<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

阿佐ヶ谷聖ペテロ教会チャリティーコンサート:12月12日(その3) Orient Church の演奏

c0032583_2342306.jpg


今日は、12月12日の聖ペテロ教会でのクリスマス・チャリティー・コンサートにおける Orient Church の演奏の後半をお届けします。

Orient Church というバンドは、アメリカのニューヨークでたまたま会った日本人でやっていたバンド(Orient Express) と東京でブルーグラスをやっていたバンド(Country Church) のメンバーが一緒になってスタートしました。

ですから名前が Orient + Church となっています。安易な命名ではありますが...

今回演奏した曲は、今年の3月に吉祥寺の「のろ」で演奏したレパートリーにゴスペルを少し加えた選曲となっています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。(PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

Beautiful Life
ゴスペルの曲を男性4部合唱のアカペラでやりました。これもずっとやっているレパートリーです。

When You Kneel at Mother's Grave
ビル・クリフトンの名曲です。たくさんのバンドがやっていますが、これも長く我々のレパートリーとなっています。

Pathway of Teardrops
美しい曲です。でも、なかなかハーモニーが難しい。一番最後のファルセットでハモっていくところが聞かせどころでもあり、一番の難所です。今回は、なんとか行けたか...

Faded Love
言わずと知れたカントリーの名曲。ツインフィドルでチャレンジしました。我らが Orient Church は、めずらしくツインフィドルができるので、これからも、ビル・モンローのフィドル曲をツインフィドルでトライしていってみたいと思っています。

Fields Have Turned Brown
カントリー・ジェントルマンが演奏している曲です。我々のバンドとしては、比較的新しい(?)レパートリーです。コーラス部分の強いハーモニーが魅力的な曲です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

そして、この後のゴスペルも素敵でした。今回は、録音をアップできないのが残念ですが、40人弱の大コーラスは迫力がありました。

ということで、Orient Church の演奏を含め、チャリティー・コンサートは、音響のいい聖堂と暖かい聴衆のみなさんのサポートで無事終わらせることが出来ました。

聞きにきていただいた皆さん、ありがとうございました。

c0032583_065324.jpg


c0032583_2131743.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-12-16 23:40 | ライブ活動

阿佐ヶ谷聖ペテロ教会チャリティーコンサート:12月12日(その2)Orient Church の演奏

c0032583_213709.jpg


今日は、12月12日に阿佐ヶ谷聖ペテロ教会で行われたクリスマス・チャリティー・コンサートにおける我らが Orient Express の演奏の様子をお届けしたいと思います。

教会での演奏ですから、ブルーグラス・ゴスペルも織り交ぜながら選曲しました。

まずは、その前半の5曲をお送りします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。(PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

Runaround
まずは、バンジョープレーヤー J.D. Crow のバンジョー・インストでスタートしました。

Back to the Cross
日本名は「十字架に帰ろう」という名前の賛美歌です。ブルーグラス・ゴスペルとしても、結構、よく演奏される曲の1つかと思います。教会で歌いなれている Mr. O. がリードボーカルです。

Foggy Mountain Top
少しオールドタイミー的にフレーリング・バンジョーでスタートしました。コーラスも、ニュークリスティーミンストレルズのような感じでトライしてみました。

My Baby's Gone
ルービン・ブラザーズの名曲です。この曲は、まず出だしがピシッと一緒にスタートできないとダメな曲です。今回は、なんとかうまく行きました。タイミングも結構難しい曲です。我々のバージョンは、オリジナルのちょっと難しいタイミングは使わずにく、わかりやすいタイミングでまとめてみました。

Daybreak in Dixie
前半の最後は、マンドリンの定番インストです。ちょっとあせって演奏しているのが残念。早く弾く曲ではあるのですが、せかせかしてしまってはダメですね...

Orient Express
- Guitar & Vocal : Mr. Summy O.
- Banjo & Vocal : Mr. Kenny K.
- Base & Vocal : Mr. Frank M.
- Fiddle & Vocal : Ms. Angel I.
- Mandolin & Vocal : NINO


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この次は、後半の5曲をお届けしましょう。

(つづく)

c0032583_22163692.jpg

↑当日の演奏曲目リストです。

c0032583_2129927.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2009-12-15 23:35 | ライブ活動

阿佐ヶ谷聖ペテロ教会チャリティーコンサート:12月12日(その1)

c0032583_22404987.jpg


今日は、12月12日に阿佐ヶ谷にある聖ペテロ教会で開かれたクリスマス・チャリティーコンサートの模様をお伝えします。

阿佐ヶ谷の聖ペテロ教会には、阿佐ヶ谷ジャズストリートの時にも演奏会場に使われるほど、音響が素晴らしくいい聖堂があります。

c0032583_22462972.jpg

↑阿佐ヶ谷聖ペテロ教会です。


この聖堂で、12月12日にブルーグラスゴスペル・コーラス隊によるチャリティーコンサートが開かれました。

ブルーグラスの方は、我らが Orient Church による演奏です。

ゴスペル・コーラス隊の方は、Ms. N. 率いる Ho Ho ☆ Emi Voices の総勢40名弱による大コーラスです。

c0032583_21593596.jpg

↑ゴスペル・コーラス隊の本番前のリハーサル風景です。聖堂いっぱいにハーモニーが広がっています。


c0032583_2224161.jpg

↑午後4時からスタートということでしたが、もうこんなに沢山の方々に集まっていただきました。


c0032583_2244855.jpg

↑最初に、聖ペテロ教会の T 牧師より、チャリティーコンサートについての挨拶等がありました。


c0032583_2373425.jpg

↑まずは、我らが Orient Church がブルーグラスを演奏しました。皆さんにも親しみのあるゴスペルの曲も取り混ぜました。


c0032583_2294220.jpg


↑いよいよ40名弱の大ゴスペル・コーラス隊 Ho Ho ☆ Emi Voices の演奏です。きれいなハーモニーが聖堂の中一杯に広がりました。なかなか良い乗りです。


c0032583_221198.jpg

↑ゴスペル・コーラス隊のリーダーの N 先生のリード・パートです。


c0032583_22125817.jpg

↑会場の子供達も入って、楽しいコーラスです。


c0032583_228526.jpg

↑最後には、ゴスペル・コーラス隊にブルーグラスの Orient Church のメンバーも加わって、We Are The World を歌って締めました。


この日は、お客様も120名以上見え、いただいた入場料等で、うん十万の寄付をすることができました。

当日お見えいただいた皆さん、ありがとうございました。

また、当日、演奏していただいた Ho Ho ☆ Emi Voices の皆さんもありがとうございました。

次は、我らが Orient Church の演奏の模様をお届けしたいと思います。

(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-12-13 23:39 | ライブ・フェスレポート

Acoustic Strings 倶楽部の演奏:11月29日のBMO

c0032583_23383162.jpg


今日は、11月29日に伊勢原で開催された Big Mountain Opry での我らが Acoustic Strings 倶楽部の演奏の模様をお届けしたいと思います。

今回の Acoustic Strings 倶楽部の演奏曲目は、「日本の歌」をテーマに4曲を選定しました。

11月29日に向けてメンバー3人で練習を重ねたのですが、当日は、時間繰りがうまくなくて、結局、3曲しか演奏できませんでした。残念!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。(PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

私を待つ人がいる
ナターシャセブンでお馴染みの曲で軽快にスタートしました。

人生の扉
竹内まりやの名曲です。我々50台の中年層を勇気付けてくれる曲です。でも、日頃やっているブルーグラスの曲とは大分違うので、まとめるのに苦労しました。原曲は、ちょっと長いので3番をカットしました。ベースがかなりいいラインを出しています。間奏をとちってしまってすいません。う~ん、やっぱり難しい曲だ。

戦争は知らない
懐かしい曲です。残り時間がないということからか、ちょっとあせって、急いてしまっているのが残念。

★Acoustic Strings 倶楽部のメンバー
-Guitar & Vocal : Mr. N.
-Base Fiddle : Mr. O.
-Mandolin & Vocal : NINO


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

4曲目に用意していたのは、「浜辺の歌」でした。これもブルーグラス調でやってもなかなか良い曲です。

本番ではできなかったのですが、後の打ち上げで演奏させてもらいました。

ということで、Acoustic Strings 倶楽部として BMO に出させてもらうのが、これでもう5回目になるのかと思います。

毎回、バンマスの Mr. N. がテーマを決めて選曲していますが、次回は、本来のコンセプトに戻って、フィドルチューンをやろう、ということになっています。

乞うご期待!
[PR]

  by kasninoyh | 2009-12-04 23:13 | ライブ活動

Big Mountain Opry 第28回の様子:11月29日(その3)

今日は、11月30日の行われたビックマウンテンオープリー打ち上げの様子をお届けします。

◆本番の後の打ち上げ
本番が終わったあとは、参加者による恒例の打ち上げがありました。多くのバンドが打ち上げ用にもちゃんと曲目を準備していました。

c0032583_17533430.jpg

↑実行委員長の挨拶です。

c0032583_17472932.jpg

↑今回のトリをやったデイジー・チェインの皆さん。

c0032583_17474538.jpg

↑ザ・マックレイカーズ+ロイド・ローアのマンドリン!

c0032583_17483072.jpg

↑小田原ブルーグラス研究会の皆さん。

c0032583_17485646.jpg

↑Rose & Guys。優美なマンドリンが印象的です。

c0032583_17492246.jpg

↑フラワークリークの皆さん。

c0032583_17495476.jpg


c0032583_17502753.jpg


c0032583_17505214.jpg

↑LilyLenlen の皆さん。


☆ビックマウンテンオープリーいつも楽しませていただいています。今回聞きに来ていただいた方の数はこれまでで最高だったとか。

これからもずっと続けていってもらいたいコンサートです。
[PR]

  by kasninoyh | 2009-12-02 22:02 | ライブ・フェスレポート

Big Mountain Opry 第28回の様子:11月29日(その2)

それでは、11月29日に開催されたビックマウンテンオープリーの様子を引き続きお伝えしたいと思います。

◆フラワークリーク
ベテランバンドのフラワークリークです。今回から女性のドブロ弾きが加わって、更にパワーアップ!

c0032583_1731522.jpg


c0032583_17321112.jpg


◆K&K
次なるバンドは、サイモンとガーファンクルの曲を中心に演奏する K&K のお二人。絶妙のコーラスを聞かせていただきました。今回は、最後に「ゆず」の曲も披露してくれました。

c0032583_17344076.jpg


c0032583_17345929.jpg


◆ザ・マックレイカーズ
こちらもベテランバンドのザ・マックレイカーズです。Mr. Y. の太いリードボーカルが良かったです。

c0032583_1738793.jpg


c0032583_17382326.jpg


◆小田原ブルーグラス研究会
そして、オダブルの登場です。いつもプロのように考え抜かれた演出を見せてくれるバンドです。

c0032583_17441755.jpg


c0032583_17443724.jpg


c0032583_17445892.jpg


◎これ以外にもたくさんのバンドが出ました。全部で15バンドです。今回は、自分達の出番の前の練習等のため、あまり写真を撮ることができず、ちょっと残念でした。

(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-12-01 23:25 | ライブ・フェスレポート

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE