カテゴリ:ビル・モンロー探求( 18 )

 

交通事故で瀕死となったビル・モンロー

c0032583_22482186.jpg



今日のビル・モンロー探求は、ビルが大変な交通事故に会って、瀕死の状態になったというお話です。

時は、1953年1月16日でした。

ビル・モンローと愛人のベッシーは、フォックスハンティングを楽しんだ後、車でナッシュビルへ向かっていました。

その時、対向車が車線をはみ出してきて、あっという間の衝突でした。

ビルの車はめちゃくちゃになり、ビル自身も骨盤骨折、脊柱骨折、足の骨折、鼻の骨折そしてなんと片目が飛び出していた(?)、ということです。

こんな大変な大怪我をしたのに、同乗していたベッシーを壊れた車から助け出したというのです。

ビルの体力的な強さは相当なものだったんでしょう。

でもさすがにそのまま気を失い、Nashville Memorila Hospital へ担ぎ込まれました。

その明朝は、ビルと Bluegrass Boys は、朝の5時からラジオショーが予定されていました。この事故のことが伝えられると、バンドはビルなしで演奏を終わらせ、Jimmie Martin は、病院に飛んだ行ってビルの意識があることを確認したそうです。

c0032583_2365653.jpg


その後、ビルは、怪我を治して退院したのですが、結局、5月まではツアーに出られなかったそうです。

このころ、ビルの人気も下り坂で厳しい状況にあり、ツアーができないことで収入が途絶え、更に厳しい状況になったようです。

そんなビルを助けるために、2月には、カントリーシンガー達によるベネフィット・コンサートが開かれたりしています。

この時期は、丁度、Flatt And Scruggs がじわじわと人気を上げてきて、ブルーグラスという音楽が広く認知されてきたタイミングでもありました。

こういう時期にブランクがあいてしまったのは、ビルにとっても痛手だったようです。

でも、この大怪我に対してたくさんの人が支援をしてくれたことに感謝して、ビルの気難しさも少しつづ和らいでいき、他人に対してオープンになっていった、ということです。

どんな大変なことでも、何かいいことをもたらすんですね。
[PR]

  by kasninoyh | 2010-02-28 23:45 | ビル・モンロー探求

エレキとドラムをバックにしたビル・モンローの録音?

c0032583_0122068.jpg


今日は、久しぶりにビル・モンロー探求です。

ビル・モンローについても、できれば、毎月何か書きたいと思っています。

ところで、今日の話題は、ビル・モンローがエレキギターとドラムをバックに歌った録音がある、というお話です。

あのビル・モンローがカントリーバンドのようなバックで歌っていると聞いたら、ちょっと驚きですが、実際に、1951年の3月と4月にナッシュビルのスタジオミュージシャンをバックに、Jimmie Rogers の曲を録音しており、その中には、エレキギターやドラム、ピアノ等が使われています。フィドルも、ブルーグラスフィドルではなく、カントリー調のフィドルになっています。

c0032583_072964.jpg


この時録音されたのは、以下の曲です。この中で、エレキやドラムが入っている曲は、*印が付いているものです。

Brakeman's Blues
Travelin' Blues
When The Cactus Is In Bloom
Sailor's Plea *
My Carolina Sunshine Girl *
Ben Dewberry's Final Run *
Peachpickin' Time In Georgia *
Those Gambler's Blues *
Highway Of Sorrow *

このような録音を行ったのは、ちょうどこの頃、Jimmie Rogers の歌が再度ヒットするような状況があり、ちょっとヒット曲のなかったビル・モンローもこの流れに乗せようとしたレコード会社の思惑があったようです。

しかし、この録音は成功とは言えず、レコード会社の Decca から発売されたのは、やはりブルーグラス的な演奏である Brakeman's BluesTravelin' Blues だけで、他の録音はボツとなったとか。(その他の録音は、結局、数年後に発売されたり、米国では発売されなかったりしたそうです。)

これらの録音は、Bear Family Records の CD-Box セットに入っていますので、聞くことができますが、やはりエレキやドラムスのバックでカントリー的なリズムで歌うビル・モンローというのは、やっぱり間伸びした感じでちょっと違うなぁという感じです。

例えば、Peachpickin' Time In Georgia は、マンドリンでスタートするのですが、リズムがカントリーのまったりしたリズムでイメージが違います。

中でも、特に、Ben Dewberry's Final Run は、エレキギターのリードで始まり、フィドルのブレイクもカントリー風になっていて、たぶん、ビル・モンローの演奏の中でも、最も、カントリーっぽいものなのかもしれません。(ちなみにこの曲は、米国ではリリースされず、日本とオランダではリリースされているそうです。)

こうして聞いてみると、ブルーグラスのリズムが非常に独特のものであることが良くわかります。ビルも、この録音をやっている時は、きっと気持ち悪かったんでしょうね。

尚、Highway Of Sorrow は、Jimmie Rogers の曲ではなく、Pete Pyle という人の曲です。(Pete Pyle は、True Life Blues の作曲者でもあります。)この曲は、ブルーグラススタイルでも録音されています。
[PR]

  by kasninoyh | 2010-01-16 22:35 | ビル・モンロー探求

ハンク・ウイリアムスとビル・モンローの共作か?:I'm Blue, I'm Lonesome

c0032583_072691.jpg


今日は久しぶりにビル・モンロー探索です。

私の大好きなビル・モンローの曲に、I'm Blue, I'm Lonesome があります。

Alison Krauss Dan Timinsky のデュエットの録音がとても印象に残っているのですが、デュエットにとても会う曲です。(もちろんハモが合えば、の話ですが。)

ところで、この曲は、あの Hank Williams Bill Monroe の共作という説があります。

Bill Monroe と Hank Williams に接点があったなんてちょっと驚きですが、1949年には3週間ほどテキサスを一緒にツアーしています。

この間に、Bill がメロディーを作り、それに Hank が歌詞を付けた、ということのようなのですが、これには別の説もあります。

c0032583_0184435.jpg


Hank は、以前から Bill の High Lonesome Sound に惹かれるところがあったようで、Bill のボーカル・スタイルに合うようにメロディーも歌詞も両方作って Bill に聞かせた、というのです。

こちらの説は、Jimmy Martin が証人になっているようです。

何が本当かよくわかりませんが、この当時は誰が曲を作ったのか、ということについては、結構あいまいなところもあったのでしょう。

それに、Bill には、人が作った曲も自分が作ったと主張するようなところがあったようです。

でも、これは悪意があってのことではなく、この曲の場合も、Bill の High Lonesome Sound のスタイルが曲の創作を誘っているところもあるので、そういえないこともないのかもしれません。

ということで、Bill と Hank の広い意味での共同作品である I'm Blue, I'm Lonesome の歌詞は以下の通りです。

The lonesome sigh of a train going by
Makes me want to stop and cry
I recall the day it took you away
I'm blue I'm lonesome too

(Chorus)
When I hear that whistle blow
I want to pack my suitcase and go
The lonesome sound of a train going by
Makes me want to stop and cry

In the still of the night in the pale moonlight
The wind, it moans and cry
These lonesome blues I just can't lose
I'm blue I'm lonesome too




ついでに、大分前のものですが、以前ライブでやった時のこの曲の録音をアップしておきます。(2008年5月18日のBMOの時のものです。)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。(PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

I'm Blue, I'm Lonesome by Acoustic Strings Club
ちょっとこの曲としてはスピードが早すぎたのかと思われます。もう少しゆったり歌ってもよかったなぁ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]

  by kasninoyh | 2009-10-13 23:02 | ビル・モンロー探求

ビル・モンローの名盤"Master Of Bluegrass"を見つけた!(その3)

c0032583_23323645.jpg


今日は、ビル・モンローのインストの名盤 "Master of Bluegrass" に収められている曲にまつわるお話です。

◆まずは、Lady of the Blue Ridege です。

ビル達がバージニアを旅していた時、 Our Lady of the Blue Ridge というカソリック教会の前を通ったのだそうです。

この時、ビルが「Lady of teh Blue Ridge はフィドルチューンにぴったりの名前だね」とケニー・ベーカーに話しかけ、それがそのままこの曲になったとのだそうです。

Old Ebeneezer Scrooge は、クリスマスキャロルに出てくるあのスクルージのことです。

あるクリスマスの時期に、ビルはジュリア・レベラと一緒にチャールズ・ディッケンスのこの名作の映画(1951年)を見ていたのだそうですが、ビルは、子供の時に捨てられ、孤独で気難しくなった、白髪の老人スクージに自分と同じものを感じたようです。

これに感動して、書いたのがこの曲です。3部構成となっているのは、クリスマスキャロルの中の過去の精霊、現在の精霊、未来の精霊を象徴してるのだそうです。

◆このLPの一番最後に収録されている My Last Days on Earth については、以前、このブログでも触れたことがあるのですが、正に、ビルが自分の最後の日も近いことを感じて作った曲だそうです。

曲の最初と最後に水鳥の鳴き声と波音が入っています。さらに、ストリングスと合唱のバックが附いています!

ビルの録音にこのような効果音とかストリングスや合唱が入っているというのは、恐らくこの曲だけなんではないでしょうか。


この Master Of Bluegrass に収められている10曲は全部マスターして、是非、Master of Bluegrass になりたいと思っているのですが、まだたったの3曲しかコピーできていません。

テクニック的にはそんなに難しい曲ではないのですが、タイミングとか拍数とかが結構微妙な曲が多いです。

当分、Master of Bluegrass にはなれそうもありません。(当たり前だ...)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-01-13 23:59 | ビル・モンロー探求

ビル・モンローの名盤"Master Of Bluegrass"を見つけた!(その2)

c0032583_22283455.jpg


今日も、昨日に続いてビル・モンローのインスト名盤 "Master Of Bluegrass" についてです。

今日は、アルバムの裏側を見てみましょう。

70歳のビル・モンローが愛器のギブソンを弾きながら、ベンチに腰掛けています。このベンチは、ビルの農場のコテージのベランダにつるされているベンチですね、きっと。

やっぱりアルバム裏面もいいです。

さてさて、収録されている曲は、ビルの晩年の名作です。

どの曲も独特のトーンを持っています。モーダル調のものが多いですが、ビル・モンローでなければ出せないトーンです。"Haunting" という表現がとってもピッタリきます。

変なメロディーやテンポの曲ばかりなのですが、どういうわけか耳についてしまいます。

収録曲は以下の通りです。

1面
Old Ebenezer Scrooge
RIght, Right On
Melissa's Waltz for J.B.
Fair Play
Evening Prayer Blues

2面
Go Hither to Go Yonder
Lochwood
Lady of the Blue Ridge
Old Danger Field
My Last Days On Earth


あんまり聞いたことのない曲ばかりですよね。

でも、なかなか味がある曲ばかりです。

全てビル・モンローの作曲と思っていたのですが、ジャケットには、Evening Prayer Blues はそうでないと書いてありました。

(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-01-11 23:07 | ビル・モンロー探求

ビル・モンローの名盤"Master Of Bluegrass"を見つけた!(その1)

c0032583_22281742.jpg


今年の最初のビル・モンローにまつわるお話は、彼のインストアルバムの名盤 "Master Of Bluegrass" です。

このアルバムは、ビル・モンローの晩年のインストの名作を集めたものです。1981年にMCAから発売されました。

ブールグラスのマンドリン弾きにとっては、是非ともレパートリーに入れておきたい曲ばかりが入っています。

以前、アメリカに居た時にジャム仲間からコピーをもらったのですが、もとのレコードは見たことがありませんでした。

それが、今回、レコードのコレクションをしている Mr.Y. から教えていただいて、ついにこのレコードの現物を見ることができました。

感激です。

とにかく、このジャケット、いいですね!

ジャケットの表は、ギブソンのマンドリンとビル・モンローのトレードマークである、あの白い Stetson ハットです。

鳥の羽が置いてあるのも何か意味があるんでしょうか。

この写真が撮られたのは、インターステート65の近くにあったというビルの農場でしょうね。きっと。

このアルバムは、中身もいいのですが、ジャケットもこんなに素敵だったんです。(やっぱり、昔のレコードはジャケットが大きいので良いですよね。がさばるので保管は大変だけれど...)

(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-01-10 22:26 | ビル・モンロー探求

ビル・モンローの最後の時期をケアーした女性:Juila Labella (その1)

c0032583_1912711.jpg


今日のビル・モンローにまつわるお話は、ビルの最後の日々を一緒に過ごした女性 Julia Labella についてです。

ビルは、たくさんのガールフレンドがいたのですが、その中でも最も若かったのがこの Julia です。二人が一緒に生活を始めた時(1976年ごろ)、Julia は、21歳、ビルは、65歳でした。

Juila は、その年の7月のブルーグラスフェスティバルでビルを見て虜になり、12月には、ニューイングランドからビルの元に押しかけてきたのだそうです。

二人の年の差があまりにも大きかったので、周りの人にとっては受け入れがたいところもあったようですが、ビルにとっては、新しい息吹を吹き込まれたようなところがあったようで、彼の牧場を作り直したりしています。

とは言え、いくら頑強とはいっても、年に200日もツアーにでかけるような生活を続けていて体も参っていたのでしょう、ビルは、1980年の2月についに倒れてしまします。

診断は結腸癌ということでした。

ビルは、入院するのですが、この時、死を覚悟したようです。

Julia は、身の回りの世話をずっとやっていました。Bessie Lee Hazel Smith 等の以前の妻や愛人達もコンタクトしてきました。

そしてずっと仲たがいしてきた Earl Scruggs も病床に見舞いにきました。二人は、仲直りしました。

ビルのシンパでリンパ腫を克服したことのある John Hartford も呼ばれてやってきて、ビルに向かって「癌は克服できる」と話したそうです。

ビルの手術は成功しました。

そして、この後、ビルは、以前の気むずかし屋から、人の話を聞き包容力のある姿勢に変わっていったのだそうです。

ギブソン社と和解して、以前削り取ったマンドリンのヘッドのインレイを修理したのもこの頃です。

"My Last Days on Earth" という名インストが録音されたのもこの頃です。

でもビルは、1982年の7月に膀胱の病気で、ツアー中にまた入院ということになりました。この時は、ビルは、とても動けるような状態ではなかったのに、病室を抜け出して、何と車椅子にのってステージをやってしまったそうです。

そんなこんながあって、ついに Juila は、ビルのもとを去って、テキサスで年齢の近いミュージシャンと結婚したそうです。やっぱり年の差は埋められなかったんですね。

でも、この Julia は、ビルの最晩年にまたビルの元に戻ってくることになります。

(つづく)  
[PR]

  by kasninoyh | 2008-09-02 18:58 | ビル・モンロー探求

ビル・モンローの壊されたロイド・ロアー復元の話:2本のロイド・ロアーが破壊された?

c0032583_10453815.jpg

(↑穴の開いた表版の裏側。トーン・バーがしっかり残っているのがはっきり分ります。)


先月は、初めてギブソンのロイド・ロアーに対面することができました。

そのついでと言ってはなんですが、今日は、ビル・モンローのあの有名な破壊されたロイド・ロアー復元」のお話です。

これは、もう良く知られた話ではありますが、あの時、ビル・モンローは、実は2本のロイド・ロアーを破壊された、ということはご存知でしたか?

でも、復活できたのは、1本だけだったのです。その運命を分けたのは何だったのでしょうか。

事件は、1985年の11月13日に起こりました。

ビル・モンローは、昼食を妻の Della (何人目の妻でしょうか。3人目?)と取った後、別々に車に乗って帰宅したのですが、最初に自宅に着いたのは Della の方で、彼女が最初に壊されたマンドリンを発見したのだそうです。

そうです。あの 1923年製の Lloyd Loar Gibson F-5 マンドリン(シリアルナンバー73987)です。

それに、もう1本のロイド・ロアーも壊されてしまったのです。

犯人は、暖炉の火かきでマンドリンを打ちのめしたようです。マンドリンの他に、ビルと兄のバーチの移った写真に穴が開けられており、ビルの農場のスケッチも壊されていたそうです。

この頃、ビルに対しては、いろいろと暴力沙汰や脅迫事件などが続いていました。恨みを持った人間の仕業だったのでしょうが、犯人は突き止められていません。

c0032583_11583051.jpg


さて、壊れた2本のマンドリンは、その残骸とともに、ギブソンの職人の Charles Derrington の元に運ばれました。

そして粉々になった木片をつなぎ合わせて元のマンドリンに戻した...というのが有名なお話ですが、どうしてそんなことができたんだろう、とずっと不思議に思っていました。

いくらなんでも、ばらばらになってしまっていたら、復元は難しいですよね。まして、あのデリケートな音色まで戻るというのは、なかなか考えにくいです。

ということで、やはり、復元できたのは、壊され方が良かった(?)ということだったようです。

1923年のロアーの方は、表版に2箇所、バターナイフ状の大きな穴が開いてしまっていたのですが、一番上の写真にあるように、トーン・バーはまったく壊れていなかったので、復元が可能だったそうです。

c0032583_1159889.jpg


もう1本のロアーの方は、表版の損傷は少なかったのですが、トーン・バーが壊れてしまっていて、復元はできなかったということです。

それにしても、破壊された2本のマンドリンの残骸を集めて、識別して、1つ1つ接着剤でつないでいった、というのですから気の遠くなるような作業です。

ともかくも、1923年のロアーはみごと復活して、1986年2月25日に、ビル・モンローの元に戻ってきました。

この素晴らしいリペアーをした Derrington は、2006年に交通事故でなくなっています。51歳でした。(ということは、このリペアーをした時は、20歳前後の若手だったんですね。)

c0032583_11592476.jpg


(写真の一部は、Mandolin Archive からコピーさせていただきました。)
[PR]

  by kasninoyh | 2008-07-22 22:44 | ビル・モンロー探求

「私は、空中に漂っている曲を最初に聞いただけさ」

c0032583_23321038.jpg


Bill Monroe のすごいところは、晩年になっても創作の勢いが衰えなかったことです。作曲に対する情熱をずっと持ち続けていました。

ブルーグラス・ボーイズのバンジョー弾きで有名な Butch Robins がこんなことを言っています。

Butch が Bill と巡業のバスの旅をしていた時のこと、ある日の明け方4時ぐらいに二人が目を覚まして、お互いに楽器を演奏していた時、Butch が Bill に対して、どうやって曲を作るのかを尋ねたのだそうです。

Bill が答えるに、
「私は、いままで一度も曲を書いたことなんかないよ。それは、みんな空中に漂っていたのさ。私は、ただ、それを一番最初に聞いただけに過ぎないんだ。」

"I never wrote a tune in my life. Those tunes are all in the air. I just happend to be the first one to pick them up."

これって、結構、良い話ですよね。

曲を作ることができる人というのは、こういうもんなんでしょうか。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-04-20 22:37 | ビル・モンロー探求

ビル・モンローの娘が作った歌:Is The Blue Moon Still Shining?

c0032583_084667.jpg


c0032583_043553.jpg今日は、ビル・モンローの娘のお話です。

ビルと妻の Carolyne との間には、Melissa という娘がいます。1936年9月に生まれています。

ところで、この Melissa は、あまり幸福な人生を送ったとは言えない人のようです。

上の写真で、ビル・モンローが方に手をかけている右側の若い女性が Melissa です。そしてビルの左でベースを弾いているのが、ビルの長年の愛人の Bessie です。

Melissa は、父親と一緒にツアーをして回ったこともあり、なかなかパワフルなボイスで歌手としても期待されていたようです。

でも、彼女のツアーにおける行動は非常に不安定なもので、感情的に落ち着きがなかったようです。

それも無理もないような気がします。10代のセンシティブな時期に、母親のライバルである Bessie と毎日顔をあわせてツアーしていくのですから。

上の写真はいつ頃のものなのか不明ですが、なかなか複雑な感情の入り混じったツアーの状況を写しているのかもしれません。

ところで、この Melissa が作った曲で有名なのが Is The Blue Moon Still Shining? です。

これは、とても良い曲で私も大好きな曲の1つです。Blue Moon Of Kentucky へのアンサーソングになっています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Is The Blue Moon Still Shining?

Is the blue moon still shinin'
Does it shine for you like it shines for me
Will the blue moon bring us back together
Or will it leave us with a sad memory

Do we think of each other when the moon is blue
Do you need me as I need you
Will you ever come back and love me
Or tell me are we really through

At night when the blue moon is shinin'
I think of you and the plans we made
But now you've gone and left me
Left me alone and so afraid

* Refrain

Now I wonder is the blue moon still shinin'
Shinin' for you as it does for me
Are you too proud to come back
Or did you really want to be free

* Refrain


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Melissa は、一時、父親とのツアーを離れるのですが、後でまた一緒に演奏したりしています。この時には、Bessie との関係も非常に難しくなったらしく、ビルは、今度は、Bessie をツアーからはずしてしまうことになります。ここで Bessie との長年の愛人関係も途切れることになります。

Melissa は、体は弱く病気がちだったようです。結局、40歳半ばでなくなってしまいました。

ビル・モンローの人生もなかなか複雑ですが、そういうことを背景にして改めてこの歌を見てみると、ただ単純なる失恋ソングではないのかもしれない、と思ったりします。

最後の Are you too proud to come back, Or did you really want to be free というフレーズなどは、お決まりの文句というばかりでなく、彼女の父親に対する複雑な思いが現れているのかもしれません。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-23 23:51 | ビル・モンロー探求

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE