<   2006年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

3月29日は原宿ジャムの日でした!(その1)

c0032583_23391765.jpg

3月29日(水)は、原宿ブルーグラスジャムの日でした。

この日は、随分とたくさんの方にお集まりいただきました。その上、半分以上が始めてご参加いただく方々でした。お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました。

c0032583_23543535.jpg


おかげさまで、いつも熱気むんむんのセッションなのですが、いつもよりもずっとムンムンしていたような感じがしました。

今月のテーマは、「フラット&スクラッグス」ということにしましたが、やはり、とても人気があるようで、「今日はフラット&スクラッグスをやるので来てみた」という方も何人かいらっしゃいました。

c0032583_23551328.jpg


やっぱり、良い曲がたくさんありますよね。以下が、この日に皆でやった曲の一部です。

Before I Met You
Down The Road
Salty Dog
Some Old Day
We'll Meet Again Sweetheart
Why Don't You Tell Me So
Your Love Is Like A Flower
c0032583_23555254.jpg


それにバンジョー曲もトライしました。

Randy Lynn Rag
Foggy Mountain Special
Flint Hill Special
Shucking The Corn
Dixie Breakdown
(これはスクラッグスではないけれど...)

まだまだたくさんあります。

c0032583_23561495.jpg


毎回、このジャムのテーマを選んで、曲の準備などをするのですが、いかに自分が知らないかがよくわかります。今回も、フラット&スクラッグスの曲を整理してみて、「あぁ、これがそうか」という曲がいくつかありました。

まだまだ勉強が足りませんが、私としては、このジャムの準備も結構楽しいものになっています。

c0032583_23563733.jpg


この日も、7時ぐらいから始めて、途中の休憩10分を挟み(休憩といっても、みなさん、演奏を休みません)、10時半まで、ほぼぶっ通しで皆で大声で歌ったり、楽器の演奏をしたりして、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

いつもお集まりいただく皆さん、そして、今回、初めておいでいただいた皆さんも、本当にありがとうございました。

c0032583_2357754.jpg


今回は録音してみましたので、後日、音源をアップしたいと思います。

来月は、4月19日の予定です。お時間のある方は、是非、お寄りください。お待ちしております。

(PS:今回はブレた写真ばかりですいません...)

以上
原宿ブルーグラスジャム実行委員会
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-31 23:59 | 原宿ジャム

Back In Town ブルーグラスナイト:3月28日

c0032583_21431633.jpg

3月28日は、恒例のバックインタウンでのブルーグラスナイトでした。

この日は参加バンドも少し多く、賑やかでした。

我々、クラウドクックーバンドは、これまでやったレパートリーの中から、演奏しました。演奏メニューは、以下の通りです。

We Can Work It Out
Go My Way
I Don't elieve You've Met My Baby
Honky Cat
Turn! Turn! Turn!
Home
Sunday Sunrise
Ginseng Sullivan
Cuckoo's Nest

Ginseng Sullivan では、我らが女性ギタリストのソロ・ブレイクがありました!本邦初公開!

c0032583_21482193.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-30 21:42 | ライブ活動

The Gentlemen のステージ:3月27日

c0032583_0281327.jpg


3月27日は、ロッキー・トップに、ジェントルメンのライブを見に行きました。

この日は、アメリカに居た時にオリエントエクスプレスというバンドで一緒に演奏していたN氏が東京に来れたということで、いつも原宿ブルーグラスジャムでご一緒している同じく元オリエントエクスプレスメンバーのM氏のお誘いで、3人でこのライブを見に行きました。

N氏は以前から、ジェントルメンのマンドリンの本間さん、ギターの須貝さんとはお知り合いです。

本間さんのマンドリンはいつもの通り、超パワフルでした。カントり-・ジェントルメンに対するこだわりもいつもの通りでした。

c0032583_03631.jpg


この日は、何と、フィドルの岸本一遥さんがゲスト参加していて、素晴らしいフィドルを聞かせてくれました。やっぱり、岸本さんのフィドルが入ると、レベルがぐぐっと上がります。

やっぱり、カントリー・ジェントルマンにフィドルが入っていなかったことは、東京のブルーグラス界にとって痛手でしたよね。(彼らにフィドルが入っていたら、フィドル人口ももっと増えていたでしょうに。)

更に、ベースにはジョン藤村さんが入っていて、素晴らしいメンバーでした。

3ステージ目のゲストタイムでは、オリエント・エクスプレス・リユニオンということで2曲ほどやらせてもらいました。岸本さんにもジョインしていただき、一緒に演奏していただき、感激でした。

c0032583_037483.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-29 00:24 | ライブ・フェスレポート

Flatt & Scruggs (その3):バンジョー曲

c0032583_0402216.jpg


明日(3月29日)は、原宿ブルーグラスジャムの日です。

テーマとして、Flatt & Scruggs を取り上げるとなれば、やはりバンジョーの曲を忘れるわけにはいきません。

以下に、主要な、正にみんなが知っているバンジョー曲をリストしてみました。

Foggy Mountain Breakdown
Foggy Mountain Chimes
Foggy Mountain Special
Sally Ann
Cripple Creek
Ground Speed
Home Sweet Home
Loneseome Road BLues
John Henry
Randy Lynn Rag
Flint Hill Special
Reuben
Cumberland Gap
Sally Goodin
Dear Old Dixie
Earl's Breakdown
Shucking The Corn

まだまだあるんだと思いますが、とりあえずアール・スクラッグスの書いたバンジョー教本 "Earl Scruggs And The 5-String Banjo" に載っている曲をリストしてみました。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-28 23:29 | ブルーグラスプレーヤー

Flatt & Scruggs (その2):主要曲

c0032583_23272018.jpg

今月の原宿ブルーグラスジャムのテーマは、フラット&スクラッグスの曲です。

そこで、とりあえず、彼らの主要なレパートリーをリストしたいと思います。

と言っても、たくさんありますので、これは、ほんの一部でです。少なくとも、これくらいはやらなければならない?これに加えて、バンジョーの定番がたくさんありますしね。

Ballad Of Jed Clampett
Before I Met You
Come Back Darling
Cora Is Gone
Dim Lights Thick Smoke
Don't Let Your Deal Go Down
Down The Road
God Loves His Children
Head Over Heels
I'd Rather Be Alone
I'll Never Shed Another Tear
I'm Waiting To Hear You Call Me Dearling
Is It Too Late Now
My Cabin In Caroline
My Saro Jane
No Mother Or Dad
Old Home Town
Salty Dog
So Happy I'll Be
Some Old Day
Somehow Tonight
Take Me In Your Life Boat
Till The End of the World Rolls Round
We'll Meet Again Sweetheart
Why Don't You Tell Me So
You Are My Flower
Your Love Is Like A Flower

それでは、お時間のある方は、3月29日(水)のこんとん館での原宿ブルーグラスジャムでお会いしましょう!
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-27 23:03 | ブルーグラスプレーヤー

プライベートパーティー:3月24日 (その3)ライブ録音第1ステージ

c0032583_23164993.jpg

今日は、先日(3月24日)にやった私のプライベートパーティーでの録音の一部をアップいたします。

とりあえず、第1ステージの曲です。ここでは、ブルーグラスを知らない方々のために、一般的な曲を主体にやりました。

録音の質は、例のごとく良くなくすいません。私の送別会ということもあり、わがままにやれせてもらいました。ボーカルはそれなりですが、内輪のパーティーということもあり、拍手だけはしっかりしてくれました。やっぱりバンジョーが光っています。

★第1ステージ

(下線部分をクリックしてください。お手元のPCにMP3プレーヤーが入っていれば録音を聞くことができます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

バンジョー&バリトン: H氏
ギター&リード&テナー: K氏
ベース: M氏
マンドリン&フィドル&リード: NINO


Day Break In Dixie

お馴染みのマンドリン曲です。思ったより随分スピードが速くなってしまいました。どうしても早くなるのが私の悪い癖です。H氏のバンジョーが、マンドリンのメロディーにハーモニーをつけてくれるところなんかが憎いですね。

おじいさんの古時計

最初のソロがまたまた随分と早いテンポとなってしまいました。マンドリンだけで歌うというのは結構難しいものです。ベースソロが光っています!

Jambalaya

お馴染みのカントリーをK氏のリードボーカルでやってもらいました。録音のレベル調整がうまくいっていないため、音が歪んでしまっていてすいません。とてもパワフルなボーカルでした!

Randy Lynn Rag

これもお馴染みのバンジョー曲ですが、そのテンポと乗りが絶妙です。バンジョー自身も当然なのですが、一緒にソロを取らしてもらっても、その良さが乗り移るかのように、安定して弾くことが出来ます。どういうわけなんでしょうね。ブルーグラスも決して早く弾けば良いというものではない、ということです。(反省、反省)

Red Wing & Turkey In A Straw

ブルーグラスに馴染みのない方に、聞いたことがあるフィドルの曲をお届けする、ということで Red Wing と Turkey In A Straw を続けて演奏してみました。

Banks Of The Ohio

ブルーグラスとしては超有名で誰でもやる曲ですが、今日のお客さんにとっては、初めての曲だったと思います。人殺しをテーマにした歌がある、ということが以外だったようです。ベースがとても軽快な素敵なリズムを刻んでくれています。

Tennessee Waltz

ファーストステージの最後は、ゆっくりしたワルツで締めました。しかし、これはボーカルに力が入りすぎていて声がめくれ上がってしまっています。もう少し肩の力を抜いて歌うべきですね。細かいバンジョーのバックアップで、へたなボーカルが随分と助けられています。

ということで、これで第1ステージが終わりました。第2ステージについては、後日またアップしたいと思います。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-27 21:14 | ライブ活動

プライベートパーティー:3月24日 (その2)

c0032583_2249419.jpg


先日3月24日のプライベートパーティーの様子の続きで、一緒に演奏していただいたメンバーをご紹介します。

まずは、バンジョーの先生のH氏には、お忙しいスケジュールの中、たまたま空いていたこの日に無理して出ていただきました。

Randy Lynn Rag、Dear Old Dixie、Dixie Breakdown 等など、お馴染みの曲ばかりをお願いしましたが、この独特のリズムの良さ、乗りの良さ、というのは、味わってしまったらなかなか抜けられないものです。やはりプロのすばらしさです。(当たり前か。)

c0032583_22534196.jpg


そしてギターをお願いしたのは、原宿ブルーグラスジャムでご一緒していただいているK氏。

この方も非常にお忙しいのですが、タイトなスケジュールの中を、この金曜日の晩のセッションに付き合っていただきました。ギターソロもテナーボーカルもリードも、パワフルにのりのりでやっていただきました。ステージを大いに盛り上げていただきました。

c0032583_22561072.jpg


ベースは、いつもクラウドクックーバンドでご一緒させていただいているM氏です。

この方も非常にお忙しいスケジュールの中、この日は、一番に来てくれました。以前も別のプライベートパーティーで一緒に演奏したことがあるのですが、この日もその時にやった「おじいさんの古時計」のベースソロをびたっと決めてくれました。やっぱりライブでは、ベースがベースです。

c0032583_22592524.jpg


そんなことで、この日は、わがままを言わせてもらい、私のボーカル中心にいつもやっているジャムソングを演奏しました。このメンバー全員では、一回も一緒にやったことのはなかったのですが、それなりに楽しい演奏ができました。

バンドの皆さん、お忙しいところご無理をお願いしましたが、ご協力、本当にありがとうございました。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-25 23:00 | ライブ活動

プライベートパーティー:3月24日(その1)

c0032583_22362287.jpg


3月24日の金曜日の夜は、プライベートピッキングパーティーを開きました。

これは、私の異動に伴う歓送会を兼ねたもので、会社の同僚に来てもらいブルーグラスで盛り上がりました。

演奏をお願いしたのは、バンジョーの先生のH氏ギターにはジャムでご一緒しているK氏、そしてベースには、我らがクラウド・クックー・バンドのM氏の皆さんです。

c0032583_22451637.jpg


このメンバーで一緒に演奏したことはなく、今回も、まったく練習なしでしたが、ジャムソングを中心にやりましたので、全く問題なく演奏を楽しむことが出来ました。

特に、プロのバンジョー・ピッカー、H氏に無理してお願いした甲斐があり、リズムのしっかり演奏できました。やっぱり、えらく違うものです。

聴衆の皆さんは、ブルーグラスなど聞いたこともない人達ばかりでしたので、一般に知られている曲を多く交えながらの演奏となりました。内輪ということもありましたが、結構、みんな楽しんでくれたのではないか、と思います。

録音もしましたので、一部をアップしたいと思います。

c0032583_22474284.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-24 23:34 | ライブ活動

Flatt & Scruggs (その1):ビル・モンローの三角関係とバンド離脱

c0032583_21222183.jpg


今月の原宿ブルーグラスジャムでは、Flatt & Scruggs の曲をテーマに取り上げたいと思っています。

そこで、Flatt & Scruggs にまつわる話題などを少し取り上げたいと思います。

Flatt & Scruggs については、いろいろな話があるのですが、中でもビル・モンローのブルーグラス・ボーイズからの脱退は、いまだに語り草になっているのかと思います。

Lester Flatt も Earl Scruggs も、もちろん、ビル・モンローのことを大変尊敬していたわけですが、二人でグループを離脱したのには、いろいろな訳がありそうです。

何が正しいのか、いろいろな説があるようなのでよく分りませんが、1つ思い白い話は、ビルの愛人関係が彼らの離脱に関係していた、という話です。

彼ら二人が離脱したのは、1948年の2月と3月ですが、この頃のビル・モンローは、一つの絶頂期だったようです。ビルは、グランド・オープリーのスーパースターでもありました。

ただ、一方で、バンドメンバーとしては、ツアーずくめの生活や、ペイの問題もあったようなのですが、もう一つ、Earl を悩ましていたのが、ビルとその愛人、ベッシー・リー・モールディン、そして彼女の夫のネルソン・ガンの三角関係でした。

c0032583_2136467.jpg

    ↑一番左のベースを弾いているのがベッシーです。だいぶ後年の写真です。

ビルとベッシーとの関係というのは、ついたり離れたり、いろいろと複雑なようですが、この頃は、ベッシーとビルがよりを戻したところで、ハイウエーパトロールの警官だったベッシーの夫のネルソンが妻を取り返そうと割って入るような複雑怪奇な状況だったようです。

ビル達は、あの有名な "Blue Grass Boys" と書かれた長いリムジーンでツアーのためにあちこち旅をしていたわけですが、相当なスピードで飛ばしていたようで、いつハイウエーパトロールのネルソン・ガンに捕まってしまうか、とびくびくしていたそうです。

その上、もしネルソンに捕まったりしたら、リムジンの中には、ネルソンの妻であるベッシーがビルと一緒に乗っていたりするわけですから、カッときたネルソンと、いつ何時、撃ち合いのようなことにならないとも限らない、というようなぶっそうな状況だったようです。

Earl は、それやこれやで、このような生活が嫌になり、 Lester より先にやめてしまいます。

Lester も1ヵ月後にビルの元を去るのですが、ビルは、随分と引きとめ工作をしたようです。

Lester は、「お金が問題ではなく、とにかく自分でバンドをやってみたいのだ」、という説明をして離れて言ったようです。

ビルは、最後には、Lester の奥さんにも引止めを依頼したようですが、奥さんから、夫が独立してやってみたいと言っているからそれに賭けてみたい、と言われて、ついにあきらめざるを得なかったそうです。

ビル・モンローにとって、ベッシーという女性はいろいろな名曲のソースになっていますが、最良のパートナーを失う一つのきっかけも作っていたんですね。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-22 21:22 | ブルーグラスプレーヤー

今欲しいもの...

c0032583_21404944.jpg


今日は、何の脈絡もないのですが、私の欲しいもののリスト Wishing List についてです。

今、音楽関係で欲しいものをリストしてみました。

お金は限られていますので、いつになったら手に入るのか分りませんが、順を追って1つ1つ入手できたらなぁ、と思っています。

1.デジタル録音機 エディロール R-09:4万円弱
2.まともなフィドル: 20万円以上?
3.縦型のエレキ・ベース: 10万円
4.小型のPA一式: 6万円
5.デジタルビデオ: 5万円
6.デジタル・レコーダー(MTR): 5万円
7.ギターのソフトケース: 1万円

まだまだあるのですが、とりあえず、夢ではなく買えそうなレベルの「欲しいもの」は、こんなところでしょうか。

このくらいであれば、結構、謙虚ですよね。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-03-21 23:43 | 楽器・道具類

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE