<   2005年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

11月29日は第6回目の原宿ジャムでした

c0032583_2221523.jpg


11月29日は、こんとん館での第6回目の原宿ブルーグラスジャムの日でした。

今回のテーマは、「ゴスペル」ということでしたが、知っていそうで演奏しようと思うと難しいものです。

それでも、
Amazing Grace,
Angel Band,
Back To The Cross,
Beautiful Life,
Drifitng Too Far,
I Am A Pilgrim,
I Saw The Light,
I'lll Meet You In Church Sunday Morning,
Little White Church,
Talk About Suffering,
Will Their Be Any Stars In My Crown

等を皆で歌いました!

昨日は、新しい方が2名、参加してくれました。

お一人の方が弾いてくれたフィドルの曲、 Little Rabit は素晴らしかったです。もうお一人は、5弦バンジョーでアイリッシュをやっているという方で、フィドルチューンをバンジョーできれいに弾いてくれました。

次回は、12月19日(月)となります。また、お時間のある方は、是非、お越しください。

以上
原宿ブルーグラスジャム実行委員会
c0032583_2230010.jpg

c0032583_22302422.jpg

c0032583_22304717.jpg

c0032583_223138.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-30 22:17 | 原宿ジャム

ジャム用の歌詞カード、アップグレードしました

c0032583_2101541.jpg


原宿ブルーグラスジャム用の歌詞カードの増補版ができましたのでアップします。

これは、以前アップした旧バージョンに、追加分を付け加えてアップグレードしたものです。コード進行が記載してあるのは、まだ、半分ぐらいですが、とりあえずできたところをアップします。

==================================================
★原宿ブルーグラスジャム用歌詞カード増補版
(下線をクリックしてダウンロードしてください。)

原宿ブルーグラスジャム用歌詞カード(増補版No.1: 2005年11月27日
==================================================
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-27 20:41 | 原宿ジャム

Cloud Cuckoo Band のライブ演奏(11月17日)一挙公開!(その3)

c0032583_024210.jpg


Cloud Cuckoo Band のライブ演奏(11月17日)一挙公開!の3回目です。(録音を聞くには、下線のある曲名をクリックしてください。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

Honky Cat

これは、カントリー・ガゼットのバージョンのコピーですが、作ったのは、エルトン・ジョンです。コーラスはかなり難しく、語呂も相当なものです。というわけで、正直言って、コーラスはちょっとボロボロです。この曲は、ベースがキーなのですが、録音では全く分らなくて残念ですが、ベースはなかなか良い調子になっています。それにバンジョーは、ばっちりなんで、これが救いです。

Sound Of Goodby

これまたカントリー・ガゼットの曲です。原曲は、さわやかな感じのリードがさらりと聞かせてくれますが、我々のリードはちょっと重たいし、第一、音程が高すぎて声が出ていない。第一音が一番高いところから始まる、という難しさがあるのですが、力まないと声がでないことが直ぐ分るので、この高さではちょっと無理なのかもしれません。更に、リードの歌い方がカントリー・ガゼットのイメージからかけ離れています。それにしても、高音のところでリードの声がめくれ上がってしまうのは、なんとか避けたいところです。

Lonesome Blues

これもカントリー・ガゼットの曲のコピー。題名は、Lonesome ですが、軽快な曲です。最近やり始めた曲ですが、コーラス部分が短いこともあって一番のりが良い曲かも。

Cuckoo's Nest

いつも我らがバンドが最後にやっているインストです。もともとはケルティックの曲のようですが、我々のは、ニッケル・クリークのバージョンのコピーです。本来、フィドルをフィーチャーしている曲なのですが、フィドルの音の切れがありません。録音が良くないせいもありますが、フィドルのメロディーが聞こえませんね。バンジョーとマンドリンでもっています。

===================================================

というわけで、この日(11月17日)は、全部で10曲を演奏しました。まぁ、曲ごとに課題は山積みで辛口のコメントとなりましたが、やっている本人達は楽しくやっていますので、これが第一です。それでも、最近は、だいぶ良くなってきていると思いますので(自画自賛?)、更に精進を続けていけば、もう少し聞かせられるようになってくるかと思います。

反省を込めて。それでは、また。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-26 23:42 | ライブ活動

Cloud Cuckoo Band のライブ演奏(11月17日)一挙公開!(その2)

c0032583_02892.jpg


Cloud Cuckoo Band のライブ演奏(11月17日)の続き、その2です。

Snow Ball

これは、カントリー・ガゼットのバイロン・バーラインのフィドルを中心とするインストのコピーです。バンジョとマンドリンは良いのですが、肝心のフィドルは今ひとつです。フレーズも取れていません。スピードはまあまあ出るようになったのですが、もっと練習が必要です。

Nobody Knows

これはディラーズのコピー。この歌はだいぶ以前からやっているので、慣れてきていますが、残念ながらコーラスが各所でずれています。せめて最後の「アー、アー、アー」ぐらいは決めたいものですが。リードも声がまくれ上がってしまっているし...

Tried So Hard

これもカントリー・ガゼットのコピーです。軽快な曲で、我々のコーラスもまあまあでしょうか。フィドルはちょっとひどすぎるので、次回からはやめるか、コピーをちゃんとしないといけないですね。

というわけで、前回に引き続きのライブ録音アップでしたが、次回で完結です!
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-25 22:23 | ライブ活動

Cloud Cuckoo Band のライブ演奏(11月17日)一挙公開!(その1)

c0032583_013899.jpg


Cloud Cuckoo Band11月17日のこんとん館での例月ライブの様子を録音しましたので、一挙、公開します。

音質も今一、演奏内容も今一ですが、またまた、雰囲気をお伝えできれば、と思います。

Cuckoo Bird

いわずと知れたフォークの名曲。オズボーンなどの演奏でも有名。うーん、コーラスが合うのは難しいですね。リードの音が上がるところで、どうしてもコーラスがずれてしまいます。まぁ、これが我々の音の特色といえば言えないこともない。(フィドルもずれてる。)

Don't Think Twice It's Alright

これも言わずと知れたボブ・ディランの名曲。一応、コーラスはPPMのバージョンを基にしていますが、キックオフやブレーク等はオリジナルです。コーラスはだいぶ良くなってきたのですが、語呂があってくれば更に良いかなぁ。それにしても、キーが低すぎてリードが聞こえないのは致命的です。

I Don't Belive You've Met My Baby

これも言わずと知れたルービン・ブラザーズの名曲。カントリー・ガゼットのバージョンのコーピーなので、男性が主人公の歌詞です。コーラスが売りの曲ですが、テナー部分があまり良く聞こえない(?)。これは、そもそもなかなか難しい曲です。それにしても、ルービンの原曲は素晴らしいハーモニーを聞かせてくれます。これは声の質が兄弟で合っている、ということが大きな要素なんでしょうか。

というわけで、実際のステージとなると、練習の時の何分の1の力しか出ないものです。まだまだ実力が出せていない。

続きは明日にアップします。乞うご期待?!
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-24 22:02 | ライブ活動

Tokyo Mud Steppers: 3:40pm on Thursday

c0032583_23254429.jpg


今日ご紹介するCDは、身近なアーティストの自主制作CDです。

Tokyo Mud Steppers というギターとマンドリンのデュオのCD、"3:40pm on Thursday" です。

マンドリンを弾いているのは、こんとん館でもお馴染みの期待の若手マンドリンニスト、「安部ちゃん」です。

このCDは、彼らにとって2枚目だと思うのですが、今回のCDは、前作より更に良くなっていると思います。3曲入ったプチCDですが、安部ちゃんのオリジナルが2曲入っています。

CDカバーのデザインも油絵でしょうか、なかなか素敵です。

1曲目は、どこか、押尾コータロー的なところがある「針葉樹」という曲。

2曲目は、これも押尾コータローっぽい「melting snow」

3曲目は、なんとなくジェスロ・バーンズを思わせるような、オールドタイミーなジャズ風の「忘れる男」です。わざと、昔の古いレコードをかける時に聞こえる雑音を入れたりして、感じを出しています。

今の若い人の好みというのは、こういった感じの曲なんでしょうか。落ち着いたイージーリスニングのアルバムになっています。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-23 23:26 | CD・DVD・Podcast

アイリッシュ・ティン・ホイッスル:Sean Ryan のコンサート(11月20日)

c0032583_21135356.jpg


昨日、11月20日は、いつもこんとん館でお世話になっているMr.Iのおさそいで、アイルランドのティン・ホイッスルの第一人者、Sean Ryan のコンサートに行ってきました。

場所は、藤沢のインタープレイというライブハウス。60人くらい入れるスペースのなかなか感じのいいお店でした。

c0032583_21215167.jpg


Sean Ryan は、小太りのおじさん、という感じでしたが、そのティン・ホイッスルは、素晴らしくキレのいい音を出します。細かいトリルやスライドが何ともいえない味をだしていました。

ティン・ホイッスルというと金属製のたて笛を連想するのですが、彼がつかっていたのは、エボニーかプラスティック製の笛でした。どうしてこのような笛を使っているのか、と休憩時間に彼に聞いてみたのですが、「この方が木の音に近くて好きなのだ」という答えでした。

c0032583_21141372.jpg


日本人でアイリッシュ・フルート等の第一人者である守安ご夫妻が一緒に演奏されました。アイリッシュ・ダンスをやる方々も来ていて、いろいろな形式のダンスを披露してくれました。

守安さんの軽快なMCもあって、とても楽しい時間が持てました。

それにしても、日本人は、いろいろなことに興味を持ってやっていますね。自分の国の音楽はあまり知らないのですが、ブルーグラスだとかアイリッシュとか、よくやるなぁ、本当に。

c0032583_21142661.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-21 21:15 | ライブ・フェスレポート

Grasswings のライブ録音(11月9日)

c0032583_1202628.jpg


今日は、この間の11月9日にこんとん館でやった Grasswings のライブ録音を一部アップいたします。

またまた、音質は良くないのですが、臨場感をお伝えできればと思います。

Back In The Saddle Again
我らが Grasswings が誇る「超若手バンジョープレーヤー」 Tatsuya の歌をフィーチャーして、カントリーの名曲です。Tatsuya のバンジョもなかなかでしょう?。彼のバンジョーは独学だそうですが、ドン・レノ/エディー・アドコックばりのメロディックバンジョを弾き、デキシー風も得意です。もっともっと成長して欲しい期待の若手です。(バックのメンバーは、やったことがない曲をいきなりやったので、少しコードが違っていますが、お許しを。)

I Wonder Where You Are Tonight
おなじみの曲ですが、年齢相応にゆっくりめでやっています。

Black Mountain "Nag"
我らが Grasswings が誇る「超熟年ギタリスト」Nag のギターをフィーチャーした Black Mountain Rag です。題して、Black Mountain "Nag"。途中でギターの弦が切れたのに最後まで弾いていました。ところで、出だしは何のキーで始まったのか分らず、伴奏が別のコードを弾いたりしていますが、これが「超ジャムバンド」のいたしかたないところです。

Blue Moon Of Kentucky
再度、「超若手バンジョープレーヤー」 Tatsuya の歌をフィーチャーして Blue Moon Of Kentucky です。プレスリーみたいなアップテンポバージョンでした。

まったく練習なしの「超ジャムバンド」 Grasswings でした。失礼しました。

○Banjo: Tatsuya
○Guitar: Nag
○Base Fiddle: Frank
○Mandolin: NINO
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-20 11:46 | ライブ活動

Chad のブルーグラスデー:11月18日

c0032583_22531076.jpg


11月18日は、池尻大橋のライブハウス「Chad」のブルーグラスデーでした。

昨日は、ラッキーなことに笹部さんが来ていました。

数曲、笹部さんのすばらしい歌を聞いた後、またいつものようにお客さんが、入れ替わり立ち代り演奏しました。

ジンさんのバンドも演奏しました。

私は、Mr.S.のおさそいで、アショーカン・フェアウエルをツインフィドルでやらせてもらいました。

また、笹部さんがギターをあわせてくれて、 Big Country と Bluegrass Twist をマンドリンで弾きました。どちらの曲も、日本に帰ってきて人前では久しぶりに弾く曲です。 

昨日のチャドは、人も少なめであったこともあり、比較的静かな?夜で、結構、落ち着いて演奏できてよかったです。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-19 22:54 | ライブ活動

Cloud Cuckoo Band の定例ライブ:11月17日

c0032583_2315989.jpg

(↑いつも第3木曜日に一緒にやっている長さんバンドの演奏の様子です。)

11月17日は、こんとん館での Cloud Cuckoo Band の例月ライブでした。

この間の週末の軽井沢フェスの疲れが多少残っていた感じがしますが、演奏した曲目は、軽井沢フェスのメニューが中心でした。

この日も、宮前ゆきさんが来ていました。もう彼女は、レギュラーですね。カントリーを2曲歌ってくれました。

c0032583_2321083.jpg

(↑こちらも、いつも第3木曜日に一緒にやっているMs.Kのバンドです。)
[PR]

  by kasninoyh | 2005-11-18 22:35 | ライブ活動

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE