カテゴリ:ライブ活動( 258 )

 

Orient Church 初ライブ at NORO(3月7日):その5

c0032583_222120.jpg


というわけで、長々と我らが Orient Church の3月7日の初ライブの模様をお届けしてまりました。

お付き合いいただき、ありがとうございました。ご来場いただいた皆さん、ご苦労様でした。バンドの皆さんもご苦労様でした。

c0032583_222234.jpg

3月7日のライブの会場となった NORO です。この渋い感じがたまらないお店です。音響設備もナイスです。

c0032583_2223986.jpg

会場の席の準備もようやく整いました。お店のマスターが結構苦労しながら配置をしていました。

c0032583_223553.jpg

舞台の準備もOKです。

c0032583_2232395.jpg

バンマスがベースを調子をチェック....?

c0032583_2234215.jpg

お客様もだんだん集まってきました。ライブが始まる前のちょっと高揚した気分...

c0032583_224019.jpg

そして、席はいっぱいになりました。

c0032583_2241748.jpg

MC中のバンマスです。

c0032583_224444.jpg


c0032583_225539.jpg


c0032583_2252855.jpg

ライブ終了後の記念撮影です。

c0032583_12454821.jpg

これが当日のパンフでした。

c0032583_12462616.jpg

演奏曲の一覧です。

◆当日演奏したのは以下の曲でした。ご参考まで。

<1st Stage>
1. Grandfather's Clock
2. Foggy Mountain Top
3. I'll Be Here In This Morning
4. Early Morning Rain
5. Runaround
6. Going To West
7. My Baby's Gone

<2nd Stage>
1. When You Kneel At Mother's Grave
2. Wayfaring Stranger
3. Maiden's Prayer
4. Kentucky Waltz
5. Pathway Of Tear Drop
6. Beautiful Life
7. Faded Love

<3rd Stage>
1. Road To Columbus
2. Tall Pines
3. Think Of What You've Done
4. Back To The Cross
5. The Fields Have Turned Brown
6. Dear Old Dixie
(Anc) Take Me Home, Country Road

[PR]

  by kasninoyh | 2009-03-31 23:46 | ライブ活動

Orient Church 初ライブ at NORO(3月7日):その4

c0032583_1234421.jpg


今日は、3月7日の Orient Church の初ライブの最後の第3ステージから少し選んでその様子をお届けします。

最後のステージは、以前、一緒にやったこともある Mr. O. が飛び入りしてくれて、予定外のインスト等を演奏しました。

c0032583_1392449.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Home Sweet Home
これもブルーグラスインストでよくやる曲です。「埴生の宿」ですが、ちょっと違った感じがするでしょうか。Mr. O. が飛び入り参加してくれています。

Panhandle Country
引き続き Mr. O. に入っていただき、これまたインストの定番をやりました。

Dear Old Dixie
Orient Church 初ライブの最後は、バンジョーインストの定番で締めくくりです。Kenny のバンジョーが冴えています。

★Orient Church
- Banjo & Vocal: Kenny
- Guitar & Vocal: Sammy
- Fiddle & Vocal: Angel
- Base & Vocal: Frank
- Mandolin & Vocal: NINO
- Guest: Thomas (Mr. O.)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんな感じで、我らが Orient Church の初ライブも、初めてにしてはまあまあの出来で楽しく終わらすことができました。

まぁ、音楽的水準というより、ブルーグラス好きのブルーグラスへの情熱を感じていただければ、と思います。(つづく)

c0032583_135278.jpg


c0032583_13552100.jpg


c0032583_1250331.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-03-16 01:22 | ライブ活動

Orient Church 初ライブ at NORO(3月7日):その3

c0032583_0484816.jpg


今日は、先日に引き続いて3月7日の Orient Church の初ライブのセカンド・ステージから、いくつか選らんでお届けしたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。


When You Keel At Mother's Grave
ビル・クリフトンの名曲です。我々の以前からのレパートリーでもあります。Sammy のリードがさえています。ビル・クリフトンの原曲では、途中でせりふが入るのですが、今度は、この部分を日本語でせりふ入りでやったらいいのではと思っています。

Pathway Of Teardrops
これは、オズボーン・ブラザーズで有名な曲です。原曲では、ボビー・オズボーンのハイテナーが冴えているのですが、我々はどうも...でも、これは以前からのレパートリーで、その辺は年季で補っています。最後のコーラスが難しいのですが、なんとかこなせました。

Beautiful Life
これは、ブルーグラス・ゴスペルの定番です。ブルーグラスバンドでは、軽快に演奏する例も多いようですが、我々は、ゴスペルの伝統に則って、アカペラでやってみました。3番の音程を上げるところがみそです。これも、アメリカ時代からのレパートリーです。アメリカでやっていた時も、結構、評判は良かったレパートリーです。あくまでも、自分達のレポートリーの中での比較の話ですが...

Faded Love
最後は、Angel とのツインフィドルで、これもフィドル曲の定番の Faded Love です。Sammy の歌も入っています。ちょっとテナーフィドルの音が大きすぎましたね...

★Orient Church
- Banjo & Vocal: Kenny
- Guitar & Vocal: Sammy
- Fiddle & Vocal: Angel
- Base & Vocal: Frank
- Mandolin & Vocal: NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さてさて、初ライブはまだまだ続くのです。

この次は、最後の第3ステージの様子をお届けしましょう!

c0032583_1204377.jpg


c0032583_1463398.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-03-15 23:32 | ライブ活動

Orient Church 初ライブ at NORO(3月7日):その2

c0032583_22245786.jpg


今日は、3月7日にやった Orient Chruch のライブの第1ステージからいくつかの録音をお届けします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Early Morning Rain
フォークの名曲です。ブルーグラス風にやってもなかなか良い曲です。Tim O'Brien や Tony Rice のバージョンがありますが、これは、自己流バージョンです。結構、歌詞が長くてずっと覚えられなかったのですが、今回は、なんとか歌詞カードなしでやることができました。

Foggy Mountain Top
なかなか渋いフレーリングのバンジョーで始まります。The McLains というバンドがやっているバージョンをコピーしたものですが、このバンドのバージョンが一番良いように思います。

Going To The West
この曲は、あんまりやっている人はいないと思うのですが、ローリー・ルイスのアルバムからコピーしました。我らが Orient Church の紅一点 Angel のリードをフィーチャーし、私がハーモニーをつけているのですが、このハーモニーが結構むずかしく、あまりうまくコピーはできませんでした。

Runaround
最後は、インストです。これは、J.D. クロウの名曲。

★Orient Church
- Banjo & Vocal: Kenny
- Guitar & Vocal: Sammy
- Fiddle & Vocal: Angel
- Base & Vocal: Frank
- Mandolin & Vocal: NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ということで、今日は、第1ステージの一部をお届けしました。

この次は、第2ステージの模様をお伝えします。

c0032583_23175786.jpg



[PR]

  by kasninoyh | 2009-03-14 22:23 | ライブ活動

Orient Church 初ライブ at NORO(3月7日):その1

c0032583_22335125.jpg


3月7日は、我らが Orient Church の初ライブでした。

場所は、吉祥寺のライブハウス、NOROでした。

あの高田渡もよく来ていたライブハウスです。

なかなか広々としていて歴史を感じさせるライブハウスで、MCも良く、きもちのいいお店です。

c0032583_2315253.jpg


我らが Orient Church は、アメリカはニューヨークでブルーグラスをやっていた Orient Express と日本でずっとブルーグラスをやっていた Country Church のメンバーがリユニオンして作ったバンドです。

そこで名前は、両方のバンド名を合わせて Orient Church となりました。ちょっと安易?

c0032583_23263018.jpg


この日は、若い人も含めてたくさんの方々が聞きに来てくれました。

初めてのライブなのに、3ステージもやりました。

また、何と、全て暗譜して楽譜や歌詞カードを見ないで演奏しました。

やろうと思えばできるんですね。

この次は、その時の録音を一部お届けいたしたいと思います。

c0032583_2335782.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-03-13 22:27 | ライブ活動

3月7日(土)Orient Church のライブ at のろ(吉祥寺)

今日は、ちょっとお知らせです。

私も参加させていただいているブルーグラスバンド Orient Church が、来る3月7日(土)に吉祥寺ののろでライブを行います。午後7時くらいから始まる予定です。

Orient Church としては、初めてのライブです。

演奏する曲は、ブルーグラスでよく聞く曲が多いです。ゆっくりめのカントリーっぽいのもあります。

お時間あれば、お寄りください。


◎Orient Church ライブ!
Date: 2009年3月7日(土)
Time: 開場 18:30、 開演 19:00
Place: のろ(吉祥寺) 
      〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-11-3 いづみビルB1F
        0422-49-4915



c0032583_03182.gif

[PR]

  by kasninoyh | 2009-02-10 23:54 | ライブ活動

1月8日のSurf & Turfライブで "8th Of January" を演奏

c0032583_22491850.jpg


ちょっと前のことになりますが、1月8日は Surf & Turf のこんとん館定例ライブでした。

年末年始の疲れが出て体調が今ひとつでしたが、Surf & Turf の皆さんの快調な演奏に加わって、少しエネルギーをもらうことが出来ました。

この日は、丁度、1月8日でしたので、フィドルチューンの The Eighth of January を演奏させてもらいました。体調もあまり良くなかったので、フィドルも今ひとつですが....と体調のせいにしていますが、そもそもの腕の問題ですね。

まったくつたないフィドル演奏ですが、今日はその録音をお届けします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

The Eighth of January

◆Surf & Turf
- Guitar & Vocal: Mr. I.
- Banjo & Vocal: Mr. H.
- Mandolin: Mr. A.
- Base: Mr. O.
- Fiddle & Vocal: NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ところで、この Eighth of January - 「1月8日」という曲は、いったいどうしてこんな日にちの題名になっているんでしょう。

さっそく我らがバンマスの Mr. I. がいろいろと調べてくれました。

この1月8日というのは、米英戦争の末期の重要な戦いである Battle of New Orleans が終結した日なんですね。

c0032583_23551730.jpg


米英戦争は、1812年から1815年までイギリスと独立済みのアメリカ合衆国との間で戦われた戦争で、ナポレオン戦争にかかりっきりで余裕のないイギリスの状況を見て、アメリカ大陸におけるイギリス領を奪おうとしたアメリカ側から始められた戦争だそうです。

ちょっと動機が不純な戦争ですね。戦争というのは、みんなこんなものでしょうか。

Battle of New Orleans 自体は、優勢なイギリス軍をアンドリュー・ジャクソン率いる弱小のアメリカ軍が打ち破ったことで有名なのですが、実は、この前月の12月に条約が結ばれ既に戦争は終結していたのだそうです。

戦争が終わっているのを知らずに戦ったということになります。当時は情報がなかなか伝わらなかったんですね。

ついでに、アメリカ本土が攻撃を受けたのはこれを最後にしばらくなく、次は、ハワイの真珠湾攻撃になるのだそうです。

フィドルチューンの Eighth of January は、この戦争の勝利を祝う曲で Jackson's Victory とも呼ばれるそうです。その後、1月8日には、この勝利を祝う舞踏会が各地で開かれたそうですが、そこでもこの曲が弾かれたりしたんでしょうね。

ところで、この米英戦争は音楽的にはこれ以外にも実り(?)があったようで、アメリカの国歌となる The Star-Spangled Banner (星条旗よ永遠なれ)が作られたりしています。

ということで、少しアメリカの歴史の勉強になりました。
[PR]

  by kasninoyh | 2009-01-21 23:48 | ライブ活動

相模湖のピッキングパーティ:11月15日(その2)

c0032583_2055078.jpg


今日は、先月にお伝えした相模湖のピッキングパーティー(11月15日)での我らが Pacific Express の演奏の模様をお伝えしたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Charlotte Breakdown
この曲は、Don Reno の定番インストの1つで、Mr.S.の十八番の1つです。シンプルですが、結構難しい曲です。

On My Way Back To The Old Home
ブルーグラスの定番曲です。ギターの Mr. K. のおはこでもあります。

Little Georgia Rose
久しぶりにこのビル・モンローの名曲をやりました。

Sunny Side of The Mountain
録音の入力コントロールが悪かったので、レベルオーバーで音が飛んでしまっています。随分とめちゃくちゃな歌ですいません。

Steel Guitar Rag
これまたバンジョーの Mr. S. のおはこの曲です。マンドリンもなんとか弾けました。

◆Pacific Express
- Banjo: Mr. S.
- Guitar & Vocal : Mr. K.
- Bass : Mr. I.
- Mandolin, Fiddle & Vocal : NINO

この日は、ベースを Mr. I. にやっていただきました。おかげさまでとっても乗ってできました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

11月でしたが、お天気にも恵まれてなかなか楽しいピッキングができました。聞いてくれたみなさん、そして演奏してくれた皆さん、ありがとうございました。

また、来年、相模湖でお会いできればと思います。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-12-03 20:16 | ライブ活動

Acoustic Strings クラブ at Big Mountain Opry:11月16日

c0032583_2322621.jpg


11月16日は、伊勢原の市民会館で半年1度の Big Mountain Opry が開かれました。

今回も、ギターの Mr. N. と ベースの Mr. O. との3人で参加させていただきました。バンドの名は、Acoustic Strings 倶楽部と言います。

ギターの Mr. N. を中心としたバンドですが、この BMO だけのためのバンドでもあります。

今回は、コード進行が複雑な曲、というテーマで以下の4曲をやりました。

E.M.D.
Tennessee Blues
Will The Roses Bloom
Lonesome Moonlight Waltz


いずれも結構難しいので、神経を使いました。

VIDEO★★★★★★★★★★★★★
以下に撮っていただいたビデオをアップさせていただきます。ビデオを見る場合は、下線をクリックしてみてください。(最初は、真っ黒ですが、始めは照明をつけていなかったせいです。しばらくすると映像が見えます。)

★Acoustic Strings クラブの演奏


(このビデオは、Mr. N. より送っていただいたものです。)
★★★★★★★★★★★★★

マンドリンと他の楽器とのバランスが悪かったり、あちこちとちったりしていますが、PAがとても良く、気持ちよく演奏させていただきました。

ただ、歌もマンドリンもちょっと硬い音になりすぎているので、反省です。また、次に向けて頑張ろう!
[PR]

  by kasninoyh | 2008-11-17 22:54 | ライブ活動

世附ピッキングパーティー:10月11日~12日(その2)

c0032583_22592243.jpg


今日は、先日(10月11日と12日)行われた世附ピッキングパーティーでの Pacific Express の演奏の一部をお届けしようと思います。

我々 Pacific Express は、新参ということもあって、ステージとしては一番最初となりました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Panhandle Country
ライブの最初は、インストでスタート。ブルーグラス・ボーイズもよくやっていた Panhandle Country で始めました。早めのフィドルで始めよう、というのがアイデアだったのですが、ダブルストップで弾けていないのが残念です。

Used To Be
ビル・モンローの名曲の1つ。全てデュオでチャレンジです。ビル・モンローのこの手の曲をもっとやっていきたいと思っています。

Little Cabin Home On The Hill
これまたビル・モンローの定番で、我らがバンドの定番でもあります。マイナーを入れたアレンジですが、場数も踏んでいるので、我々のレパートリーの中では安定した曲となっています。

Limehouse Blues
バンジョーの Mr. S. をフィーチャーしたインストです。Mr. S. は、知る人ぞ知るドン・レノの権威です。この曲もドン・レノ風にトライしてみました。バンジョーはいいのですが、フィドルはそこそこでしょうか。

生活の柄
これも我々の定番になってきました。高田渡の名曲です。フィドルの弾き語りも少しは良くなってきたか...

Dim Light, Thick Smoke
最後は、フラット&スクラッグスの定番曲の1つで締めました。

演奏:Pacific Express
Banjo: Mr. S.
Guitar & Vocal: Mr. K.
Base: Mr. M.
Mandolin, Fiddle & Vocal: NINO


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回は、ベースに急遽、Mr. M. に加わっていただきました。さすが、ベースのベテランです。演奏も引き締まってやることができたような気がします。

録音の方は、コンプレッションを掛けたせいか、ベースの音が少しこもってしまったかもしれません。すいません。

とにかく、楽しくすごさせていただきました。

丹沢ブルーグラスサークルの皆さん、ありがとうございました。

また、この次のピッキングパーティーを楽しみにしています!よろしくお願いします。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-10-24 22:55 | ライブ活動

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE