<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

Pacific Express のライブ;10月16日at こんとん館(その1)

c0032583_21542812.jpg


10月16日は、我らがジャムバンド Pacific Express のこんとん館でのライブの日でした。

なにしろ仕事が忙しいメンバーばかりなので、まったく練習をしない、本当の意味でのジャムバンドなのですが、この日も、日頃の鬱憤を晴らさせてもらいました。

バンジョーの Mr.S. は、またまた関西へ出張で参加できなかったので、この日は、Mr. M. にバンジョーをやってもらいました。

録音をしてみましたので、久しぶりに音源をアップします。

まぁ、めちゃくちゃな演奏ですが、現場の臨場感が伝われば、と思います。要するに、やっている人間の自己満足なのですが...

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Live Performance of Pacific Express
録音を聞くには、下線のところをクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールしてあれば、聞くことができます。

Shucking The Corn
まずは、バンジョーの Mr. M. をフィーチャーした定番インストでスタートです。

Why Don't You Tell Me So
これは、ボーカル&ギターの Mr. K. の十八番の1つ。いきなりだったので、ハモが今ひとつ...いつものことか。

生活の柄
高田渡の名曲です。山之口獏の歌詞がいいです。2番はフィドルを弾きながらの弾き語りにチャレンジしました。エンディングの仕方を決めていなかったので、急遽、フィドルで終わらせることにしましたが、なんとかなってホッとしました。

Cora Is Gone
これはフラット&スクラッグスの名曲の1つ。Mr. K. の持ち歌の1つです。以前、この曲の名前を聞いたときに、「コーラ」とは「コカコーラ」のことかと思い、どうして「コカコーラがいっちゃった」なんて歌を作ったんだろう、と思っていたのですが、つづりをみたら、コーラという女性の名前だったんですね。(まったく意味を分らずに歌っている、という証拠です。)

Soldier's Joy
バンジョーの Mr. M. のリクエストで、フィドル&バンジョーの定番インストをやりました。だんだんスピードが上がってしまいました。それにフィドルはチューニングがあっていなかった。ウム...

★Pacific Express
Banjo: Mr. M.
Guitar & Vocal: Mr. K.
Base: Mr. M.
Mandolin, Fiddle & Vocal: NINO


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ということで、ライブの雰囲気は伝わりましたでしょうか?それにしてもガチャガチャだァ。

...でも、また、懲りずに、続きをアップしたいと思います。

(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2007-10-29 22:21 | ライブ活動

10月31日は原宿ブルーグラスジャムの日です!

a0058487_11371037.jpg


ブルーグラスファンの皆様

大分寒くなってきました。この秋の夜長に、皆様、ピッキングに励んでおられることと思います。

ということで、10月31日(水)は、原宿ブルーグラスジャムの日です。

今月は、月末となります。お仕事などでお忙しい方も多いかと思いますが、お時間のある方は、是非、原宿のこんとん館へお寄りください。

今月のテーマは、一応、先月の後を引き継いで「P、Q、R から始まるお好きな曲」ということでやってみたいと思います。

Qからスタートする曲はほとんどないかと思うのですが、PとRから始まる曲はたくさんあると思います。

ここのところ、テーマは、アルファベット順の曲ということにしています。安易な選択ではありますが、要するに、ソングブックの最初からやれる曲を総なめしよう、ということです。

丁度、ハロウインの日です。仮装はありませんが、もし、幽霊やおばけや霊魂などに関する歌があれば、大歓迎です。(ブルーグラスでは、あんまりないかなぁ。)

でも、いつもの通り、テーマは話題作りですので、とにかくやりたい曲をやりたいようにやって楽しみたいと思います。

それでは、お時間のある方はこんとん館でお会いしましょう。

以上

原宿ブルーグラスジャム実行委員会(NINO+Frank)

★原宿ブルーグラスジャム
  ●日時:2007年10月31日(水) 7時半頃から
  ●場所:こんとん館 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-10
  ●電話:03-3405-0740    
  ●主催:原宿ブルーグラスジャム実行委員会(Frank+NINO)

[PR]

  by kasninoyh | 2007-10-27 22:58 | 原宿ジャム

このマンドリンを売ってくれた方がなくなりました...

c0032583_162078.jpg

この写真は、私の愛用のギブソンマンドリンです。

F5Lで1984年製と聞いています。

カラマズーで作られています。

そんなに古い楽器ではなく、また、ギブソンとしても良い楽器を作っていたという時期ではないそうですが、私にとっては一番の楽器です。

結構、ボリュームが出ます。

ところで、この楽器は、アメリカに居るときに、ジャム仲間のアメリカ人から特価で譲ってもらったものです。

その人は、自分のビジネスを持っている事業家で、マンドリンを30本ぐらい持っていたようです。この楽器は、比較的ミントな状態で譲ってもらいました。当時でも、市価の半分近くだったと思います。

そのマンドリンを譲ってくれた方が、先月なくまりました。

びっくりです。

私と同い年ぐらいでしょうか。ピンピンしてエネルギッシュにピッキングをしていたのに!

ブルーグラスばかりでなく、ケルティックやオールドタイミーも演奏する人でした。どちらかというとアイリッシュが主体だったのかもしれません。

ニューヨークの対岸のナイアックという古い町にあるアイリッシュバーで毎週月曜日の夜、ジャムを主催している人でした。

ものすごくエネルギッシュに、何時間でもセッションをする、という感じの人でした。私があまり知らない、ケルティックやオールドタイミーのジャムの仕方やエチケットについても、いろいろと教えてくれた人です。

ちなみに、ブルーグラスのジャムと、オールドタイミーのジャムでは、随分とルールも違います。もちろん、曲も違います。

ブルーグラスは強い音楽なので、同じような曲をやっていても、繊細なオールドタイミーの人達を排除してしまうようなところがあります。気をつけないといけないんですね。この2つは、非常に似ていますが、全く違う音楽です。

どういう状況でなくなったのか、全く分りませんが、驚きました。

でも、とにかく、譲っていただいたマンドリンは、大切に使っていきたいと思っています。

今日は、ちょっとシュンとなる話題で失礼しました...
[PR]

  by kasninoyh | 2007-10-16 01:15 | 米国・NYのブルーグラス

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE