カテゴリ:楽器・道具類( 28 )

 

インターネットラジオからバクバク曲を落とせるソフト

c0032583_23591599.jpg


Radiotracker というソフトをご存知ですか。

このソフトは、なかなか凄いソフトで、インターネットラジオから、曲をどんどんダウンロードすることができます。

最近は、いつもインターネットラジオを聞きっぱなしでいるのですが、その曲をダウンロードできます。

昔は、ラジオに流れる曲をテープに一生懸命取ったものですが、それをまったく自動的にやってくれます。

その上、曲名や場合によっては、アルバムジャケットや歌詞までダウンロードすることができます。

1日やっていると、すごい量の曲が取れます。

曲名やアーティストの名前を指定して検索してダウンロードすることもできます。

予想していたよりも操作は簡単で、とても便利でした。すごいソフトですね。

値段も、数千円でとても手ごろです。Radiotracker のウエブサイトからは、25曲までダウンロードできるお試しバージョンをダウンロードすることもできますので、お時間のある方は是非お試しください。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-12-24 23:45 | 楽器・道具類

ロイド・ロアーに初対面、初触り!

c0032583_20235467.jpg


昨日まで、6月14、15日の世附ブルーグラスピッキングパーティーの楽しい様子をお届けしたのですが、実は、このパーティーでは、もう1つ素敵な出会いがありました。

といっても楽器との出会いです。



それは、あの伝説であこがれの
ロイド・ロアー
です!!!



ロイド・ロアーなるマンドリンは、とても有名ですが、私は拝んだこともなく、まして触ったことなど皆無。

もっとも、以前、ビル・モンローのライブをカーネギーホールで見たことがあるので、遠くから見たことはある、ということにはなるんでしょうか。

でも、今回の世附のパーティーでは、あの有名な Mr. M. がお持ちのロイド・ロアーをまじかで拝むだけでなく、なんと触らせていただくことができました。

c0032583_20284670.jpg


すいません。ロイド・ロアーを持って、満面の笑み...状態の私です。お恥ずかしい次第。

c0032583_20294089.jpg


でも、周りの人も全員ロイド・ロアーに触れて興奮していたのです。

それでは、ロイド・ロアーの細部をお見せしましょう!

c0032583_20302795.jpg


ロイド・ロアーの音は、やはり、とても深みのある音でした。特に、低音の響きは独特のもののように感じました。

c0032583_20304634.jpg


マンドリンのボディーのテール部分に向かう「そり」の部分が他のマンドリンより深いんだそうで、それが音の違いにも出ているのかもしれません。

c0032583_2031077.jpg


マンドリンのホールの奥にあるシグニチャーのところを撮ってみたのですが、ロイド・ロアーであることがお分かりいただけるでしょうか?(ちょっと、写真では良く分らないですが、正真正銘、ロイド・ロアーです。)

c0032583_20314285.jpg


c0032583_2032668.jpg


というわけで、演奏に、食事に、ジャムに、そしてロイド・ロアーに、と思い出がたくさんの世附ブルーグラスピッキングパーティーでした。

c0032583_217867.jpg


↑この手前でマンドリンを弾いている方が Mr. M. で、弾いておられるマンドリンが、ロイド・ローです。全くわかりにくい写真ですいません。なんでこんなのしか撮れなかったんだろう...

とにかく、Mr. M. ありがとうございました。

多謝多謝。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-06-18 20:21 | 楽器・道具類

お得なマンドリン弦:通販のサウンドハウス

c0032583_2340286.jpg


今日は、番外ですが、ちょっとお得な情報です。

先日、マンドリン弾きの Mr. A. にお得なマンドリン弦が手に入るという通販を教えてもらいました。

サウンドハウスといいます。以下の下線部分をクリックしていただければ、そのサイトに行きます。

サウンドハウス

ここでは、ダダリオのマンドリン弦J74が、何と700円で手に入ります。

その辺の楽器店に行くと、最近は、1500円近くしたりしています。700円であれば、アメリカで買うのとそんなに変わりません。(もちろん送料がかかりますが。)

その上、デリバリーがものすごく早く、感激しました。

先日の土曜日の午後にネットで注文したら、翌日の日曜日の午前中に宅急便でとどきました。あまりに早いのでびっくり。それも土日の週末にです。

土日にも一生懸命やっているところもあるんですよね。(私が今勤めているところも、土日に空いている銀行ですので、その苦労は分るのですが...)

お得な値段でかつとても早いデリバリーなので、お勧めかと思います。

とりあえず、ご情報まで。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-18 23:49 | 楽器・道具類

新しいフィドルを買いました!!

c0032583_0201851.jpg

実は、昨年の11月に新しいフィドルを買いました。

私としては、大枚をはたいての購入です。

買ったところは、渋谷のクロサワバイオリンです。

c0032583_0271531.jpg


非常に限られた予算の範囲内で、新品を中心に随分弾いてみて、ルーマニア製のフィドルがいいかなぁ、と思っていたところに、店員の方が委託販売の中古がある、ということで弾いてみたところ、非常に明るく、大きな音の出る楽器だったので、直ぐ買ってしまいました。

c0032583_027272.jpg


以前の持ち主は、学校の校長さんだったそうです。クラシックを弾いておられた方とか。随分と弾きこまれたようで、音が前に出てくる楽器でした。同じクラスの新品とは全く違う感じでした。

c0032583_0274059.jpg


どこの楽器か分らないのですが、店員の方の言葉を信じれば、200年くらい前の、東欧のバイオリン、ということでした。確かに、古いことは古いのかもしれない。

c0032583_0275244.jpg


予算に比べれば非常に良い楽器を手に入れられたと思っています。あんまり弾く機会がないのが残念ですが。(とにかく、音が大きいので、消音機をつけても、なかなか家の中では弾けません。)

でも、今年は、フェスにも行って頑張って弾こう!(とりあえず、心意気だけは...)

c0032583_0282311.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-01-19 00:18 | 楽器・道具類

お宝拝見: Merrill Guitar

c0032583_15531639.jpg

今日のお宝拝見は、 Merrill Guitar C-28 です。(C-28だと思うのですが、確認していません。)

ちょっと前にやった平塚のライブでご一緒したギタリストの Mr.N. 所有のお宝楽器です。

あまりギターについては、詳しくないので大きなことは言えないのですが、最近は、ギターの黄金時代と言えるのかもしれません。5千ドルから8千ドルぐらいのところで、素晴らしい音質と弾きやすさの楽器があるように思います。

これも、とても良い音を出すギターです。2弦のDを押さえる例のブルーグラスの人達が良く弾くGコードをを弾くと、独特の良い響きを出してくれます。

c0032583_15544120.jpg

正直言って、この楽器の現物を見るまで、Jim Merrill というルシアーは知りませんでした。

それにしても、同じ値段としても、Martin の新品よりは、ずっと良い音を出す楽器がたくさんあるのには、驚きます。(Bourgeois Guitars, Collings, Larrivee, SCGC 等など。)
[PR]

  by kasninoyh | 2006-11-25 15:49 | 楽器・道具類

お宝拝見:TARO の Wade マンドリン

c0032583_2021445.jpg

この間の金曜日(10月20日)は、池尻大橋のライブハウス Chad で TARO のマンドリン演奏を聴くことが出来たのですが、そのマンドリンにも触らせてもらうことができました。

TARO のあの繊細でスムースな音はどのようなマンドリンから出ているのか、と以前から興味深々だったのですが、それは、Wade のマンドリンでした。

これが、驚くほどボリュームも大きく、かつ弦がとてもよく滑べります。TARO のあのスムースなピッキングもこの楽器であれば可能なのか、と納得した次第。

私はどちらかというと力強く弾いてしまうのですが、TARO 曰く、なるべく柔らかく弾くのがコツだそうです。弦高も低めでした。

c0032583_2104626.jpg


音程も繊細で、ちょっと狂うと大きく音が外れる感じです。

とにかく弾きやすく、こまかい刻みがとてもやりやすい楽器でした。

この Wade マンドリンは、大阪の Wade Instruments で作られているそうで、今でも60万から70万ぐらいで売っているそうです。

このような素晴らしい楽器を作る工房が日本にもあったんですね。

TARO も「一目ぼれした」とのことでした。

これ、本当に素晴らしい楽器ですね。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-10-22 20:07 | 楽器・道具類

お宝拝見:Gilchrist マンドリン

c0032583_04309.jpg

お宝楽器拝見の第2弾は、私のマンドリンの師匠でもある Mr. N. がお持ちの Gilchrist です。

今や、全世界のマンドリニストの垂涎の的となっている楽器です。恐らく、現在、存命のルシアーによるマンドリンとしては、最高峰の1つなんでしょう。

お値段もうん百万円だと思われますが、もしお金があっても新品は手に入らないようです。1年位前は、年に24本から30本作って、注文のバックログは6年分、とかいう話もありましたが、現在では、注文もとっていない、という話もあるそうです。

c0032583_052020.jpg


マイク・コンプトンが、映画 O'Brother の中で弾いているのがこの楽器だそうで、デイビット・グリスマンが激賞していたことでも有名です。

ニューヨークにいた頃、Case Brothers という地元のセミプロのブラザー・デュオバンドがあったのですが、そのマンドリンプレーヤーの人が、リタイアしたお医者さんで、素晴らしいマンドリンをたくさんもっていました。

一度、自宅に呼んでもらってジャムをして、彼の所有するマンドリンのコレクションを見せてもらったのですが、もちろんギブソンの素晴らしいマンドリンもありましたが、Gilchrist のマンドリンを持っていて、とても澄んだ透明な音を出すので驚いたことを覚えています。

c0032583_0521513.jpg


マンドリンは、その柄の部分を持った最初の感覚で、どのような特性の楽器かが分る時があります。

この Gilchrist は、持った時に、とても鋭い、そして繊細な感じをさせます。ネックが細めだけれど鋼のように強いものが中に走っている、という感じです。

これが不思議なもので、弾いた時の音にも特質のものを感じさせるのです。

Gilchrist は、澄んだ、乾いたというかピーンと体に入ってくるような音を出してくれます。繊細で、ちょっとした細かいニュアンスも弾き分けられる、という感じがしました。

とにかく素晴らしい楽器です。一生手に入らない楽器でもありますね。きっと。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-10-17 23:58 | 楽器・道具類

お宝拝見:Acoustic World のマンドリン

c0032583_18471532.jpg

ブルーグラスの愛好家の皆さんは、素晴らしい楽器をお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。

このコーナーでは、このような皆さんの「お宝」楽器を拝見させていただきたいと思います。

まず、最初は、いつも Surf & Turf で一緒に演奏している若手マンドリニストの Mr. A. の所有になる Acoustic World Type Favorite です。

日本の製作家のマンドリンにも素晴らしいものがたくさん出てきていますが、その中でも Acoustic World は筆頭格の1つだろうと思われます。

携帯カメラなので画質が悪くてもうしわけないのですが、この楽器は、バランスの取れた音質です。弾かせてもらうと、ネックは割りと細めで繊細な感じで、弦を抑えた感じは、ちょっと固めの印象でした。

とにかく Mr. A. が弾きこんでいますので、冴えた音がするお宝楽器です。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-10-09 19:18 | 楽器・道具類

ムービーも撮れるデジカメ Exilim EX-Z850

c0032583_10491225.jpg

番外ですが、これは、今日買ったデジカメです。(カシオ Exilim EX-850)

ブログ用の写真は、ずっと携帯のデジカメか、10年近く前に買ったソニーのデジカメで撮っていました。

携帯のデジカメは、とても便利ですし、ブログ用にはサイズも適当なのですが、暗いところで撮るとどうしてもブレます。

10年前のソニーのデジカメは、200メガと当時としてはすごかったのですが、今となっては時代遅れとなってしまいました。でも、まだ動いているので、捨てがたいのですが。

最近は、デジカメもお手ごろ価格で相当な機能を持っていますし、できればムービーも撮りたいと思って、ずっと新しいデジカメが欲しいな、と思っていたのですが、今回、家族旅行をするに当たり、思い切って新しいのを買ってしまいました。

簡単なムービーが撮れるモデルを中心に、いろいろ検討して、最後まで迷ったのが、このカシオの Exilim Z850サンヨーの Xacti DMX-C6 でした。

c0032583_1151046.jpg


写真とムービーを同時に満たすモデルというのは、ちょっと欲張りなのかもしれませんが、ビデオレコーダーにまでは行かないけれど、PCで画像処理が手軽にできて、ある程度の質のムービーが撮れて、写真も撮れてというと、現状では、この2つのモデルとソニーのM2ぐらいなのでしょうか。

値段や機能の面で、ソニーのM2は対象から除いたのですが、カシオとサンヨーについては、結構迷いました。

カシオのモデルは、基本的にデジタルカメラで、それに強化されたムービー機能を備えているというものです。MPEG-4 での録画が可能です。唯一、残念なのは、音声がモノラルだというところです。このような小さなカメラに音質に期待はできないのですが、それでもステレオとの差は歴然です。

c0032583_1153145.jpg


一方のサンヨーの Xacti は、メモリーカードを記憶媒体とする小型ビデオレコーダーが基本コンセプトのようです。やはり、MPEG-4 で録画でき、デザインもビデオレコーダーのようでカメラではありません。こちらは、写真の機能にブレ防止がないなど、ちょっと写真の方が手薄になるようです。

まあ、どちらでもそれなりに使えるのでしょうが、結局、写真機能やディスプレーの大きさ、確立した定番のデザイン等を重視して、カシオの Exilim にしました。

まだ使い始めたばかりですが、なかなか快調です。これでムービーを撮って、ブログにもアップしてみたいと思っています。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-07-12 23:47 | 楽器・道具類

ポータブルレコーダー:Edirol R-09 をついに買ってしまいました

c0032583_022671.jpg

ずっと欲しかったポータブルレコーダーの Edirol R-09 をついに買ってしまいました。

たまたま行ったイシバシ楽器で、店員の人に、「今日入ったばかりなんですよ」と言われて、ついつい買ってしまった次第。実は、来月ぐらいまで我慢しようと思っていたのですが...

c0032583_0235225.jpg


ただ、現在、主に録音に使っている Rio DR30 が不調で、レコーダーからPCにうまくファイルが送れなくなってしまっていました。

更に、この Rio のレコーダーは、操作が非常にしずらくて困っていました。

例えば、録音のレベルがわかりずらいため、どうしてもレベルオーバーのためクリップ音が入ってしまいます。

また、マイクにも電源があり、これが小さな電池に依存しているので、頻繁にスイッチを切っておく必要があるのですが、肝心の録音の時にスイッチを入れるのを忘れて、全く録音できない、などということが2度、3度ではありませんでした。

c0032583_029164.jpg


というわけで、理由はいくらでも付けられるのですが、要するに簡単に操作できて、音質もよくて安いレコーダーが欲しかったわけです。

この Edirol R-09 は、決して安くないのですが、実際に店頭で見て触ってみて、この前の機種である Edirol R-01 より、随分、小さく、そしてとても軽くなっていて、操作性も向上しているようなので、思い切って買いました。

c0032583_0323154.jpg


まだ使い始めたばかりですから、全部が分ったわけではないのですが、まず、操作はとてもしやすいです。

録音も中央のボタンを押すだけですし、録音レベルについては、見やすいインディケーターが付いていますので、まず、失敗しないと思います。

メディアもSDカードなので、とても扱いやすく、USBでPCにつないでアップロード、ダウンロードできますし、SDカードそのものをスロットに入れてPCへ転送することもできます。

SDカードは2Gまで対応していますので、十分です。

電源は、通常の単3なので、いざというとき、コンビニで買うこともできます。

c0032583_035544.jpg


実際のフィールドで録音したのは、まだ、先日の井の頭公園でのジャムだけですが、このような野外の録音でも、とてもよく音が入っていました。

とにかく操作が複雑でないのがいいです。演奏の前というのは、ただでさえも緊張していますし、他にいろいろある中で、なかなか録音まで気が回りません。ですから、できるだけ簡単な操作で適切な録音ができる機械が必要です。

尚、別売のケースと小さな三脚も、結構使い勝手が良さそうです。

いろいろな面から、値段の点を除けば、この Edirol R-09 は、今のところ理想的なレコーダーのようです。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-05-08 01:19 | 楽器・道具類

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE