<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

Acoustic Strings 倶楽部の演奏:5月23日のBMO

☆Acoustic Strings 倶楽部

c0032583_20583945.jpg



今日は、先日行われたビックマウンテンオープリーでの我らが Acoustic Strings 倶楽部 の演奏をお届けします。

当日は、4曲演奏したのですが、最初の曲は録音するのを忘れてしまったので、3曲分をお届けします。

尚、演奏曲目は以下の通りです。

Hard Hearted
Love and Wealth
Cotton Patch Rag
浜辺の唄


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。(PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

Love and Wealth
Louvin Brothers のヒット曲の1つです。シンプルな曲かと思ったのですが、コーラスのハモの部分がなかなか分りずらく、思ったよりまとめるのに苦労しました。

Cotton Patch Rag
これは、テキサスフィドルのスタイルでよく演奏されるフィドルチューンです。フィドラーとしてはマスターしておくべきレパートリーの1つです。でも、この手の曲をやるためには、まだまだ練習が足りません。

浜辺の唄
誰もが知っている日本の唱歌です。これもハモがなかなか難しい曲で、メロディーの上下もあるので難しい曲ですね。前回のBMOの時に、時間切れで歌えなかったので、リベンジの再トライです。


Acoustic Strings 倶楽部
- Guitar & Vocal : Mr. N.
- Base Fiddle : Mr. O.
- Mandolin, Fiddle & Vocal : NINO


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回は、私としては、結構難しいフィドル曲にチャレンジしました。もっと練習しなければ。

次回のBMOは、11月です。我らがバンマスによれば、今度は、ビル・モンロー特集となる予定です。乞うご期待。
[PR]

  by kasninoyh | 2010-05-25 23:52 | ライブ活動

第29回ビッグマウンテンオープリー

c0032583_22184475.jpg


本日は、5月23日に開催されたビッグマウンテンオープリーの様子をお伝えしましょう。

ビッグマウンテンオープリーも、今回で29回を迎えました。会場は、いつもの通り、伊勢原市民文化会館です。

今回参加したバンドは、15でした。


c0032583_1651253.jpg

c0032583_16514164.jpg

c0032583_1652365.jpg

↑ コンサートがスタートする前の準備の様子。


c0032583_16523016.jpg

↑ 最初は、大部屋バンドの皆さんです。丹沢サークルの重鎮のバンドです。


c0032583_1653647.jpg

↑ こちらは、AK2 Sunrise という新しく参加したバンド。写真には写っていないのですが、真ん中でリードボーカルを歌っておられる Ms. A. を中心としたPPMカバーのバンドです。きれいなハーモニーを聞かせていただきました。


c0032583_1653228.jpg

↑ LilyLenlen とボーイフレンズいつもながらの二人の息の合ったデュオが栄えていました。


c0032583_16533826.jpg

↑ Le Chapeau Chante「ル・シャp-シャンテ」と読みます。歌う帽子という意味だそうです。ポップス、シャンソン等を聞かせていただきました。


c0032583_1653549.jpg

↑ あっぺんでぃくすの皆さん。楽しみながら演奏しているのがにじみ出ているバンドです。


c0032583_16541578.jpg

↑ こちらは、K&Kのお二人です。いつもサイモンとガーファンクルの曲をしっとり聞かせてくれています。


c0032583_16543676.jpg

c0032583_16545630.jpg

↑ 控え室での風景。


c0032583_16551540.jpg

↑ フラワークリークの皆さん。ブルーグラスで使う楽器が全部そろったフルセットのバンドです。


c0032583_16555294.jpg

↑ デイジー・チェインです。いつもすばらいチーム力で聞かせているバンドです。なかなか磨きがかかってきています。


c0032583_1656297.jpg

↑ 最後のバンドは、ザ・マックレイカーズです。以前のバンドメンバーの方を偲んでセークレッドソング中心の演奏でした。


ということで、今回も楽しいコンサートでした。

コンサートを運営している丹沢ブルーグラス・サークルの皆さんに感謝、感謝です!
[PR]

  by kasninoyh | 2010-05-24 22:16 | ライブ・フェスレポート

Orient Church 吉祥寺音楽祭で演奏!(5月5日):その2


c0032583_22515694.jpg

↑ 吉祥寺音楽祭のパンフに記載された Orient Church の紹介です。



それでは、今日は、先日の5月5日の吉祥寺音楽祭「スーパーステージ」における我らが Orient Church の演奏の様子をお届けしたいと思います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。(PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。)

Blue Ridge Cabin Home
本当に定番中の定番の曲です。ブルーグラスが初めてという方にも分りやすい曲かと思います。

The Fields Have Turned Brown
割としっとりした曲です。Country Gentlemen のスタイルで演奏しました。フィドルがよくはまっています。

Foggy Mountain Top
我らが紅一点、Angel のボーカルをフィーチャーした曲。The McLains というバンドのスタイルで演奏しました。バンジョーのフレイリングがポイントです。

Dear Old Dixie
言わずと知れたアール・スクラッグスの名曲です。

When You Kneel at Mother's Grave
最初は予定していなかったのですが、時間に余裕があるとのことで、最後にこの曲をやりました。リードボーカルの Summy の十八番です。

Orient Express
- Guitar & Vocal : Mr. Summy O.
- Banjo & Vocal : Mr. Kenny K.
- Dobro & Vocal : Mr. Frank M.
- Fiddle & Vocal : Ms. Angel I.
- Base, Vocal & Clogging : Mr. Carly O.
- Mandolin & Vocal : NINO


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

とにかく大きな舞台で、良い天気の下、たくさんの方々に聞いていただくことができて良かったです。

炎天下、ご静聴いただいた皆さん、ありがとうございました。

c0032583_2334057.jpg


c0032583_2334583.jpg


c0032583_23351416.jpg

[PR]

  by kasninoyh | 2010-05-11 22:45 | ライブ活動

Orient Church 吉祥寺音楽祭で演奏!(5月5日):その1

c0032583_22292422.jpg


連休の5月4日と5日は、毎年恒例の吉祥寺音楽祭が開催されました。

c0032583_22321045.jpg


「吉音」こと吉祥寺音楽祭は、今年で25回になるそうです。

毎年、季節柄、雨が降ることが多いそうですが、今年はとてもいいお天気に恵まれました。

吉祥寺の駅前には、「スーパーステージ」という大きなステージがセットアップされます。

c0032583_2233090.jpg


この「スーパーステージ」では、地元で活躍するいろいろなバンドや音楽家達の演奏が行われました。

ロック系、フォーク系、フラメンコ系、ジャグバンド系、ジャズ系、ビックバンド系などなど、本当に多種多様な音楽が演奏されました。

今回は、我らが Orient Church も、この栄えある「スーパーステージ」で演奏する機会をいただきました。

c0032583_22375027.jpg


我々の演奏には、吉音の第1回目から出演しておられる Mr. K. とそのバックアップギタリストとして Mr. S. も参加されました。ちなみに、Mr. K. は、この吉音の運営の中心メンバーのお一人で、5月5日のスーパーステージの司会もしておられます。

c0032583_22403160.jpg


それにしても、5月にしては、とても良い天気で暑い炎天下のステージで長時間にわたり聞いていただいたたくさんの皆さん、ありがとうございました。

c0032583_22414554.jpg


この次には、我らが Orient Church の演奏状況をお伝えしたいと思います。

(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2010-05-09 22:20 | ライブ・フェスレポート

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE