<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

ボストンの若手ミュージシャンのバンド: Crooked Still

c0032583_0292277.jpg


今日ご紹介するCDは、ボストン地区の若手ミュージシャンのバンド、Crooked Still の最近のアルバム、"Shaken by A Low Sound" です。

この Crooked Still というバンドは、通常のブルーグラスバンドではありません。

楽器の構成が、バンジョー、ベースそしてなんとチェロなんです。

ボーカルは、Aoife O'Donovan という女性です。

彼女の歌は、最近メインストリームのロンダ・ビンセントのような南部の力強いボーカルではなく、ハスキーがかったジャズのような歌い方です。

Wayfaring Strangeres のボーカリストでもあります。

バックのインするメンタルも、ジャズに近いものがありますが、Dr. Gregory Liszt のバンジョーは、クリアーなサウンドで、なかなかです。

そして、特徴となっているのが、Rushad Eggleston のチェロです。

チェロが加わることで、ブルーグラスの田舎くささが一挙に吹っ飛んで、何か洗練されたものになります。

この3人に、ベースの Corey DiMario を加えた4人は、ボストンの New England Conservatory of Music、MIT 等の学生であった時に知合い、バンドとしての演奏を始めたそうです。

ブルーグラスやオールドタイミーの曲をやっているのですが、ギターがなく、チェロが入っています。ギターがない、というのがユニークで、そのせいか、バンジョーの澄んだピッキングがとても印象的です。

チェロのチョッピングもなかなか良いものです。

収録曲は以下の通り。

1. Can't You Hear Me Callin'
2. Little Sadie
3. New Railroad
4. Oxford Town/Cumberland Gap
5. Lone Pilgrim
6. Come on in My Kitchen
7. Ain't No Grave
8. Ecstasy
9. Mountain Jumper
10. Railroad Bill
11. Wind and Rain


最初の Can't You Hear Me Callin' は、ビル・モンローのお馴染みのハイテナーの曲ですが、すっきりしたジャズっぽいしあがりになっています。

ディランの Oxford Town が Cumberland Gap のメロディーを使っていた、というのは、このCDを聞いて、初めて分りました。

Lone Pilgrim も良い曲です。

Ain't No Grave も、クリアーなバンジョーとチェロのチョッピング、ステディーなベースの上に、軽いボーカルが乗っている、という感じでとても良い感じです。

この感覚は、やっぱりノースイーストの感覚なんでしょうか。ノースカロライナあたりの感じではないですね。

やっぱり、Wayfaring Stranger の感じに似ています。

トラッドなブルーグラスファンには、ちょっと、というところもあるかもしれませんが、都市化したブルーグラス、あるいはオールドタイミー音楽、というのは、こういう感じになる、という見本のような気がします。

ちなみに、Crooked Still のホームページで、このCDのサンプルを聞くことができます。

www.crookedstill.com ⇒ Croocked Still のCDのサンプル音源

ところで、この Crooked Still とはどういう意味なんでしょう。ネイティブに確かめていないのですが、辞書を見ると、「曲がった蒸留器」ということなんでしょうか。それとも "Still" は、「静けさ」の方でしょうか。

今度機会があったら、だれかネイティブに意味を聞いてみたいと思います。
[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-25 23:26 | CD・DVD・Podcast

Pacific Express のこんとん館ライブ:2月16日(2)

c0032583_21421991.jpg


今日は、Pacific Express が2月16日にこんとん館で演奏した5曲を、一挙、アップしたいと思います。

全部、勢いだけの演奏ですが、楽しくやっている、という雰囲気をつかんでいただければ、幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下線をクリックして聞いてください。PCにMP3プレーヤーがインストールしてあれば、聞くことができます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

My Little Georgia Rose
ブルーグラス定番の曲です。最初のところの録音ができなかったので、途中からになってしまいました。

New Tennessee Waltz
我らがギターの Mr.K. をフィーチャーして、美しい曲を1つ。あまりやる人のない曲ですが、良い曲だと思います。ハーモニーの練習が必要ですが、とにかく、一回も練習していないんだから、しょうかないか...でも、臨時でバンジョーを弾いていただいた Mr. H. が秀逸なブレークをやってくれました。ありがとうございます。

上を向いて歩こう
これまたギターの Mr.K.をフューチャーして、アメリカでスキヤキソングとして知られている名曲をブルーグラス風にやってみました。これも1回も練習していない曲でした。

Cherokee Shuffle
インストは、これまた定番の Cherokee Shuffle。

Sitting On Top Of The World
我らがベースプレヤーの Mr. M. のリードでライブを締めくくりました。これもブルーグラス定番曲ですが、ちょっとスローにブルージーにまとめてみました。ゆっくりやっても良い曲です。


Pacific Express
- Guitar & Vocal : Mr. K.
- Banjo : Mr. S. (この日はご都合がつきませんでした。代わりに Mr. H. にピンチヒッターをお願いしました。)
- Base : Mr. M.
- Mandolin, FIddle & Vocal : NINO

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

結局のところ、先日練習した曲はあまりやらなかったのですが、今度は、もう少し頑張ろう!!

c0032583_23122520.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-19 23:42 | ライブ活動

Pacific Express のこんとん館ライブ:2月16日(1)

c0032583_21305536.jpg


2月16日は、こんとん館で、我らが Pacific Express の小ライブをやりました。

いつもの通りの出たとこ勝負のジャム形式の演奏でした。

Pacific Express は、日頃、練習したくてもできない忙しいビジネスマンが集まったジャムバンドです。

c0032583_21312773.jpg


でも、先日、初めてカラオケ屋で練習をしました。練習というより、内輪のジャム会と言ったところ。

吉祥寺のカラオケ屋でしたが、とても安く上がってよかったのですが、唯一、問題は、いざ歌を歌おうとすると、部屋の中の照明が暗くなってしまうことでした。

音を出すと部屋の照明が自動的に落ちるように仕掛けられているので、歌詞カードが読めなくなってしまいます。

この点を除けば、このカラオケ屋での練習は、なかなか快適なジャム会でした。

c0032583_21315424.jpg


この日(毎月第3金曜日)は、ドクターY を中心にして、たくさんの方が演奏します。

写真のように、Ms. Y. を中心としたバンド、Dr. Y. ご夫妻を中心としたバンド、マンドリンとギターのアンサンブルを聞かせる OBQ などなど。

この日は、珍しいドブロマンドリンで演奏する方もいらっしゃいました。

最近、ドクターYは、フィドルの腕をめきめき上げていて、すごい勢いです。

この日も、ジャズバイオリンをやっているという若手ミュージシャンと一緒に、フィドルの競演を聞かせてくれました。

すごいですね。


c0032583_23261640.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-18 21:20 | ライブ活動

Rise & Shine のロッキー・トップ・ライブ:2月15日


c0032583_18134417.jpg

2月15日(木)は、Rise And Shine の月例ロッキー・トップライブでした。

この日も、仕事の関係で一人到着が遅れてしまい、ファーストステージの途中でジョインするというような状況でした。私の働いている豊洲から銀座まで、結構、時間がかかるんですよね。

この日は、ニューエクスペディションの皆さんが対バンでした。

ニューエクスペディションのパワーに負けないように、我々も頑張りました。

今日は、録音を少しアップしておきます。

ロッキー・トップでの演奏では、いつものことなのですが、またまた、ベースが少しハウっています。すいません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下線をクリックして聞いてください。PCにMP3プレーヤーがインストールしてあれば、聞くことができます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Tall Pines
いつもやっている曲です。昨年、急逝された Mr. Y. もよくやっていた曲だとか...ちょっと、力みすぎているかなぁ。

Gold Rush
あんまりインストのレパートリーのないバンドですが、あまり日頃やらないこの曲をいきなりやってみました。うーん、勢いだけだなぁ...

Live And Let Live
この曲は、久しぶりにやりました。とても良い曲ですよね。


Rise And Shine
- Guitar & Lead Vocal : Mr. M.
- Banjo & Vocal : Mr. I.
- Dobro: Mr. K.
- Base & Vocal : Mr. A.
- Mandolin, Fiddle & Vocal : NINO


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-17 17:43 | ライブ活動

ニューエクスペディション のロッキートップ・ライブ:2月15日

c0032583_1734133.jpg


2月15日(木)は、Rise & Shine のロッキー・トップでのライブでした。

この日の対バンは、ベテランの ニューエクスペディションの皆さんでした。

c0032583_17241858.jpg


このバンドは、マンドリンの Mr. H. とギター・ボーカルの Mr. M. を中心とするバンドです。

パワフルなマンドリンに加えて、これまたパワフルなフィドルを聞かせてくれる Mr. Y. が熱烈な演奏を聞かせてくれました。

一方で、バンジョーのクールな Mr. F. そしてソリッドなベースの Mr. T. がうまいバランスをとっています。

c0032583_1725057.jpg


それにしても年齢を感じさせない元気な演奏で、こちらもたくさんのエネルギーをいただきました。

ところで、ロッキー・トップの壁には、昨年、急逝された Mr. Y. の肖像画↓がかかっていました。似顔絵であるところがいいんだと思います。

我々、日本のブルーグラスフリークをやさしく見守ってくれているようです。

c0032583_17273738.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-16 23:49 | ライブ・フェスレポート

Butch Baldassari のCD:A Day In The Country

c0032583_0112074.jpg


今日ご紹介するCDは、Butch Baldassari のマンドリンを中心とするインストアルバム、A Day In The Country です。

Butch は、マンドリンを中心とするアルバムをコンスタントに出していますが、このアルバムは、一番最近出たものです。

トラッドで有名な曲ばかりを集めているのですが、非常に親しみやすく、癒されるアルバムになっていると思います。

収録曲は、以下の通りです。

1.Morgan Megan
これは、古い曲なのではないかと思うのですが、なかなか個性的なメロディーで、忘れがたい曲になっています。

2. Little Rosewood Casket/Old Spinning Wheel

3. All My Children

4. Azalea Waltz

5. Angeline the Baker/Miss Macleod's Reel/Little Rabbit
この3つの曲は、どれも良い曲です。Angeline the Baker は、私にとっても、現在、練習中の曲です。

6. Pass Me Not
これも有名なゴスペル曲。

7. Johnny Goes to France/Ice on the Road/Temperance Reel

8. Black Mountain Aire
これは、美しいメロディーの曲です。

9. Seneca Square Dance

10. Midnight on the Water
ベニー・トマソンの演奏でも有名なオールドタイミー風の美しい曲です。随分とゆっくり弾いている感じですが、こんな風にやるのもいいんですね。フィドルは、4弦をオクターブしたのDに調弦して、通奏低音のようにドローで弾くのが特徴です。

11. Bill's Dream/Boston Boys/Whiskey Before Breakfast
Bill's Dream を含め、こうやって3曲並べるとぴったりくるから不思議ですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブルーグラスのインストでは、スピードを競うようなブレークダウンも良いですが、このようなしっとり来るような曲を聞くのもいいものです。
[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-15 00:14 | CD・DVD・Podcast

アイリッシュナイトと Surf & Turf のライブ:2月8日(2)

c0032583_023185.jpg


今日は、2月8日のこんとん館での Surf & Turf のライブの模様をお届けしようと思います。

この日は、アイリッシュナイトで、守安ご夫妻の素晴らしい演奏があったせいもあって、バンドメンバーもお客さんも乗っていたようです。

我々の演奏も、心なしか、乗りがよかったような気がします。

どういうわけか、インストをたくさんやりました。バンジョーの Mr. H. は、当然のことながら、いつもすごいのですが、特にこの晩は、リズムもタッチもフレーズも良かったです。

そこで、バンジョーを中心としたインストをいくつかアップしようと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下線をクリックして聞いてください。PCにMP3プレーヤーがインストールしてあれば、聞くことができます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Clinch Mountain Backstep
この曲は、久しぶりに演奏しました。Mr. H. のバンジョーは、フレーズも冴えています。Mr. A. のマンドリンも冴えていますね。

Dixie Breakdown
お客様からのリクエストに答えて、バンジョーの Mr. H. がお馴染みのブレイクダウンをご披露しました。いつもよりも、リズミックで乗っている感じがしましたね。

Foggy Mountain Special
これまた定番インストです。フィドルは、フレーズでちょっと無理しすぎているなぁ。

I Wonder Where You Are Tonight
久しぶりにこの歌のリードを取らせてもらいました。

Jerusalem Ridge
ビル・モンローの名曲です。フィドラーはみんな弾きたがる曲ですが、テンポやポジションが結構難しい曲です。ピッチが合っていない上、乱暴な弾き方で耳障りですが、私としては、これでも随分良くなった方です。

★Members of Surf & Turf
- Guitar & Vocal : Mr. I.
- Banjo & Vocal : Mr. H.
- Mandolin : Mr. A.
- Base : Mr. & Mrs. Yoshizawa
- Fiddle & Vocal : NINO


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-12 22:59 | ライブ活動

アイリッシュナイトとSurf & Turf のライブ:2月8日(1)

c0032583_22143826.jpg


2月8日は、こんとん館での Surf & Turf のライブでした。

c0032583_22525376.jpg


この日は、素晴らしいアイリッシュの演奏を聞かせてくれる守安夫妻、Paddy & Bridget が出演しました。

この守安夫妻は、日本ではあまり知られていないのですが、アイルランドでは、 Paddy & Bridget として良く知られているミュージシャンだそうです。

c0032583_2253207.jpg


フルート、ティンホイッスル、ハープ、コンサルティーナで、本場のアイリッシュ・ミュージックを聞かせてくれます。それに、とても軽妙なお話しで楽しませてくれます。

この日も、アイリッシュ音楽の有名な作曲家のオカロランの曲など、あまり日頃聞けない曲を披露してくれました。

c0032583_22545781.jpg


守安夫人が弾くアイリッシュハープは、とても繊細な音を奏でます。ハープは、アイルランドを象徴する楽器でもあります。バウロンも良いですね。


ところで、我々、Surf & Turf の方は、いつもの通りのブルーグラスの演奏をしました。

ジャムタイムには、Temperence Reel Saint Anne's Reel 等、少しアイリッシュぽい曲も演奏しました。

この日は、みなさん乗っていて、お客様も歌ってくれましたし、ホストの Mr. I. もめずらしく夜中の12時近くまで演奏しました。

なかなか楽しい晩でした。

明日には、この日の Surf & Turf の演奏の録音をアップしようと思います。
[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-11 22:14 | ライブ活動

こんとん館のスケジュール:2007年2月

原宿こんとん館のママの依頼で、ライブ・スケジュールを掲載します。ご参考になれば幸いです。

下にアップしたスケジュール表が小さくて見にくければ、スケジュール上にカーソルを置いてクリックしてみてください。別のウインドウが立ち上がって、拡大されたスケジュール表を見ることができます

尚、原宿こんとん館のライブ・スケジュールを掲載する専用ブログを立ち上げました。下線をクリックしてご覧ください。

原宿こんとん館のスケジュール


c0032583_22313882.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-09 22:22 | ライブ活動

ブルーグラス横浜の六本木デビュー:2月7日

c0032583_23164935.jpg

2月7日は、トラッド・ブルーグラス専門バンドのブルーグラス横浜の六本木デビューでした。

場所は、六本木のライブハウス Old Friends Bar です。

このライブハウスは、初めて行ったのですが、30人ぐらいが入れるなかなか感じのいいお店でした。

c0032583_23215318.jpg


ブルーグラス横浜は、いつもの気合の入ったトラッド・ブルーグラスを聞かせてくれました。

この日は、珍しく、バンマス Mr. M. のリードボーカルを聞くことができました。

c0032583_2323314.jpg


集まったお客様は、日頃、よくお会いするブルーグラス愛好家の皆さんで、なかなかアットホームな感じでした。

c0032583_2325289.jpg


ファーストステージは、ブルーグラス横浜のステージでしたが、セカンドステージはお客様を呼び込んでのジャムになりました。

c0032583_2332117.jpg


ドブロ、ギターの Mr. S.、 ボーカルの Mr. K.、 フィドルの Mr. N.、 ギターとボーカルの Mr. K.、 マンドリンの Mr. M.、若手女性ボーカリスト Ms. S.、ギターの Mr.N. と次々と熱の入った演奏が続きました。

c0032583_23344012.jpg


私も、ブルーグラス横浜の女性フィドラー、エンジェルとツインフィドルなどを演奏させてもらいました。

c0032583_23353226.jpg


アットホームな感じで、とても楽しい一晩を過ごさせてもらいました。

ちなみに、ブルーグラス横浜の次の演奏はこんとん館で2月24日(土)にある予定です。

c0032583_23375628.jpg

c0032583_2338627.jpg

c0032583_23382020.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2007-02-08 23:15 | ライブ・フェスレポート

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE