jpg


この日のお目当ては、聖ペテロ教会で演奏される East Meets West のセッション。

East Meets West は、高橋知己(サックス)と渡辺文雄(ドラムス)を中心とするセッションバンドで、さすがに良い乗りでした。

最初は少しリズムが会わないようなところもあったのですが、後半はバリバリでした。私は、ジャズは全く素人ですが、こういうのはいいですね。やっぱり。

c0032583_024333.jpg


本当に街のあちこちでライブをやっています。途中からあいにくの雨になってしまったのですが、お客さんは熱心に聴いていました。

c0032583_034153.jpg


ジャズに加え、阿佐ヶ谷の商店街にはいろいろなお店があって、ぶらぶら見ているだけでも楽しい感じでした。
[PR]

  by kasninoyh | 2009-10-25 23:47 | ライブ・フェスレポート

8月4日の Surf & Turf ライブ:ゲストは尾崎ブラザーズ!

c0032583_21374355.jpg


8月4日は、Surf & Turf こんとん館定例ライブでした。

この日の特別ゲストは、あの尾崎ブラザーズでした。

もう70台になられるというのに、エネルギー一杯です。

この6月には、アメリカはケンタッキー州の Owensboro で開かれたROMP ’90(The River Of Music Party) というブルーグラスのパイオニア達が集まったコンサートにも招待されて出演されています。

c0032583_2138294.jpg

↑ROMPのパンフです。

この ROMP というコンサートがまた凄いのです。

出演者は、Mike Snider, Marty Stuart, Del McCoury Band, J.D. Crowe & The New South, Bobby Osborne & Rocky Top X-Press, Steep Canyon Rangers, Josh Willams Band, Bill Evans, Valerie Smith & Liverty Pike, The Special Concensus, Doyle Lawson & Quicksilver, The Dan Tyminski Band といった面々。

この中に我らが Ozaki Brothers が入っているんですから、もう、日本を代表する国際的なブルーグラス・グループなのです。

とにかく、1950年代の日本においてブルーグラスをやっていたのがすごい、ということなのですが、でもその演奏も凄いのです。向こうで演奏された時も、ヨーデルでやんやの喝采を受けたそうです。

c0032583_21381696.jpg

↑ROMPのパンフにも、尾崎ブラザーズが写真入りで紹介されています!

また、MCもなかなか巧妙なおとぼけが入ったりして、みんなをそれとなく笑いにさそいます。この辺のテクニックは年季が入っていて大変なものです。

この日の演奏は、いつもお馴染みの Are You Washed In The Blood? でスタートしました。

次の曲は、なかなか珍しい曲で Hilbilly Feaver をやっていただきました。

次は、お客さんも一緒にWhat a Friend We Have In Jesusを歌いました。

その他、Eight More Miles、Over The Mountain、Y'all Come、Till We Meet Again 等を演奏しました。

そして最後は、これまたヨーデルの Columbus で締めくくり、ということでした。

尾崎ブラザーズのライブを聞いているといつも思うのですが、本当に年齢を感じさせない楽しい演奏なので、こちらが大変エネルギーをいただきます。

年齢は関係なく、楽しみながら音楽はできるんだ、ということを身をもって証明している大先輩がここにいるわけです。

ということで、とても元気が出てきた一夜でした。
[PR]

  by kasninoyh | 2009-08-08 21:16 | ライブ・フェスレポート

イリアン・パイプの演奏:こんとん館6月11日

c0032583_2220714.jpg




今日は、6月11日、こんとん館で行われた、アイリッシュ・イリアン・パイプの名手、マイキー・スミスさんの小ライブの模様をお伝えします。

イリアン・パイプというのは、アイルランド伝統のバグパイプの一種です。私は始めて見ました。

c0032583_22263344.jpg


スコットランドのバグ・パイプは通奏音が一定ですが、このイリアン・パイプは通奏音を出す複数のパイプに小さなペダルが付いていて、それをひじで押さえてその音程を変えながら演奏します。

ですから、まるでパイプオルガンのように聞こえます。ポータブル・パイプオルガンとも呼ばれることもあるそうです。

演奏には相当のテクニックがいるように見えました。

c0032583_22283917.jpg


競演しているのは、守安さんご夫妻です。このご夫妻も、アイルランドで非常に有名な演奏家だそうです。いつものようにユーモアたっぷりの解説で、マイキーさんの通訳をしてくれました。

c0032583_22285250.jpg


この日は、いつもの Surf & Turf のライブの日だったのですが、リーダーの Mr. I. がマイキーさんを連れてこられて、ライブをとなった次第。

なかなか日本では聞くことができない、貴重な音楽を聞かせていただきました。

c0032583_22293072.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-06-14 23:19 | ライブ・フェスレポート

朝霧ブルーグラスフェスが戻ってきました!:5月30~31日(その3)

c0032583_21535797.jpg


またまた朝霧ブルーグラス・ピッキング・パーティの様子です。

フェスの楽しみは、いろいろなバンドのパフォーマンスを見ること、バーベキューやビールで野外の食事を楽しむこと、そして真夜中まで続くジャムです。

c0032583_2156838.jpg


私としては、腕はそれ程でもないけれど、この夜中のジャムをとても楽しみにしています。

アメリカに居るときも、しょっちゅうジャムをやっていました。たまに集中してジャムをしないと感覚が戻ってこないような気もします。(まずは自分で練習することが大事なんでしょうが...)

c0032583_21583488.jpg


この夜も、遅くまでピッキングを楽しませてもらいました。お付き合いいただいた方々、ありがとうございました。

さてさて、夜も明けて日曜日(31日)の朝です。

c0032583_2203385.jpg


朝食の準備です。

c0032583_2214691.jpg


c0032583_222634.jpg


さて、31日のステージの方は、午前中で終了です。

c0032583_2222347.jpg

↑ゲストのとの様キングスがもう一回ステージをやってくれました。ブズーキを使っているのが印象的でした。

c0032583_2262066.jpg

↑地元青年団の方々。朝から力が入っています。お馴染みになった「富士山」もありました。

c0032583_2264364.jpg

c0032583_2265982.jpg


朝のお風呂もとても気持ちが良かったです。
夜のジャムも堪能させていただきました。
夜の食事も楽しく過ごさせていただきました。(Cloud Cuckoo Band の皆さん、ありがとうございました。)
...ということで、また来年を楽しみにしたいと思います。

c0032583_2254789.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-06-03 21:50 | ライブ・フェスレポート

朝霧ブルーグラスフェスが戻ってきました!:5月30~31日(その2)

c0032583_21175746.jpg


今日は、朝霧ブルーグラスピッキングパーティー5月30日の演奏の模様をお伝えしましょう。

演奏会場は、YMCAの施設の1つの広いホールです。

相模湾を望む絶景が見える大きな窓があって、その前がステージです。

c0032583_21182129.jpg


PAはいつもの Mr. K. が取り仕切ってくれていました。

c0032583_21185781.jpg


日が暮れてきて、いよいよ本番の開始です。

c0032583_2120066.jpg


c0032583_21252689.jpg

↑こちらは、ゲストバンドの1つ、ASH GROVE です。

c0032583_21264142.jpg

↑こちらは、越田家のみなさん。

c0032583_2127521.jpg

↑こちらは、もう1つのゲストバンド、とも様キングスです。もう、エンターテイメントの塊のようなステージでした。これは関西バンドでないとできないパフォーマンスですね。

今回の出演バンドは以下の通りです。26くらいのバンドが参加しています。

◆MAY 30 SAT. .
P.M.
05:00 OPENING JAM
:30 CHAPTER-11
:45 トシロー&フレンズ
06:00 足久保リバーバンド
:15 HUNGRY WALLET
:30 小杉春海
:45 CLOUD CUCKOO BAND
07:00 結城耕平
:15 千茂登BLUES BAND
:30 OH JIN BAND
:45 さいたBAND
08:00 GOLDEN SWAMP
:15 陬波靖之
:30 YELLOW BLUE BOYS
:45 テケレッツ
09:00 GUEST TIME:ASH GROVE
:45 越田家
10:00  GUEST TIME: とも様キングス
 :45 NEW CLINIC BAND
11:00 タヒチ・クラブ
  :15 大江戸多摩BAND
 :30 DEAD MAN WALKING
  :45 RURAL RHYTHM SECTION

◆MAY 30 SAT. MAY 31 SUN.
A.M.
10:00 小杉春海
:15 地元青年団
:30 メイベル・じんたん
:45 朝霧ボンバーズ
11:00 さいたBAND
:15 OH JIN BAND
:30 サボテン・ブラザース
:45 GOLDEN SWAMP
12:00 とも様キングス

c0032583_11452955.jpg


(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-06-02 21:17 | ライブ・フェスレポート

朝霧ブルーグラスフェスが戻ってきました!:5月30~31日(その1)

c0032583_20532043.jpg


ことしは嬉しいことに、あの朝霧ブルーグラス・ピッキング・パーティーが5月30日、31日に復活しました!

私ごとですが、朝霧フェスは、アメリカから帰国して初めて行った日本のフェスでしたので、非常に印象に残っています。富士山のふもとで、とても場所も良いし。

残念なことに、昨年は、場所の問題とかいろいろあったそうで開催されなかったのですが、今年は、場所も新しくなって戻ってきてくれました。

c0032583_2102644.jpg


新しい場所は、富士山YMCAグローバル・エコ・ビレッジというところで、とても良い場所です。

c0032583_2112189.jpg


以前は牧場だったんだと思いますが、そこにコテージや宿舎があっります。結構大きなホール=教会が付いていて、雨が降っても大丈夫です。その上、とてもきれいなお風呂も付いています。これは極楽のようなフェス会場ですね。

c0032583_2154539.jpg

c0032583_216698.jpg

c0032583_216242.jpg


今回はあまり天気が良くなかったので、結局、演奏はホールで行われたのですが、天気がよければ、この牧場の斜面に舞台を作って会場にすることができます。

これは、アメリカのフェスと同じ雰囲気です。Grey Fox なんかは、本当に似ています。

c0032583_21123914.jpg


↑この丘を登っていくところがとても気持ちが良かったです。富士山が見えなかったのが残念!

c0032583_21142999.jpg


今日は、会場の様子ばかりとなってしまいましたが、なかなか良い場所で感激しておりました。

皆さん、来年も朝霧に集いましょう!!

c0032583_21145234.jpg


(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-06-01 20:51 | ライブ・フェスレポート

登戸ブルーグラスフェスティバル:4月19日(その2)

c0032583_22581667.jpg


今日も4月19日の登戸ブルーグラスフェスティバルの模様をお届けします。

いよいよ5時ぐらいになって、ゲストタイムがスタートしました。

c0032583_230354.jpg


c0032583_2302693.jpg

↑マロさんの渋いボーカルです。

c0032583_230549.jpg

↑とっても若いレイチェルちゃん。歌も聞かせてくれました。

c0032583_237177.jpg

↑ベースを弾いているアンディーが、とてもすばらしいテナーの持ち主で、パワフルなボーカルを聞かせてくれました。これぞトラッドブルーグラスといった感じでした。

c0032583_2351570.jpg


c0032583_2314627.jpg


c0032583_2325921.jpg

↑このサミーのバンジョーのテンポというか、リズムというか、これがブルーグラスのベースなんですね。やっぱり、違うなぁ。このパワフルなバンジョーは...それにしても、この背の高さの違いは大変なものです。

c0032583_233423.jpg

↑夜も更けてきて、バンドの人達との交流ジャムもありました。

c0032583_2342210.jpg

↑日本の若手プレーヤーも一緒にジャムをしました。若手に期待!

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

私も、レイチェルちゃんと一緒にフィドルを少し弾かせもらったりしました。

本場のブルーグラスに触れて、大満足の1日でした。

このフェスを企画したスタッフの皆さん、本当にご苦労様でした。また、よろしくお願いします。

(今回は、私たち(Acoustic Strings 倶楽部)も少し演奏させてもらいました。次回はその時の録音をお届けします。)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-04-26 22:56 | ライブ・フェスレポート

登戸ブルーグラスフェスティバル:4月19日(その1)

c0032583_2231373.jpg


今日は、4月19日に登戸のジュビリーガーデンというアイリッシュ・パブで行われた登戸ブルーグラスフェスティバルの模様をお伝えします。

今回の登戸フェスは、ゲストに Sammy Shelor マロ川端さんのバンド The Bluegrass Exchange を向かえ、盛大に行われました。

ちなみに、The Bluegrass Exchange のメンバーは以下の通りです。

★The Bluegrass Exchange
      Maro Kawabata (Guitar, Vocals)
      Sammy Shelor (Banjo, Vocals)
      Andy Ball (Bass, Vocals)
      Shin Akimoto (Mandolin)
      Rachel Johnson (Fiddle, Vocals)


マンドリンには、秋元さん、ベースとマンドリンの Andy、フィドルには紅一点の Rachel さんでした。

c0032583_22391887.jpg


ゲストが出演する前は、午後1時から以下のような15のバンドの演奏がありました。どれも、みんな力の入った素敵な演奏でムードを盛り上げました。

<バンドスケジュール>
1.ハニーナイツ              
2.アコースティックストリング倶楽部 
3.ロンサムキャノンボール       
4.ブルーグラス・ア・ミリオン      
5.ビタミンズ                
6.辻堂ミッドナイトランブラーズ     
7.小田原ブルーグラス研究会      
休憩                       
8.習志野バンド               
9.J-プロジェクトバンド       
10.キープオンザグラス       
11.グレートピースピッカーズ    
12.キララ             
13.高橋義郎&ニューロードマップ  
14.大江戸多摩バンド          
15.ニュークリニックバンド       
休憩                 
■ゲストタイム            
休憩(サイン会他)          
■交流会                
オープンステージ


c0032583_22461467.jpg


c0032583_22464057.jpg


c0032583_22465629.jpg


c0032583_22472722.jpg


c0032583_224889.jpg


c0032583_22483672.jpg


(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-04-25 22:15 | ライブ・フェスレポート

相模湖のピッキングパーティ:11月15日(その1)

c0032583_23471871.jpg


少し前後するのですが、今日は、11月15日に行われた相模湖ピッキングパーティーの様子をお伝えします。

c0032583_235206.jpg


このパーティーは、Mr. Y. を中心とする個人的なつながりで集まっているプライベートなパーティーです。場所が、相模湖畔のつり橋の下というなかなかの景色のところなのです。

例年は、9月とか10月にやっているようなのですが、今年は11月に入ってから、ということで、野外でやるにはちょっと寒いのでは、と心配したのですが、当日はまあまあの天候でした。

c0032583_2353985.jpg


c0032583_23532425.jpg


バーベキューもありました。立派なマスの姿焼きもありました。

c0032583_23541058.jpg


↑ こちらは、Lonesome Cannonball の皆さん。あんまりやらない、渋いビル・モンローの曲をたくさんやってくれました。ビルモンはいいですね。それも女性ボーカルです!

c0032583_23555562.jpg


↑ なかなか見ごたえのあるつり橋の下がピッキング会場です。

c0032583_033799.jpg


↑ こちらは、慶応OBのバンド。ブルーグラスのクラシックのレパートリーをたくさん聞かせてくれました。

c0032583_0342915.jpg

c0032583_0344643.jpg


↑ どういうわけか、我々の音楽に誘われてか、トンビがとても近くまで飛んできました。ちょっと驚き。

c0032583_0361264.jpg


↑ この兄弟?の後姿が、とってもかわいかったのです。

c0032583_036352.jpg


↑ おなじみBGMの皆さん。

いつもの通り、オールドタイミー系というかフォーク系というか、なかなか渋い他のバンドでは聞けない選曲がユニークです。

c0032583_03910100.jpg


↑ ここで、何とストリートバンドの登場です。全くブルーグラスではありませんが、パワフルなロック?を聞かせてくれました。彼らのテクは相当なものですね。ベースなんかは、とっても参考になります。

c0032583_0421612.jpg

c0032583_0441098.jpg


↑ 子供達が、ストリートバンドのパパの演奏にはしゃいでいました!

c0032583_04445100.jpg


↑ こちらは、なんとスチームドラムの演奏。さすがプロです。素晴らしい演奏でした。

というわけで、私の方は、所要があって、先に帰らせてもらいましたが、ストリートバンドの演奏があったり、スチームドラムがあったりと、とてもバライエティーに富んだパーティーでした。

お天気も良く、楽しいひと時でした。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-11-18 23:45 | ライブ・フェスレポート

Big Mountain Opry(BMO)の模様:11月16日

c0032583_23284090.jpg


今日は、先日に引き続き、11月16日に伊勢原で行われました Big Mountain Oprey (BMO) の第26回コンサートの模様をお伝えします。

BMO も、今回で26回目ということで13年も続いていることになります。本当に、息の長いコンサートです。

このオーガナイズの力には、毎回感服させられます。参加している皆さんが、マイクセッテイングやPAやタイムキーパーなど、いろいろな役割を分担してやっています。このような周辺業務への皆さんの積極的な参加が継続の秘密なのかもしれません。

c0032583_2329281.jpg


↑今回の最初を飾ったのは、あっぺんでぃっくすの皆さん。

本当に音楽を楽しんでいるなぁ、というメンバー3人によるアンサンブルです。ほのぼのとさせる演奏でした。

c0032583_23292557.jpg


↑こちらは、フラワークリークの皆さん。

大ベテラン揃いのバンドです。そして継続のバンドでもあります。正当トラッドのブルーグラスを聞かせていただきました。

c0032583_23295596.jpg

c0032583_23301781.jpg


↑3番目に登場したのは、オールド・マウンテン・ボーイズの皆さん。

「ボーイズ」と言いながら、実はフィドルに「ガール」が入っています。アメーシング・グレースの熱唱に、会場は大拍手でした。また、「鶴の一声」を期待しています。もちろん、ボーイズの熱い演奏も、オリジナル曲も良かったです。

c0032583_23304462.jpg


↑いつも素晴らしいジャズを聞かせてくれているほっとKクラブの面々です。

バロック風のフライミーツーザムーンは、力が入った熱演でした。

c0032583_23305912.jpg


↑こちらは、Lilylenlen とボーイフレンズの初舞台。

とてもさわやかな二人のデュエットを聞かせてくれました。今後の活躍が期待されます。

c0032583_23312467.jpg


↑毎回、とてもスムースな司会をしてくれている成川さん岩井さんです。いつもありがとうございます。

今回は、私用があって途中で失礼しなければならなかったので、これしか見ることができませんでした。コンサートの方は、この後も、まだまだ8つのバンドが演奏しています。

丹沢ブルーグラスサークルの皆さん、ご苦労様でした。
更に更にこのコンサートが続いていきますよう、期待しています!!
[PR]

  by kasninoyh | 2008-11-18 23:41 | ライブ・フェスレポート

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE