<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ビル・モンローの娘が作った歌:Is The Blue Moon Still Shining?

c0032583_084667.jpg


c0032583_043553.jpg今日は、ビル・モンローの娘のお話です。

ビルと妻の Carolyne との間には、Melissa という娘がいます。1936年9月に生まれています。

ところで、この Melissa は、あまり幸福な人生を送ったとは言えない人のようです。

上の写真で、ビル・モンローが方に手をかけている右側の若い女性が Melissa です。そしてビルの左でベースを弾いているのが、ビルの長年の愛人の Bessie です。

Melissa は、父親と一緒にツアーをして回ったこともあり、なかなかパワフルなボイスで歌手としても期待されていたようです。

でも、彼女のツアーにおける行動は非常に不安定なもので、感情的に落ち着きがなかったようです。

それも無理もないような気がします。10代のセンシティブな時期に、母親のライバルである Bessie と毎日顔をあわせてツアーしていくのですから。

上の写真はいつ頃のものなのか不明ですが、なかなか複雑な感情の入り混じったツアーの状況を写しているのかもしれません。

ところで、この Melissa が作った曲で有名なのが Is The Blue Moon Still Shining? です。

これは、とても良い曲で私も大好きな曲の1つです。Blue Moon Of Kentucky へのアンサーソングになっています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Is The Blue Moon Still Shining?

Is the blue moon still shinin'
Does it shine for you like it shines for me
Will the blue moon bring us back together
Or will it leave us with a sad memory

Do we think of each other when the moon is blue
Do you need me as I need you
Will you ever come back and love me
Or tell me are we really through

At night when the blue moon is shinin'
I think of you and the plans we made
But now you've gone and left me
Left me alone and so afraid

* Refrain

Now I wonder is the blue moon still shinin'
Shinin' for you as it does for me
Are you too proud to come back
Or did you really want to be free

* Refrain


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Melissa は、一時、父親とのツアーを離れるのですが、後でまた一緒に演奏したりしています。この時には、Bessie との関係も非常に難しくなったらしく、ビルは、今度は、Bessie をツアーからはずしてしまうことになります。ここで Bessie との長年の愛人関係も途切れることになります。

Melissa は、体は弱く病気がちだったようです。結局、40歳半ばでなくなってしまいました。

ビル・モンローの人生もなかなか複雑ですが、そういうことを背景にして改めてこの歌を見てみると、ただ単純なる失恋ソングではないのかもしれない、と思ったりします。

最後の Are you too proud to come back, Or did you really want to be free というフレーズなどは、お決まりの文句というばかりでなく、彼女の父親に対する複雑な思いが現れているのかもしれません。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-23 23:51 | ビル・モンロー探求

Pacific Express こんとん館ライブ転じてジャム:2月19日

c0032583_0215694.jpg

2月19日は、Pacific Express のこんとん館での小ライブの日でした。

でも、この日は、他のバンドの人達もメンバーが揃わなかったので、結局、来た人みんなでジャムとなりました。

8時くらいから2時間ぶっ通しでジャムをやって、鬱憤晴らしをすることができました。

c0032583_0383733.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-21 00:07 | ライブ活動

お得なマンドリン弦:通販のサウンドハウス

c0032583_2340286.jpg


今日は、番外ですが、ちょっとお得な情報です。

先日、マンドリン弾きの Mr. A. にお得なマンドリン弦が手に入るという通販を教えてもらいました。

サウンドハウスといいます。以下の下線部分をクリックしていただければ、そのサイトに行きます。

サウンドハウス

ここでは、ダダリオのマンドリン弦J74が、何と700円で手に入ります。

その辺の楽器店に行くと、最近は、1500円近くしたりしています。700円であれば、アメリカで買うのとそんなに変わりません。(もちろん送料がかかりますが。)

その上、デリバリーがものすごく早く、感激しました。

先日の土曜日の午後にネットで注文したら、翌日の日曜日の午前中に宅急便でとどきました。あまりに早いのでびっくり。それも土日の週末にです。

土日にも一生懸命やっているところもあるんですよね。(私が今勤めているところも、土日に空いている銀行ですので、その苦労は分るのですが...)

お得な値段でかつとても早いデリバリーなので、お勧めかと思います。

とりあえず、ご情報まで。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-18 23:49 | 楽器・道具類

登戸 Jubilee Garden でのライブ:2月10日

c0032583_23241354.jpg


c0032583_23352882.jpg2月10日は、登戸のアイリッシュパブ Jubilee Graden で開かれたライブ/ジャムを見てきました。

このパブは、なかなか広いスペースで、音響も抜群でした。

集まってきた人は、東京地区のブルーグラスの大御所ばかり。なかなか見ごたえのあるステージでした。

c0032583_23251782.jpg


何とバンジョーの有田さんも来ていて、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。非常に得した感じです。

c0032583_23254218.jpg


大ベテランの大江戸多摩バンドも来ていて、Mr. M. の素晴らしいフィドルを聞くことができました。

もう一人のブルーグラスフィドルを代表する Mr. G. の演奏も聴くことができました。

オーガナイズしている Mr. S. の熱意が伝わってくるライブでした。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-12 23:19 | ライブ・フェスレポート

歌と演奏のバランスが素晴らしいバンド:Special Consensus

c0032583_1423473.jpg


c0032583_1453492.jpg今日ご紹介するバンドは、Special Consensus です。

バンドの歴史は長いようですが、今まであまり知らなかったバンドです。でも、歌も演奏のテクニックも素晴らしく、とてもバランスが取れたバンドのように思います。

最近聞いたアルバムは、The Trail Of Aching Hearts です。

このアルバムの最初に収録されているのは、I'd Like To Wander Back To The Old Home です。テーマは、よくある郷愁を歌ったものですが、内容は現代版になっています。

トラック9は、Ten Mile Tennessee というスローなバラード。これは、典型的なブルーグラスではないのですが、メロディーもきれいで、この曲がこのアルバムを買うきっかけになりました。

メンバーは、リーダーでバンジョーの Greg Cahill、マンドリンの Ron Spears、ギターの Justin Carbone、ベースの David Thomas です。

メンバーの全員がリードも取るようで、コーラスも良いです。

最近メンバーの交代があったようで、マンドリンには、Ashby Frank が入っています。

Ashby は、16歳にして、Galax festival と有名な Merlefest でマンドリンコンテスト1位になったという素晴らしいプレーヤーで、Chris Thile に続くヤングプロドジーの一人です。

この人のデビューアルバム First Crossing は、私にとってずっとコピーをトライしているアイドルCDになっています。

Special Consensus は、これからも着実に安定した演奏を聞かせてくれるバンドだと思います。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-09 14:13 | ブルーグラスプレーヤー

調布の Everything でのジャム会:2月2日

c0032583_23302834.jpg


c0032583_14545776.jpg2月2日は、調布のライブハウス Everything で毎月第1土曜に開かれているブルーグラスのジャム会に行ってきました。

この日は、以前一緒にやっていたバンドメンバーも参加しました。

c0032583_23334884.jpg


7時からのはずなのに、6時過ぎからもう演奏は始まっていたみたいです。

c0032583_23345773.jpg


↑主催者の Mr. K. です。いつもの通りの冴えたマンドリンワーク!

c0032583_23355843.jpg


↑最近、ドブロに熱中している Mr.M. (Frank) です。

c0032583_23364591.jpg


↑この人は、ギタリスト・バンジョイストだったのでは?

c0032583_23372587.jpg


↑何と後から、Mr. S. もやってきました。その後ろは、女性フィドラーの Ms. Angel です。

c0032583_23383546.jpg


↑ジャムは、なかなか終わらず、11時も過ぎてから、Mr. S. が素晴らしいフレーリングのバンジョーを聞かせてくれました。

ここでまたしばしジャムって帰る時間が遅くなってしまった...

久しぶりに、いろいろと好きなようにジャムができたと言う感じがしました。少し、アメリカでのジャムを思い出しました。

皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
[PR]

  by kasninoyh | 2008-02-03 23:39 | ライブ活動

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE