カテゴリ:ライブ活動( 258 )

 

世附ピッキングパーティー:10月11日~12日(その1)

c0032583_22271930.jpg


10月11日から12日は、相模湖の世附川ロッジで行われた秋の世附ピッキングパーティーに行ってきました。

主催は、丹沢ブルーグラスサークルの皆さんです。

c0032583_2241353.jpg


丹沢ブルーグラスサークルの皆さんは、世附で6月と11月の年2回、ピッキングパーティーを開催しています。

今回の秋のピッキングパーティーは、春に比べると少しこじんまりした感じでしたが、いろいろなカラーのバンドが演奏をして楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

c0032583_22421121.jpg


夜は、恒例のディナーです。今回は、何と、パエリャでした。

それも、大きなおなべで一度に作るんです。すごいです。いつもまかないをしてくれる Mr. I. や Mr. N. をはじめたくさんの方々、ありがとうございます!!

c0032583_22584565.jpg


さてさて、バンド演奏が終わると、あちこちでジャムが始まります。

今回は、Mr. O. も来られて、Mr. S. と一緒に、あの伝説のドン・レノ・ジャムが始まっていました。これもすごい!!

c0032583_22531375.jpg


春に比べると、さすがに10月の世附は寒いのですが、ジャムの方は、夜が更けるとともに、熱さが増していくという感じでした。

焚き火の暖かさが身にしみるジャムでした。

c0032583_2256740.jpg


c0032583_22563512.jpg


明け方の3時とか4時とかまでジャムをやっていたのですが、翌朝には、またジャムっています!!

皆さん本当に好きです。でも、良いことですね。

c0032583_2256497.jpg


今回も楽しくすごさせていただきました。食事もおいしかったし、ロッジもしっかりしていて、布団にゆっくり寝ることができました。

こういうフェスがいいです。

c0032583_2257422.jpg


いつも丹沢ブルーグラスサークルの皆さんにはお世話になっていますが、また、よろしくお願いします!

c0032583_22571737.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-10-16 22:20 | ライブ活動

不思議な若者達とのジャム会:9月14日

c0032583_2316465.jpg


我らが Pacific Express の面々は、9月14日、不思議な音楽好きの若者達とのジャム会に参加してきました。

c0032583_2318017.jpg


場所は、小田急線ぞいの和泉多摩川の河川敷でした。

ここにバーベキューの道具を持ち込んで、飲んだり食べたりしながら、アコースティック音楽のジャム会をやりました。

c0032583_23243645.jpg


参加している若者は、20代の人達がほとんど。我々は、はるかにジェネレーションを超えていました。

でも、皆とても礼儀正しく我々おじさん達を迎え入れてくれて、なかなかさわやかなジャムができました。

c0032583_2325223.jpg


3、40人ほどの集まりでしたが、何か特定のクラブとかいうのではなく、いろいろな音楽のつながりの中で集まったそうです。とてもおもしろい集まりでした。

いくつかのバンドのメンバーが集まっていましたが、やっている音楽は、ジャンルでいうとアイリッシュ・パンクだったりジャズ系、ジャグバンド系だったりといろいろ。

c0032583_23254152.jpg


楽器も、ギター、マンドリン、フィドル、ティンホイッスル、ウォッシュボード、それにスコティッシュ・バグパイプまであって、とても多彩でした。

フラットマンドリンを演奏する若者が複数いたのも驚き。

c0032583_23262383.jpg


私は、アイリッシュ・パンクなる音楽は全くしらなかったのですが、かなりトラッドのアイリッシュ音楽に近く、なかなかよかったです。

c0032583_2326937.jpg


一部の人は、ブルーグラス音楽を好きだ、という人もいて、大変感激でした。とにかく、こんな若い人の中にもブルーグラスを知っている人が居るんです!

c0032583_23264074.jpg


我々、Pacific Express の面々は、ブルーグラスのインストなどを演奏しました。あんまり生では聞いたことがないたぐいの音楽だったこともあって、乗ってくれる若者ももいました。

c0032583_23265549.jpg


このような世代を超えた交流があるのも良いものです。

c0032583_23271287.jpg


ところで、この集まりに参加することになったきっかけですが、我らが Pacific Express のバンジョー弾きの Mr.S. がライブハウスで知り合いに鳴った若者がきっかけとのことでした。

c0032583_23275662.jpg


バーベキューもおいしかったし、とても楽しいジャム会でした。

こういう世代を超えた集まりがもっともっとあっても良いですね。

c0032583_2328263.jpg


c0032583_0111833.jpg

↑↓ 我らが Pacific Express のメンバーは、年の功で、バンジョーやフィドル、ギター等の弾き方を少し伝授したりしました。
c0032583_2330367.jpg


c0032583_23303026.jpg


c0032583_23304571.jpg


c0032583_2331399.jpg


c0032583_23312566.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-09-20 23:14 | ライブ活動

Surf & Turf のこんとん館ライブ:9月11日

c0032583_11291458.jpg


9月11日は、毎月恒例の Surf & Turf のこんとん館ライブでした。

この日は、マンドリンの Mr. A. がついにおめでたということで欠席でしたので、私がマンドリンをやらせていただきました。

マンドリンのチョッピングがいつもと違うので申し訳なかったですが、楽しくやらせていただきました。

演奏の方は、Back in the Saddle Again Home on the Range といったカントリー系の曲からスタートしました。

それでは、当日の第1ステージからいくつか録音をお届けします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Home on the Range
我らがバンマス Mr. I. のリードで、「峠の我が家」です。Mr. I. もおっしゃっていたのですが、「峠の我が家」というのはどうも訳が間違っているようで、歌詞から考えるとどうしても「牧場の我が家」ではないか、とのこと。でも、峠の方がなんか良いような感じもしますね。語感を重視した訳ということなんでしょうか。

Dear Old Dixie
このライブでも良くやるバンジョー・インストの定番です。Mr. H. のバンジョーが冴えています。

Bluegrass Twist
ビル・モンローのマンドリン・ブルースの代表作の1つ。久しぶりなのでだいぶ手元不如意でしたが、Mr. H. のバンジョーのフレーズがとっても良いです!!

Blue Moon of Kentucky
これもビル・モンローの代表作。Mr. H. のリードボーカルが冴えています。Bパートはコーラスをそえてみました。

Working on a Building
これも久しぶりにやらせてもらいました。トラッドの曲ですが、フィドルの弾き語りでやっています。高音の部分がぶれていて失礼。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

いつも楽しくやらせていただいている Surf & Turf のライブの状況でした。

ところで、Mr. A. の赤ちゃんは、女の子、ということでした。とりあえずのお知らせまで。

c0032583_12414672.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-09-12 11:28 | ライブ活動

Surf & Turf のこんとん館ライブ(2008年8月21日):尾崎ブラザーズ登場!

c0032583_22572960.jpg


8月21日は、Surf & Turf の月例こんとん館ライブでした。

この日は、久しぶりに尾崎ブラザーズがおいでになり、素晴らしい、そして楽しい演奏を聞かせていただきました。

c0032583_2372965.jpg


尾崎ブラザーズのお二人は、最近、またアメリカに行かれて、なんとオズボーン・ブラザーズとも演奏されたとか。本当にすごいです。

この日も、なかなか聞けない渋い曲を数曲演奏していただきました。

Surf & Turf の方も、たっぷり演奏しました。

私も、いくつかソロを取らせてもらった曲がありましたので、出来は悪いですが、その時の録音をアップします。(尾崎ブラザーズの演奏をアップできればよかったのですが、やはり勝手にアップするわけにもいかないので、今度、お許しを得てからにしたいと思います。)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Banks Of The Ohio ではなくて Weeping Willow です
ブルーグラスの定番です。宝塚の Sierra Hull の演奏を少し真似して、スローテンポでやってみました。途中で、歌いながらのフィドルを演奏にトライしていますが、今一です。もっと練習が必要。

Stoney Lonesome
これまたビル・モンローのフィドルチューンの定番です。有名な曲ですが、こちらのジャムとかでは、あんまり演奏されることもないのかもしれません。以前からやりたい曲でしたが、ようやく最近、弾けるようになってきた曲です。一応、Kenny Baker のバージョンのコピーです。思わず踊りだしたくなるリズムを持っている曲です。実際、Mr. O. のフットダンスのパフォーマンスがありました。
(ついでに蛇足ながら申し上げておくと、この曲のBパートは、2種類あるのが本当のようです。あんまり変わらないメロディーですが、どこかで1回フィドルがちょっと違うBパートを演奏するようです。今回のは、Bパートはみんな同じです。)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Surf & Turf は、大ベテランの Mr. I. を中心に、バンジョーのプロの Mr. H.、若手マンドリニストのホープの Mr.A.、これまたベテラン・ベーシストでフットダンスもお得意の Mr. O. で構成されています。私も、ずっとフィドルでお手伝いをさせていただいていますが、毎回、練習無しのジャム形式ですが、ベテランとプロの演奏でリズムがしっかりしているので、とても気持ちよくやらせてもらっています。

c0032583_23364423.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-08-22 23:07 | ライブ活動

Surf & Turf のこんとん館ライブ:7月10日

c0032583_2152405.jpg


7月10日は、恒例の Surf & Turf こんとん館ライブの日でした。

いつもの通り、仕事の関係で、ライブハウスに着くのが非常に遅くなってしまい、第2ステージからの参加となりましたが、この日はめずらしくいくつかリードを取らせてもらいました。

その録音をアップします。

しかし、フィドルは音程が安定せず難しい楽器ですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

幸せの道
Surf & Turf のステージでは珍しくく日本語のナターシャセブンの歌を歌いました。ベースの Mr. O. とのデュエットも珍しいです。この曲を歌うのも本当に久しぶりですね。

Road to Columbus
ビル・モンローの有名なインストです。最初のセブンスのところの音程がうまく取れませんでした。やっぱり久しぶりにやると忘れています...

Cherokee Shaffle
これまたお馴染みのフィドルのインスト曲です。私の好きな曲なのですが、お聞き苦しい演奏ですいません。

Dear Old Dixie
今度は、Mr. H. のバンジョをフューチャーしたお馴染みのインストです。さすがに落ち着いて聞いていられます。最後の方は、「鉄腕アトム」のテーマになって終わっています。

Tall Pines
これまた久しぶりに歌わせてもらいました。エンディングのやり方を打ち合わせていなかったので、ちょっとまとまりせんでした...

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Surf & Turf は、多趣味で経験豊富な Mr.I. を中心に、バンジョーの第一人者の Mr. H. と若手マンドリンのホープの Mr.A. 、そして超ベテランのベースの Mr.O. の演奏で、いつも非常にテンポのいい演奏を楽しませもらっています。

これにこりずに、またよろしくお願いします。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-07-12 21:54 | ライブ活動

世附の丹沢BGサークル・ピッキングパーティー(6月14~15日):その2

c0032583_18413418.jpg


今日も、6月14日、15日に開かれた丹沢ブルーグラスサークルの世附ピッキングパーティーの様子の続きです。

さてさて、夕食も終わると、演奏の本番です。

たくさんのバンドが入れ替わり立ち代り演奏しました。

c0032583_18433265.jpg


今回は、予想よりもずっと参加者が多かったそうで、80名くらい集まったそうです。

私のようにサークルのメンバー以外でも参加させてもらいました。ありがとうございました。

c0032583_1843791.jpg


私は、Mr. N. と一緒に Acoustic Stprings 倶楽部で、演奏させてもらいました。でも、いきなりだったので、メンバーも揃わずの演奏でした。

もう一つは、今回誘っていただいた Pacific Express のメンバー Mr. S. と演奏と思っていたのですが、参加バンドが多く、ステージでピッキングする時間は残念ながらありませんでした。

c0032583_18484043.jpg


しかし、しかし、フェスの楽しみはステージでの演奏だけではありません。

ステージが終わったあとのジャムがエキサイティングタイムです。

ということで、バンガローの中でもひとしきりジャムをやり、ステージ近くでも Mr. S. や Mr. S. と一緒に、夜もふけるのを忘れてジャムをやっていました。

c0032583_18543582.jpg


いろいろとやっていたら、明け方の4時になっていて、さすがに疲れたので、お休みということになりました。あたりは白々と夜が明けてきていました。

本当に、久しぶりにフィドルチューンを中心に、つっこんだジャムができて大満足でした。お付き合いいただいた方々、ありがとうございました。

c0032583_18524030.jpg


朝食も、サラダとトースト、コーヒーと至れり尽くせりです。

c0032583_1853039.jpg


c0032583_18531965.jpg


翌日の朝も、元気にピッキングです!

c0032583_18535122.jpg


↑ところで、このお二人の弾いているマーチン・ギターは、すごいビンテッジです。

なんと、D28の33年と34年です。2つで、千うん百万円?

*↑これは、間違いでした。Mr. S. にコメントいただいているように、43年と44年でした。すいません。

お値段もありますが、良い音しています。

とにかく、楽しいピッキングを満喫させていただきました。

丹沢ブルーグラスサークルのみなさん、ありがとうございました。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-06-17 18:41 | ライブ活動

山梨でのイベント:お田植えライブ(6月7日)-その2

c0032583_23282788.jpg


今日は、6月7日に行われた「お田植えライブ」の演奏の模様をお伝えしましょう。

c0032583_23351582.jpg


まずは、主催者の Mr. O. のアコースティック・カントリー・バンドです。

パワフルな歌と演奏を聞かせてくれました。

c0032583_23284640.jpg


こちらは、山小屋で山の歌を歌っておられるという Mr. H. です。

山小屋にギターを持って行ってパフォーマンスをしているそうです。ご自分で作られたオリジナルの曲もたくさん聞かせていただきました。女性ファンもたくさんいるそうです!

c0032583_2337367.jpg


こちらは、ガラっとムードが変わって、チェロとバイオリンによるケルティックの演奏です。何か心が洗われるような感じでした。

ケルティックもいいですね。それもチェロが一緒だと、ずっと高級な感じです。

c0032583_23451365.jpg


こちらは、大ベテラン揃いのメンバーによるブルーグラスとカントリーの演奏です。

c0032583_2355598.jpg


こちらは、ご夫婦でピーター・ポール・エンド・マリーの演奏です。とても素晴らしいハーモニーを聞かせていただきました。

やっぱり、モダンフォークもいいなぁ。

c0032583_2358557.jpg


私たち「アコースティック・ストリングス倶楽部」も2、3曲演奏させてもらいました。

いろいろとおいしい料理をご馳走になり、楽しい音楽で良い気分になって、夜が更けるまでジャムを楽しみました。

本当に楽しいひと時をありがとうございました。

今度は、秋に収穫祭があるそうです。

今回は、田植えができませんでしたが、収穫の時には、又参加させていただいて、少しは役に立ちたいと思っています。

今から秋が楽しみです!!
[PR]

  by kasninoyh | 2008-06-10 23:26 | ライブ活動

山梨でのイベント:お田植えライブ(6月7日)

c0032583_23462365.jpg


今日は、6月7日に行われた「お田植えライブ」の様子をお届けします。

c0032583_23574287.jpg


このイベントは、山梨の大月市にお住まいの Mr. O. のご自宅で開催されるプライベートイベントです。

Mr. O. のご自宅は、田園風景の中にある広い敷地で、そこに大きなガレージを改造したイベント会場があります。

c0032583_23581022.jpg

c0032583_23582836.jpg

c0032583_23584451.jpg


「お田植えライブ」という名前の通り、まずは隣接の田んぼで田植えをやりました。といっても、私は着替えも持っていなかったので、見学したでけでしたが...

つゆのさなかでしたが、お天気に恵まれた田植えとなりました。

c0032583_00373.jpg


会場となっているガレージの中には、スロットマシーンやゴーカート、バイク等など、いろいろと面白いものがありました。

昔よく読んでいた「少年サンデー」や「少年キング」の現物もありました。

c0032583_055740.jpg


まるでアメリカに来たかのような楽しい雰囲気です。

c0032583_061470.jpg


外には、お手製のピザ釜もあって、焼きたてのピザをご馳走になりました。その他、たくさんのご馳走をいただきました。

c0032583_06487.jpg


音楽演奏をする方々も多数集まっていて、すばらしい楽器も見ることが出来ました。こちらは、Mr. N. がお持ちのマーチンD18ですが1929年製です。(もし間違っていたらごめんなさい。)

c0032583_0125844.jpg


こちらは、Mr. O. がお持ちのランディー・ウッドのマンドリンです。とても良く鳴る楽器でした。ネックの曲面の度合いがとてもよく、クロスピッキングを弾きやすい楽器でした。

いいなぁ。

演奏の様子は、この次にお伝えします。

(つづく)

c0032583_0171671.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-06-09 23:37 | ライブ活動

みんなちがってみんないい(野外イベント):5月25日(その3)-Pacific Express の演奏(2)

c0032583_2214738.jpg


今日も昨日に引き続き5月25日の野外イベント「みんなちがってみんないい」での Pacific Express の演奏の模様の続きをお伝えします。

今回のライブでは、何と花束を贈ってくださるお客様がいました。それも、川原に咲いている花を摘んで作っていただいた花束です。

花束をいただくだけでも驚きなのですが、その花束がとても川原に咲いている花で作られたとは思えないものでした。正にエコをテーマにしたイベントにふさわしい花束でした。

ブルーグラスやカントリーがお好き、という方で、今日ブルーグラスをやる、ということを知って、是非、ということでいらしていただいたそうです。

本当にありがたいことです。プレーヤー冥利に尽きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

生活の柄
これはブルーグラスではありませんが、高田渡さんの歌で、我々が大好きな曲の1つです。フィドルの弾き語りをしてみました。

Blue Moon of Kentucky
これも言わずと知れたブルーグラスの名曲です。野外ライブということで、随分と張り切りすぎた感じがあります。もう少し肩の力を抜いて歌ったほうが良いですよね。

Grandfather's Clock
最後は、これまたお馴染みのインストで締めました。ベースソロもやりました!!でも、マンドリンパートからテンポが速くなってしまったなぁ。注意、注意。


Pacific Express
- Guitar & Vocal: Mr. K.
- Banjo: Mr. S.
- Base: Mr. T.
- Fiddle, Mandolin & Vocal: NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

c0032583_22514661.jpg


ということで5月25日は、大変楽しい1日を過ごさせてもらいました。

演奏が終わった後は、ランチを食べるべく、いろいろな出店を物色しました。かの有名な「横須賀バーガー」というのもありました。

とてもボリュームがあっておいしそうだったのですが、メタボ予備軍としては、野菜たっぷりのメキシカンにしました。

また、来年も楽しみにしています!!

c0032583_23142174.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-05-28 22:00 | ライブ活動

みんなちがってみんないい(野外イベント):5月25日(その2)-Pacific Express の演奏(1)

c0032583_2316693.jpg


今日は、先日行われた野外イベント「みんなちがってみんないい」で我らが Pacific Express が演奏した模様をお届けいたします。

今回の Pacific Express は、ベースに Mr. T. を迎えて、一般の方にも分りやすい曲を選らんでみました。

午前中の激しい雨も嘘のように上がって、なんとなく陽もさすようなかんじになったお昼頃に演奏を始めました。

ということで、以下はその時の録音です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Introduction (Down Yonder & Foggy Mountain Breakdown
まず最初のイントロは、Donw Yonder。そして直ぐに Foggy Mountain Breakdown をやってスタートしました。

I'm On My Way Back To The Old Home
そして次は、ブルーグラスとしてはお馴染みの曲。Mr. K. のリードボーカルをフューチャーしています。

Little Cabin Home On The Hill
この曲は割りと早く演奏されることが多いのですが、今回は、マイナーを入れてゆっくりやっていました。そもそも、この曲の内容は寂れてしまった古さとの家を歌っているので、こんな感じの方が本来の内容には合っているのかもしれません。(ちょっとテナーが頑張りすぎている感じなのが残念...)

Orange Blossom Special
フィドルの超定番曲。最初から予定よりもずっと早いテンポでスタートしてしまい、ちょっと脱線しそうでしたが、なんとか終着駅まで着いた、という感じですかね。やっぱりフィドルの音程をしっかり取ることは難しいなぁ...

Pacific Express
- Guitar & Vocal: Mr. K.
- Banjo: Mr. S.
- Base: Mr. T.
- Fiddle, Mandolin & Vocal: NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

それでは、この続きは、またということで。

(つづく)

c0032583_23442388.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-05-27 23:14 | ライブ活動

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE