<   2005年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

2005年の出来事

c0032583_184888.jpg


ついに2005年も最後となりました。

このブログも今年の1月から始めたので、1年になります。いろいろお世話になりました。

ところで、今年もいろいろな事がありました。

世の中的には、耐震偽装の問題や、小さな子供が殺されたり大きな鉄道事故があったり、ぶっそうになっています。本当に「安全」が問われた年でした。

ブルーグラスの方でも、バッサー・クレメンツジミー・マーティンが亡くなったり、ブルーグラスではないけれど高田渡さんが亡くなったり、ついこないだは、本田美奈子さんが急逝されました。

でも、明るい話題もたくさんありました。

まずは、株価が1万6千円を超えたことで、これは大きなことです。ミニバブルではないか、とかいろいろ話はありますが、この調子で新年も上昇していってくれたらいいですね。ついでに、金利はあまり上がらずにいてくれた方が経済全体にはいいかも。でも、これでは金利がまったくつかないので、日本からお金はどんどん海外へ出て行くでしょうね。だから、来年も円安ドル高の傾向でしょうか。もし、長期金利が上がり始めてしまったら、日本国債の方がやばくなってくるかもしれませんね。でも、これは本当にわかりません。

ちょっと堅い話になってしまいましたが、明るい話と言えば、今年は若い女性の活躍が目立ちました。

ゴルフでは、宮里藍横峰さくら諸見里しのぶ等、そしてマラソンでは、高橋尚子の東京国際女子マラソンでのぶっちぎりの1位がありました。

ブルーグラスの方でも、若いミュージシャンがたくさんでてきた年ではないかと思います。

クリス・シーリーらのニッケル・クリークは引き続き大活躍ですし、キング・ウイルキーのような若い人たちがトラッドはブルーグラスをやって人気を得ています。

日本でも、若い人たちの活躍が少し見えているような気がします。

日本のブルーグラスにも、どんどん若い人たちが入ってきてくれれば良いですね。そして、我々旧世代も一緒になって盛り上がっていければと思います。

今年もいろいろご苦労様でした。そして、来年もいい年でありますように、お祈りしております。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-31 23:30 | 番外編

MoonShiner 誌1月号に原宿ジャムが紹介されました!

c0032583_0241638.jpg


ご存知のブルーグラスについての唯一の月刊誌 MoonShiner 誌1月号に、原宿ブルーグラスジャムのことが紹介されました。

c0032583_0405881.jpg

↑このように、思ったより大きく、1ページを使った記事にしてくれたようです。

これは、今年の6月から、原宿のこんとん館で始めた「原宿ブルーグラスジャム」について、MoonShiner 誌の巻末にあるイベントカレンダー「Concerts & Festivals」に掲載してもらおうと、編集者の渡辺三郎さんにメールしたところ、簡単な紹介記事にしよう、とおっしゃってくださったので、このような形になったものです。

写真がうまくとれなかったので渡辺さんにはご迷惑をおかけしたのですが、このように表題のところにうまく使っていて、さすが、という感じです。記事の中身は全く単純なジャムの紹介です。

ところで、渡辺さんは、以前、私がニューヨークのビレッジで毎週水曜日の夜にアイリッシュ・パブでやっているジャムに参加していた時、いきなり入ってこられたことがありました。結局その時は演奏してくれなかったのですが...

さて、お時間のある方は、是非、ジャムにお立ち寄りください。ちなみに1月のジャムは月末31日の予定です。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-30 23:33 | 原宿ジャム

最小のプラクティスアンプ:JamPlug

c0032583_031660.jpg


今日は、この間見つけたとても小さくて安価なプラクティス用のギターアンプ: JamPlug をご紹介します。

夜中でも家族に迷惑をかけないようにマンドリンが弾けるようにということで、以前、エレキマンドリンを買ったのですが、アンプをいちいち付けたりするのが結構面倒であまり使っていませんでした。自分ひとりで練習する分には、小型のヘッドフォンアンプの方が使い勝手がいいです。

そこで、安価なヘッドフォンアンプも買ってみたのですが、普通のオーディオ用のヘッドフォンアンプでは、楽器の出力が小さすぎて用をなさないようです。

それでいろいろと探していたら、このようなとても小さくて安価なヘッドフォンアンプがありましたので、さっそく買って使ってみました。(5千円ちょっとで買えます。)

c0032583_034227.jpg


上の写真のように、この JamPlug は、プラグに先に小型のアンプを付けたような形になっています。エレキマンドリンのプラグへそのまま差し込んでヘッドフォンで聞きます。

リバーブもなにもなく単なるシンプルなヘッドフォンアンプですが、とても小さいので使い勝手がいいです。音質はそれなりですが、使いたいときにさっと使えるのは便利です。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-27 23:47 | 楽器・道具類

本田美奈子のジュピター

c0032583_0125051.jpg

今日もちょっと脱線です。

先日、平原綾香の Jupiter に触れましたが、この間急に亡くなってしまった本田美奈子ジュピターもいいですね。

正直言って、本田美奈子という人については、「そんなアイドルがいたな」というくらいの認識しかありませんでした。この人がこんなに暖かい声で、素晴らしいソプラノと声量、ロングプレスで歌う人だとは全く知りませんでした。

本田美奈子は、11月6日の午前4時38分に亡くなっています。たまたまですが、私は、その11月6日の深夜、要するに11月5日の夜遅く、たまたまアメイジング・グレイスの音源を捜さなければならないので、あちこちネットを検索していたら、この本田美奈子のアメイジング・グレースに行き着きました。

ちょっと視聴したら、とても素晴らしいのでびっくりしました。ところが、翌日になって、この本田美奈子がなくなった、それも丁度私がアメイジング・グレースに行き着いた少し後に亡くなっていた、ということが分り、2度びっくりでした。

まったく、たわいのないことではありますが、ちょっとしたセレンディピティ状態でしょうか。

その後、このジュピターも見つけて、またネットで買ってダウンロードしました。

本田美奈子も、亡くなってから更に人気が出て、CDも売り切れ状態のようですが、私も以前は全く知らなかったので、残念な感じです。なくなってから気がつくということは往々にして多いのですが、本田美奈子もそのようなケースなんでしょうか。

ソプラノは、天を突くような鋭くとがった歌い方をする歌手が多いように思いますが、この人のソプラノはやわらかく温かいので、独特です。

それにしても、神様は、素晴らしい人ほど、早く天へ召されてしまうんでしょうかね。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-25 23:12 | ブルーグラスの曲・歌詞

こんとん館のクリスマスパーティー:12月21日

c0032583_23491380.jpg


12月22日は、こんとん館のクリスマスパーティーでした。

5、6のグループが、3曲ぐらいづつ演奏しました。そして、恒例のビンゴとプレゼント交換をやって11時を過ぎてもまだまだ続いていました。

私は、明日があるので、この辺で失礼しましたが、楽しい一晩でした。

c0032583_23504423.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-23 23:40 | ライブ活動

平原綾香 Jupiter の英語バージョン: The Voice

c0032583_23521660.jpg


今日は、全くブルーグラスではないのですが、今はまっている曲を1つ。

ちょっと前に大ヒットした曲に、平原綾香の Jupiter がありますが、この英語バージョンがあるのはご存知でしょうか。The Voice という別の題名が着いています。

私は良くしらないので間違っているかもしれないのですが、この Jupiter は、ホルストの曲を元に日本でヒットした後、他の国でも注目されたようです。

先日は、インターネットラジオでアイリッシュのようなアレンジも耳にしました。これがとても良かったので、ネットでいろいろ探していたら、そもそも平原綾香自身が英語で歌っているバージョンがあることが分りました。

さっそく、音楽のサイトで聴いてみたら良かったので、200円なりで買ってみました。

ネットの力はすごいですね。このように音楽の場合は、気に入った時に直ぐ買えるので非常に便利です。ただ、音質はそれなりですが。

この英語版の The Voice の歌詞は、日本語版の Jupiter と内容が随分変わっています。英語版の方が、もっと強いメッセージがこめられているような感じがします。

一方、日本語の方の歌詞は、ユングの心理学(集団的無意識)や最新の量子力学に基づく宇宙観、更には禅で言うところの心身脱落にも通じるようなところがあって、なんとも興味津々です。

このような歌詞が多くの人の心を打ったということも、興味のそそられるところです。

The Voice

Eveyday I listen to my heart
In times when I can't see
When my faith is nowher to be found
I trust the voice in me

So when you'r lost wishing for an angel
Or a hand to pull you through
When the world is onn your shoulder
Just trust the voice in you ....

以上は、この英語版の The Voice のごく一部分ですが、迷ったり困ったりした時、心の奥底の自分の声を聞きなさい....というメッセージです。

これブルーグラスにならないかなぁ。結構、バンジョーが合うかもしれないと思ったりしているのですが、かなり無理かなぁ。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-21 23:41 | ブルーグラスの曲・歌詞

第7回目の原宿ブルーグラスジャム:12月19日

c0032583_113620.jpg


12月19日(月)は、恒例の原宿ブルーグラスジャムの日でした。

c0032583_1132777.jpg


月曜日でとても寒い日でしたが、10名程度のご参加をいただき(最年少はゼロ歳の赤ちゃん!)、楽しくジャムりました。

c0032583_1133838.jpg


12月なので、一応、テーマは「クリスマスの曲」ということだったのですが、とにかく、ブルーグラスにはクリスマスの曲は少ないので、もっぱらやりたい曲をどんどんやっていきました。

c0032583_113558.jpg


それでも、ブルーグラスの中のクリスマスソングとしては有名なChristmas Time Is Coming をやってくれる方がいました。

c0032583_114995.jpg


例のごとく日ごろの鬱憤はらし、という感じで7時半過ぎから11時まで、ほとんどぶっ通しで演奏しました。

c0032583_1142588.jpg


さて、来月1月のジャムは31日の予定です。お時間のある方は、是非、お寄りください。

c0032583_1145590.jpg


尚、来月1月の MoonShiner 誌に、このジャムのことが少し(ほんの少しです)紹介される予定です。

c0032583_1151196.jpg

c0032583_1165444.jpg

c0032583_117878.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-20 22:09 | 原宿ジャム

ブルーグラス忘年会:12月18日

c0032583_10253642.jpg


昨日18日は、湘南地区や東京の西部で活躍しているブルーグラスの方々を中心とした忘年会に参加させてもらいました。

場所は、新宿の某ライブ施設で、地下に20人くらいが収容できるこじんまりとしたライブステージでした。

バンドごとに演奏して楽しいひと時でした。私も、Rise & Shine のメンバーと演奏させてもらいました。実は、今日、新しい弓を手に入れたのですが、その引きおろしでもありました。

c0032583_1027514.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-19 22:10 | ライブ活動

米国ブルックリンの若手バンド The Cobble Hillbillies

c0032583_1548023.jpg


今日は、米国ブルックリンで活躍する若手セミプロ・ブルーグラスバンド The Cobble Hillbillies をご紹介します。

彼らは、私がニューヨークに勤務していた頃、よくジャムやピッキングパーティーをやった人達です。当時から一緒に演奏していましたが、最近は、益々まとまりも強くして、あちこちでライブをやっているようです。

c0032583_160508.jpg


最近はCDも出したようで、ネット上で少し聞くことが出来ます。全部オリジナルです。なかなかの演奏です。ハーモニーにもっと磨きがかかったら、本当に素晴らしくなると思います。

マンドリンの Danny は、私がジャムで会った頃は、まだマンドリンを始めたばかりといった感じでしたが、もうすごいピッカーになっているようです。年は離れているのですが、妙に気があった人の一人です。

バンジョーの Ron は、このグループの中では、年上の方です。以前からバンド活動をしていたベテランで、メロディックで安定したピッキングをしています。

リードボーカルは、このバンドの広報担当でもある Brad です。彼は、ジャムの時に私の演奏を認めてくれていた数少ない(?)人の一人です。フラットピッキングの腕も相当に上がったようです。

ベースの Rob は、一番の若手ですが、大きなベースを持って、私のNYでのラスト・ジャムに付き合ってくれたのを思い出します。

フィドルの Jason は、すごい弾き手です。ジャンルに関係なく何でも弾きます。クラシックもジャズもカントリーも何でも来いという感じ。

このバンドの特徴は、ハーモニカが入っていることです。Johnathan が吹いています。このハーモニカは、以前から良かったのですが、一層うまくなっています。

彼らは、いまだにライブの時にはメールを送ってくれるのですが(要するにメールリストをメンテしていない?)、ずいぶんとあちこちでライブをやっています。ニューヨーク/ブルックリンでもブルーグラスを聞く人達が増えてきているんでしょうかね。

それにオリジナルをしっかり作ってきているのがいいです。単なるコピーバンドではなく、個性を出そうとしています。

彼らのウエブサイトは以下の通りです。ここで彼らの演奏を少し聴くことが出来ます。ご参考まで。

http://www.cobblehillbillies.com/
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-17 15:42 | ブルーグラスプレーヤー

Cloud Cuckoo Band の定例ライブ:12月15日

c0032583_15291492.jpg


12月15日は Cloud Cuckoo Band のこんとん館での定例ライブでした。こんとん館では、前日に引き続いて、連続の出番でした。

今回は、ほとんど前回と同じナンバーでいしたが、1つだけ新しい曲をやりました。Teach Your Children です。練習したのがちょっと前でしたので、出来は今ひとつでしたが、この次は大丈夫でしょう。

c0032583_15293864.jpg


その他、この日の 「Cさんバンド」は、何とペタルスチールギターに、フィドルの大御所、Mさんも来ていて素晴らしい音を聞かせてくれました。それにもう恒例となった宮前ゆきさんの歌があって、もう完全にカントリーバンドになっていましたね。カントリーもいいです。

Ms.K+ブリハッチーも素晴らしいコーラスに更に厚みを付けて、なかなかいい歌を聞かせてくれました。彼らの進化は大変なものです。やっぱり、歌が一番です。

ところで、この日は、偶然に30年前の大学時代のフォークソング研究会の先輩にお会いしました。一緒にオープンマイクセッションをやって、いろいろ昔のことなどを話し、私としては、とても楽しい一晩でした。
[PR]

  by kasninoyh | 2005-12-16 23:30 | ライブ活動

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE