<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

エレキとドラムをバックにしたビル・モンローの録音?

c0032583_0122068.jpg


今日は、久しぶりにビル・モンロー探求です。

ビル・モンローについても、できれば、毎月何か書きたいと思っています。

ところで、今日の話題は、ビル・モンローがエレキギターとドラムをバックに歌った録音がある、というお話です。

あのビル・モンローがカントリーバンドのようなバックで歌っていると聞いたら、ちょっと驚きですが、実際に、1951年の3月と4月にナッシュビルのスタジオミュージシャンをバックに、Jimmie Rogers の曲を録音しており、その中には、エレキギターやドラム、ピアノ等が使われています。フィドルも、ブルーグラスフィドルではなく、カントリー調のフィドルになっています。

c0032583_072964.jpg


この時録音されたのは、以下の曲です。この中で、エレキやドラムが入っている曲は、*印が付いているものです。

Brakeman's Blues
Travelin' Blues
When The Cactus Is In Bloom
Sailor's Plea *
My Carolina Sunshine Girl *
Ben Dewberry's Final Run *
Peachpickin' Time In Georgia *
Those Gambler's Blues *
Highway Of Sorrow *

このような録音を行ったのは、ちょうどこの頃、Jimmie Rogers の歌が再度ヒットするような状況があり、ちょっとヒット曲のなかったビル・モンローもこの流れに乗せようとしたレコード会社の思惑があったようです。

しかし、この録音は成功とは言えず、レコード会社の Decca から発売されたのは、やはりブルーグラス的な演奏である Brakeman's BluesTravelin' Blues だけで、他の録音はボツとなったとか。(その他の録音は、結局、数年後に発売されたり、米国では発売されなかったりしたそうです。)

これらの録音は、Bear Family Records の CD-Box セットに入っていますので、聞くことができますが、やはりエレキやドラムスのバックでカントリー的なリズムで歌うビル・モンローというのは、やっぱり間伸びした感じでちょっと違うなぁという感じです。

例えば、Peachpickin' Time In Georgia は、マンドリンでスタートするのですが、リズムがカントリーのまったりしたリズムでイメージが違います。

中でも、特に、Ben Dewberry's Final Run は、エレキギターのリードで始まり、フィドルのブレイクもカントリー風になっていて、たぶん、ビル・モンローの演奏の中でも、最も、カントリーっぽいものなのかもしれません。(ちなみにこの曲は、米国ではリリースされず、日本とオランダではリリースされているそうです。)

こうして聞いてみると、ブルーグラスのリズムが非常に独特のものであることが良くわかります。ビルも、この録音をやっている時は、きっと気持ち悪かったんでしょうね。

尚、Highway Of Sorrow は、Jimmie Rogers の曲ではなく、Pete Pyle という人の曲です。(Pete Pyle は、True Life Blues の作曲者でもあります。)この曲は、ブルーグラススタイルでも録音されています。
[PR]

  by kasninoyh | 2010-01-16 22:35 | ビル・モンロー探求

アラスカの新進バンド:Bearfoot

c0032583_23125960.jpg


今日の注目のバンドは、アラスカ出身新進バンド、 Bearfoot です。

最近は、以前ご紹介した Uncle Earl のように、女性のバンドもたくさん活躍しているようですが、このバンドも、女性3人を中心に男性2人を加えた5人編成です。

楽器の編成が変わっていて、女性2人がフィドルで、女性のベースに男性2人はギターとマンドリンという構成。バンジョーは入っていません。

音楽の傾向は、オールドタイミーをベースにしているようですが、最近はいろいろな広がりを見せています。

c0032583_0222223.jpg


ボーカルの中心は、金髪の Odessa Jorgensen  です。この人は、パワフルなブルーグラス的な声ではなく、やさしいフォーキーな歌声です。オールドタイミー的なフィドルも弾きます。

c0032583_0275431.jpg


もう一人のフィドラーの Angela Oudean 。この人は、ブルーグラス・フィドラーという感じで、パワフルなフィドルを聞かせてくれます。

ベースの Kate Hamre もチャーミングな人で、リードボーカルも取ります。

ギターは、Mike Mickelson、マンドリンは、Jason Norris です。この2人は、完全にブルーグラスをベースにしています。

ボーカルは女性3人のハーモニーが中心で、男性陣2人は、インスト面でバックアップしているという感じでしょうか。

このバンド全体のサウンドがとても爽やかな感じで良いです。所謂、ハードラインのブルーグラスを期待するとちょっと違いますが、現在のはやりを象徴しているサウンドなんでしょうか。

c0032583_0282744.jpg


手元には、一番新しいCD、"Doors and Windows" があります。

このアルバムは、彼らも言っているように、ブルーグラス/オールドタイミーから広がってアコースティック・ミュージックという感じに仕上がっています。

バンジョーに Alison Brown、フィドルに Andrea Zonn (James Taylor And Band)、ドブロに
Andy Hall (The Infamous Stringdusters) を迎えて、更に、ドラムを加える等、サウンド的にも新しい要素をたくさん加えています。

Bearfoot のウェブサイトは、以下の通りです。このウェブサイトでは、新しいアルバムの曲を聞くことができます。

www.bearfootband.com

本当に新しいバンドがたくさん出てきていますが、この Bearfoot も、今後も注目していきたいバンドの1つです。

c0032583_0284817.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2010-01-09 23:05 | ブルーグラスプレーヤー

2010年もよろしくお願いいたします。

c0032583_2226879.jpg


2010年寅年

今年も、じっくりとブルーグラスを楽しみたいと思います。

皆様も、楽しいブルーグラス生活を送られますように、お祈りいたしております。

今年も、引き続きよろしくお願いいたします。

NINO
[PR]

  by kasninoyh | 2010-01-01 22:25 | 番外編

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE