<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

原宿ジャムでのジャムのやり方(1)

c0032583_0221327.jpg

最近、何人かの方から、「原宿ブルーグラスジャムは、どのようにやっているのですか?」といったようなご質問をいただきました。

そこで、少し、我々のジャムの実際の様子をお伝えしようと思います。

オープンジャムです。オープンマイクではありません。

原宿ジャムは、参加する方が、円陣を組んで皆さん一緒に演奏したり歌ったりします。舞台のマイクの前でグループを組んで演奏するといった「オープンマイク形式」ではありません。

オープンマイク形式も楽しいですが、皆で順繰りに演奏していくジャムも楽しいものです。

円陣を組んで順番に好きな曲をノミネートして演奏していきます。

机を囲んで皆さんで円陣を組んで座ります。だいたい時計回りで、順番が来た人が、自分がやりたい曲を宣言してリードを取って演奏していきます。

やりたい曲はあるけれど、リードは取れない、というような場合は、その旨宣言して、誰か他の人にリードを取ってもらうこともOKです。

順番が来たけれどやりたい曲が思いつかない、というような場合は、「パス」していただいて結構です。まったく「ノープレッシャー」です。

どんな曲をやるのですか。

ブルーグラスでできる曲は何でもOKです。ただ、みんなで一緒に演奏しますので、皆さんが知っていそうな曲の方がやりやすいことは確かです。

歌詞を覚えていなくても、主要な曲であれば、このジャム用に用意した歌詞カードがお店においてありますので、参考になります。(この歌詞カードには、現在、200曲以上の曲の歌詞と一部にコードが収録されています。随時、補充しています。このブログの右上のところからダウンロードすることもできます。)

インストはやらないのですか。

インストは大歓迎です。インストの場合は、コード進行が分ればだいたいできます。主要なインスト曲のコード進行表も用意しています。

毎月設定されている「テーマ」の合う曲だけやっているのですか

そんなことはありません。毎月設定している「テーマ」は、ジャムにアクセントと話題性をもたらすためにやっているので、目処にすぎません。

テーマに合った曲を知っていれば、是非、やってください。もし、知っている曲がなければ、お好きな曲を演奏してください。

だいたい、いつも、テーマにあった曲は全体の半分も行かない感じです。

みんなが知らない曲はできないのですか。

そんなことはありません。歌詞カードがなくてあまり知られていない曲でも、一度、1番だけ試しに歌ったり演奏したりして皆さんに紹介してもらえれば、だいたいできると思います。単純な曲が多いのが、ブルーグラスの良いところです。

あまり知られていない曲や有名だけれど日頃演奏したことがない、というような曲にも良い曲がたくさんあります。そんな曲をお互いに教えあう、というのもジャムのいいところです。

(つづく)

c0032583_0441583.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-30 09:11 | 原宿ジャム

サンモール・インターナショナルスクールでのライブ:4月29日

c0032583_1129540.jpg

今日、4月29日は、大ベテランバンド、メロンのライブのお手伝いをしてきました。

場所は、横浜のインターナショナルスクールのサンモール・スクールです。今日は、このインターナショナルスクールのフッド・フェアーで、メロンは、そのメインコートでの出演バンドの1つでした。

c0032583_21305931.jpg


ちょっと薄ら寒く、途中から雨も降ったのですが、とてもたくさんの人達がこのフッド・フェアーに来ていました。

インターナショナルスクールらしく、いろいろな国の食べ物が出ていて、とても楽しい催しものでした。

c0032583_2136462.jpg

        (↑これは、我々の前にやっていたロックバンドです。)

我々バンドの出番は、2回。最初は、ブルーグラスの編成で、2度目は、カントリー音楽の編成でした。

楽しい演奏をさせてもらいましたが、特に、2回目のカントリーのステージは、どういうわけかお客さんも乗ってくれて盛り上がりました。カントリーフィドルも良いですよね。

c0032583_21364515.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-29 21:37 | ライブ活動

ブルーグラスの曲を区分けしてみると...

c0032583_12271324.jpg

昨年の6月から、原宿のこんとん館で毎月1回、「原宿ブルーグラスジャム」をやらせてもらっています。

このジャムでは、毎回、「テーマ」を設定しています。これは、アクセントをつけるためで、実際のジャムでは、大部分は好きな曲を好きなようにやっています。

でも、この「テーマ設定」を考える過程で、私にとっては、結構、予想していなかったメリットがありました。それは、「いろいろと知っているようでいて知らなかったことの整理になる」ということです。

例えば、3月のテーマは「フラット&スクラッグス」の曲、ということにしたのですが、あの有名なフラット&スクラッグスの曲は、、自分の中では知っていても歌ってみたことがない曲が多く、膨大なこともあって一覧にしたことはあまりありませんでした。

「あ、これがフラット&スクラッグスの曲だったのか」というようなことが、結構、たくさんありました。

ということで、原宿ジャムのテーマ設定をいろいろ考えているのですが、今度は、「ブルーグラスの曲の種類」でやってみるのもおもしろいかな、と思っています。

ブルーグラスで演奏される曲には、いろいろなものが混じっています。この分類を精緻にやるのが目的ではないのですが、どんな内容の曲が演奏されているのか、ちょっと見てみるのも面白いかと思います。

ある本によれば、ブルーグラスの曲を以下のように分類していました。

Sentimentail Songs
Breakdown Tunes
Songs of Home
Hard Luck And Hard Times
Lost Love And Broken Hearts
Murder Ballads
Rascals, Rounders and Wild Women
Gospel Songs

(出典: Wayne Erbsen; Backpocket Bluegrass Song Book)

こんなに細かくなくてもいいような気もしますが、これはかなり網羅的ですね。

  Hard Times, Hard Lucks
  Heart Break
  Hymns

という3Hで説明している方もいました。

いずれにしても、ブルーグラス・ゴスペルは、ブルーグラスの中でも大きな部分を占めていると思います。

とりあえず、今度のジャムでは、「ゴスペル」を取り上げてみましょうか。(このテーマについては、ジャムにご参加いただいている方からもサジェスチョンをもらいました。)
[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-28 12:14 | ブルーグラスの曲・歌詞

iPod用のイアフォーン: Shure E2c

c0032583_1825726.jpg

これは、iPod 用に最近買ったイアフォーン Shure E2c です。

このイアフォーンは、1万円弱するのですが、その価値は十分あります。

iPod は、通勤途中など、電車の中で聞くことが多いのですが、特に地下鉄などでは、騒音がすごくて普通のイアフォーンでは、音があまり良く聞こえません。かと言って、音を大きくするとカシャカシャ音が外に漏れてしまいます。

この Shure のイアフォーンは、耳にぴったりフィットして、外の音を遮断してくれますので、外からの音があまり入らず、低音の方もしっかり出してくれるので、なかなか快適です。

ただ、外からの音を遮断してしまうので、道を歩いている時などは、車が後ろから来る音がきこえなかったりしますので、気をつける必要があります。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-27 21:32 | 楽器・道具類

Cloud Cuckoo Band のライブ:バックインタウンでのブルースグラスナイト4月25日

c0032583_11525858.jpg

4月25日は、曙橋のライブハウス、バックインタウンのブルーグラスナイトでした。今月も、Cloud Cuckoo Band で参加しました。

この日のステージは、なんとワンマイクの設定となっていました。

参加バンドは、我々を含めてワンマイクにはあんまり慣れていないので、ブレークの取り方やバックアップの仕方、リードを歌う時の位置など、結構、いろいろと勉強になりました。

マイクの感度が、すごく良くて、ウッドベースも別マイクなしでしっかり音が拾われていました。無指向性のコンデンサーマイクなんだろうと思いますが、水平方向ばかりでなく、上下の方向にも感度が高いんですね、きっと。

c0032583_1142129.jpg


アメリカにいて日本人ブルーグラスバンドで演奏していた時は、ほとんどがワンマイクでした。FMラジオで演奏した時もワンマイクでした。当時、デル・マッコリーがワンマイクを使い始めていて、話題になっていましたが、結構一般的でした。でも、ベースは別マイクが必要でした。

ワンマイクだとPAがなくても、バンド側で音の管理ができます。モニタースピーカーも要りません。(モニタースピーカーは置きたくても置けないということもありますが。)その代わり、インストのソロをフィーチャーする時は、マイクの前に順番に立つような体制を作る必要があります。

c0032583_12353344.jpg


デル・マッコリー・バンドでは、ワンマイクを前にして、ギターとリードのデルがいつも左側に立っていて動きません。その他のプレーヤーは、マイクの右側に円陣を組んで、ソロを取る時には、マイクの一番近くに来るようにしています。

マイクの前に立つ時は、後ろに控えて、順番になると真ん中から割って入ってマイクに向います。自分のパートが終わったら、マイクの右方向へ動き席を譲ります。コーラスの時は、シンガーでマイクを囲みます。

このような動作が、お互いにぶつからないようにオーガナイズされていなければならないわけで、やってみると結構難しいですよね。

c0032583_1236051.jpg


それに、ワンマイクのセッティングは結構難しいです。すぐハウってしまうので、何とどうやってハウっているのか調整に時間がかかったりします。随分と悪戦苦闘した思い出があります。あせれば焦るほどわからなくなるんですよね、こういうのは。

とういう訳で、マイクセッティングの違いだけでも、結構、楽しめた夜でした。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-26 22:21 | ライブ活動

Rise & Shine の例月ライブ at Rocky Top:4月24日

c0032583_11171982.jpg

         (↑これは、バンマスの別ユニットのシーズンズです。)

4月24日は、ロッキー・トップでの Rise & Shine の定例ライブの日でした。

月曜日の夜ということではありましたが、おいでいただいた皆さん、ありがとうございました。

今回は、バンマスの別ユニット、シーズンズもブラザーデュオを聞かせてくれました。

その他にも、いらしたお客様に飛び入り演奏をしていただき、楽しいひと時を過ごすことができました。

我らが Rise & Shine がどんな曲を演奏しているのか、少しご紹介します。
  
   Blue Ridge Mountain Girl
   Don't Look At My Shadow
   Dooly
   I'm Not Over You
   Last Old Shovel
   Let Me Love You One More Time
   Little Annie
   Lonesome For Your
   The Longer You Wait
   My Baby's Gone
   Rise & Shine (エンディング・テーマ。バンドの名前の由来となっている曲。)
   Sea Of Heartbreak
   Send Me Your Address From Heaven
   She's Gone, Gone, Gone
   Wheels
   
   その他

結構メロディアスな曲で、あんまり他のバンドがやっていないような曲を選曲しています。バンマスの良い趣味が出ています。

私も、いつもおいでいただくお客様のリクエストを事前にもらっておいて、2曲程リードを取らせてもらいました。

   My Rose Of Old Kentucky
   Sunny Side Of The Mountain

この他、インスト曲のリクエストで、Home Sweet Home をやりました。

5月のライブは24日の予定です。お時間あれば、一緒に遊びにおいでください。

        (↓ステージからみたロッキー・トップの客席の様子。)
c0032583_11215957.jpg

c0032583_11222716.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-25 21:23 | ライブ活動

メロンのライブ at Country House :4月22日

c0032583_13294769.jpg

4月22日は、大ベテランブルーグラスバンドのメロンのライブを聞いてきました。場所は、いつもの通り、赤坂のカントリー・ハウスです。

いつもながら素晴らしいハーモニーと楽器演奏を堪能させてもらいました。

このメロンは、だいたいいつも3ステージやるようですが、真ん中のセカンドステージでは、リードボーカルの方が変わって、カントリーを中心とする「カントリー・メロン」になります。

c0032583_13301830.jpg


このステージで少しフィドルのお手伝いをさせてもらいましたが、とても乗ったステージで気持ちよく演奏させていただきました。ドラムもベースもいいですよね。カントリーフィドルは、どちらかというと、ゆっくりとメロディーを歌って、歌詞の中継ぎのところのフレーズを作ることがメインなのかと思いますが、どうもブルーグラス風になっていまいます。

c0032583_13304636.jpg


3ステージ目では、お客様が歌うゲストコーナーがあり、ベテラン・リスナー、メロン・サポーターの Mr. S. と一緒に2曲やらせてもらいました。 なかなかしっとりとできたのではないか、と思います。(デュアスロン世界選手権日本代表の Ms. T. もご一緒でした。)

それに、いつもはリードを取らないというベースの F さんの素晴らしいリードボーカルを聞くことができました。

この日は、私のお世話になっているバンドの練習の日でもあったので、ちょっと疲れ気味でしたが、それを吹き飛ばしてくれるようなライブでした。
[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-23 13:21 | ライブ・フェスレポート

Chad のブルーグラスデー:4月21日

c0032583_10272871.jpg


4月21日は、Chad のブルーグラスデーでした。

いつもより若干遅めのスタートのようでしたが、ブルーグラスとカントリーを皆で楽しみました。

今日、初めて Chad に来られたという Mr. K. にもお会いすることができました。素晴らしいギターを聞かせてくれました。

女性フィドラーの A.I. さんも I Wonder Where You Are Tonight 等、フィドルのブレイクを取ってくれました。今度は、ツインフィドルに挑戦してみよう!
[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-22 10:30 | ライブ活動

4月20日のこんとん館ライブ: Cloud Cuckoo Band

c0032583_10573686.jpg

4月20日は、Cloud Cuckoo Band の恒例のこんとん館ライブでした。

今回は、この間の軽井沢フェスでの曲を中心に、レパートリーの中からの演奏でした。

対バンのチョーさんバンドは、例のごとくゲスト満載で楽しませてもらいました。宮前ゆきさんも2曲歌ってくれました。(2つめの曲は、Will The Circle Be Unbroken だったのかなぁ。)

c0032583_10575825.jpg


この日は、若い女性マンドリニストもお客様できていただいて、その腕を披露してくれました。頼もしい若い仲間が増えそうです!

c0032583_10582158.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-21 10:06 | ライブ活動

4月19日は原宿ブルーグラスジャムの日でした

c0032583_10163353.jpg

4月19日(水)は、恒例の原宿ブルーグラスジャムの日でした。

c0032583_10193171.jpg


今回も、いろいろなブルーグラスの歌や曲のジャムで盛り上がりました。ご参加いただいた皆さん、お忙しいところをありがとうございました。

この日は、割と早めに7時ぐらいから始めて10時半まで、そして一部の方は11時まで、鬱憤晴らしのジャムを楽しくやらせてもらいました。

c0032583_10211826.jpg


今回のテーマは、一応、ジミー・マーティン、ジム&ジェシー、オズボーン、フラット&スクラッグスでしたが、このジャンルに関係ない曲もたくさん演奏しました。

テーマは、ジャムにアクセントをつけるために一応設定しているだけですので、できるところはやる、という気軽なものです。皆さんのやりたい曲をやりたいようにやる、がモットーです。

c0032583_1022449.jpg


でも、なかなか日頃はやらない渋い曲や、良い曲、そしていつもやっている有名な曲等を一緒にやらせていただいて、楽しかったです。

c0032583_1022349.jpg


例えば、以下のような曲もやりました。

Blue Rideg Cabin Home (これはブルーグラスの国歌です。)
Banks Of The Ohio
Foggy Mountain Top
Footprints In The Snow
On My Way Back To The Old Home
Kentucky Waltz
Y'all Come
Sunny Side Of The Mountain
Mr. Engineer
My Baby's Gone
Foggy Mountain Breakdown (これでいつもジャムをしめています。)

...というわけで、これはほんの一部でかつおぼろげな記憶をたどりつつということで、もっともっと一杯やっています。

c0032583_1023845.jpg


来月のジャムは、5月31日(水)を予定しています。

お時間のあるかたは、あるいはお時間なくてもちょっとでも、是非、お寄りください。

c0032583_10233115.jpg

c0032583_10245273.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2006-04-20 23:15 | 原宿ジャム

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE