朝霧ブルーグラスフェスが戻ってきました!:5月30~31日(その4) Pacific Express の演奏

c0032583_1444225.jpg


5月30日から31日に開かれた朝霧フェスの模様をお伝えしてきましたが、今日は、そのフェスでの我らが Pacific Express の演奏の録音をお届けします。

今回は、出演したいということで、主催者の方に事前にメールを入れておいたのですが、どういうわけか漏れていました。それで、無理にお願いして、一番最初に割り込ませていただきました。主催者のご好意に感謝いたします。

演奏の方は、例によって、例の水準ではありますが、快適できれいなホールで演奏させていただき、楽しかったです。

ただ、ホールの残響がかなりあって、録音は、リバーブをかけていないのですが、お風呂の中で歌っているみたいになっていますので、あしからず...

今回は、バンジョーが入っていなくて残念なのですが、ギター、マンドリン、ベースのトリオでブラザー・デュオ風にまとめてみました。ベースがバッチリ入っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

Cabin In Caroline
フラット&ストラッグスのお馴染みの曲でスタートしました。今回の編成では、バンジョーがいなかったのですが、この曲なんかはバンジョーでスタートしたい曲ですね。ボーカルの Mr. K. の十八番の1つです。

Live And Let Live
この曲は、昔から私の好きな曲です。元は誰の曲なんでしょうか。ビル・モンローもやっていますし、ジョン・バルなんかもやっています。私のは、"Del McCoury, Doc Watson & Mac Wiseman" というオムニバスアルバムの中に入っているバージョンを元にしています。(Ⅰの次にⅦが入るバージョンです。)

Dim Light, Thick Smoke
これもフラット&ストラッグスの定番曲。酒場に入り浸る女性をいたぶるような曲で、ちょっと珍しいテーマでしょうか。(酒場に入り浸る男の歌は吐いて捨てるほどありますが。)

Hard Hearted
最後は、軽快な曲で締めました。(とにかく、予定外で割り込ませていただいたので、なるべく早く終わらせるようにしました。)ジム&ジェシーで有名な曲です。

◆Pacific Express
- Guitar & Vocal : Mr. K.
- Base Fiddle : Mr. M.
- Mandolin & Vocal : NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

とにかく、今回の朝霧フェスは、場所も良く快適でした。

とてもお勧めのフェスだと思います。来年も期待しています!!

c0032583_1450263.jpg

[PR]

  # by kasninoyh | 2009-06-10 14:22 | ライブ活動

朝霧ブルーグラスフェスが戻ってきました!:5月30~31日(その3)

c0032583_21535797.jpg


またまた朝霧ブルーグラス・ピッキング・パーティの様子です。

フェスの楽しみは、いろいろなバンドのパフォーマンスを見ること、バーベキューやビールで野外の食事を楽しむこと、そして真夜中まで続くジャムです。

c0032583_2156838.jpg


私としては、腕はそれ程でもないけれど、この夜中のジャムをとても楽しみにしています。

アメリカに居るときも、しょっちゅうジャムをやっていました。たまに集中してジャムをしないと感覚が戻ってこないような気もします。(まずは自分で練習することが大事なんでしょうが...)

c0032583_21583488.jpg


この夜も、遅くまでピッキングを楽しませてもらいました。お付き合いいただいた方々、ありがとうございました。

さてさて、夜も明けて日曜日(31日)の朝です。

c0032583_2203385.jpg


朝食の準備です。

c0032583_2214691.jpg


c0032583_222634.jpg


さて、31日のステージの方は、午前中で終了です。

c0032583_2222347.jpg

↑ゲストのとの様キングスがもう一回ステージをやってくれました。ブズーキを使っているのが印象的でした。

c0032583_2262066.jpg

↑地元青年団の方々。朝から力が入っています。お馴染みになった「富士山」もありました。

c0032583_2264364.jpg

c0032583_2265982.jpg


朝のお風呂もとても気持ちが良かったです。
夜のジャムも堪能させていただきました。
夜の食事も楽しく過ごさせていただきました。(Cloud Cuckoo Band の皆さん、ありがとうございました。)
...ということで、また来年を楽しみにしたいと思います。

c0032583_2254789.jpg

[PR]

  # by kasninoyh | 2009-06-03 21:50 | ライブ・フェスレポート

朝霧ブルーグラスフェスが戻ってきました!:5月30~31日(その2)

c0032583_21175746.jpg


今日は、朝霧ブルーグラスピッキングパーティー5月30日の演奏の模様をお伝えしましょう。

演奏会場は、YMCAの施設の1つの広いホールです。

相模湾を望む絶景が見える大きな窓があって、その前がステージです。

c0032583_21182129.jpg


PAはいつもの Mr. K. が取り仕切ってくれていました。

c0032583_21185781.jpg


日が暮れてきて、いよいよ本番の開始です。

c0032583_2120066.jpg


c0032583_21252689.jpg

↑こちらは、ゲストバンドの1つ、ASH GROVE です。

c0032583_21264142.jpg

↑こちらは、越田家のみなさん。

c0032583_2127521.jpg

↑こちらは、もう1つのゲストバンド、とも様キングスです。もう、エンターテイメントの塊のようなステージでした。これは関西バンドでないとできないパフォーマンスですね。

今回の出演バンドは以下の通りです。26くらいのバンドが参加しています。

◆MAY 30 SAT. .
P.M.
05:00 OPENING JAM
:30 CHAPTER-11
:45 トシロー&フレンズ
06:00 足久保リバーバンド
:15 HUNGRY WALLET
:30 小杉春海
:45 CLOUD CUCKOO BAND
07:00 結城耕平
:15 千茂登BLUES BAND
:30 OH JIN BAND
:45 さいたBAND
08:00 GOLDEN SWAMP
:15 陬波靖之
:30 YELLOW BLUE BOYS
:45 テケレッツ
09:00 GUEST TIME:ASH GROVE
:45 越田家
10:00  GUEST TIME: とも様キングス
 :45 NEW CLINIC BAND
11:00 タヒチ・クラブ
  :15 大江戸多摩BAND
 :30 DEAD MAN WALKING
  :45 RURAL RHYTHM SECTION

◆MAY 30 SAT. MAY 31 SUN.
A.M.
10:00 小杉春海
:15 地元青年団
:30 メイベル・じんたん
:45 朝霧ボンバーズ
11:00 さいたBAND
:15 OH JIN BAND
:30 サボテン・ブラザース
:45 GOLDEN SWAMP
12:00 とも様キングス

c0032583_11452955.jpg


(つづく)
[PR]

  # by kasninoyh | 2009-06-02 21:17 | ライブ・フェスレポート

朝霧ブルーグラスフェスが戻ってきました!:5月30~31日(その1)

c0032583_20532043.jpg


ことしは嬉しいことに、あの朝霧ブルーグラス・ピッキング・パーティーが5月30日、31日に復活しました!

私ごとですが、朝霧フェスは、アメリカから帰国して初めて行った日本のフェスでしたので、非常に印象に残っています。富士山のふもとで、とても場所も良いし。

残念なことに、昨年は、場所の問題とかいろいろあったそうで開催されなかったのですが、今年は、場所も新しくなって戻ってきてくれました。

c0032583_2102644.jpg


新しい場所は、富士山YMCAグローバル・エコ・ビレッジというところで、とても良い場所です。

c0032583_2112189.jpg


以前は牧場だったんだと思いますが、そこにコテージや宿舎があっります。結構大きなホール=教会が付いていて、雨が降っても大丈夫です。その上、とてもきれいなお風呂も付いています。これは極楽のようなフェス会場ですね。

c0032583_2154539.jpg

c0032583_216698.jpg

c0032583_216242.jpg


今回はあまり天気が良くなかったので、結局、演奏はホールで行われたのですが、天気がよければ、この牧場の斜面に舞台を作って会場にすることができます。

これは、アメリカのフェスと同じ雰囲気です。Grey Fox なんかは、本当に似ています。

c0032583_21123914.jpg


↑この丘を登っていくところがとても気持ちが良かったです。富士山が見えなかったのが残念!

c0032583_21142999.jpg


今日は、会場の様子ばかりとなってしまいましたが、なかなか良い場所で感激しておりました。

皆さん、来年も朝霧に集いましょう!!

c0032583_21145234.jpg


(つづく)
[PR]

  # by kasninoyh | 2009-06-01 20:51 | ライブ・フェスレポート

Big Mountain Opry (BMO) 5月24日 (その2)

c0032583_22532445.jpg

昨日に引き続き、5月24日に行われたビックマウンテンオープリーの様子をお伝えします。

今日は、当日演奏した我らがアコースティック・ストリング倶楽部の演奏の模様をお届けします。

いつもの通りのシンプルな編成でシンプルな曲をシンプルに演奏しました。

今回は、一応、ビル・モンローの曲を集めてということだったのですが、バンドとしては初めての曲ばかりとなり、結構、緊張しました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

My Sweet Blue Eyed Darling
ビル・モンローの定番の1つです。いきなりコーラスパートで始まり、その上、テナーがとても高いので最初の押し出しが難しい曲です。案の定、最初のコーラスはバラバラとなりました。

Honky Tonk Swing
あんまりやる人は少ないのですが、この曲はビル・モンローのマンドリン・ブルースの1つです。キーはCですが、結構、メロディーがはっきりしているブルースです。マンドリンは、全部、ダウンストロークで弾くのが特徴です。ベース・ソロがとっても良かったと思います。(自画自賛)

Walls Of Time
これは、ビル・モンローの名曲だと思っているのですが、歌うとなるととても難しい曲です。とてもモーンフルな曲なのですが、単調になってしまいます。曲の意味が判らないとつまらない曲かもしれませんが、ちょっと凄みのあるラブソングだと思います。ちなみに、曲はビル・モンローが作っていますが、詩は、ピーター・ローワンが作っています。

Panhandle Country
これもビル・モンローの定番のインスト。ブルーグラス・ボーイズがライブの始めなどによく演奏していたようです。こういう曲にはバンジョーが欲しくなりますね。この曲にも、渋いベースソロが入っています!

<Acoustic Strings Club>
- Guitar & Vocal: Mr. N.
- Base : Mr. O.
- Mandolin, Fiddle & Vocal : NINO

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ということで、今回も楽しくライブをさせていただきました。

実は、このBMOは、本舞台を終わったあと、出演者で打ち上げをやります。この打ち上げが結構たのしくて、これを目当てに来られるかたも居るくらいです。

もちろん、私も楽しみにしていたのですが、いろいろと仕事の関係もあり、早々と帰らなければならない状況となり、大変残念でした。

また、次回の秋のBMOを楽しみにしています!!

c0032583_2391497.jpg

c0032583_239056.jpg

[PR]

  # by kasninoyh | 2009-05-28 22:48 | ライブ活動

Big Mountain Opry (BMO) 5月24日 (その1)

c0032583_21362718.jpg


今日は、先だっての5月24日に伊勢原市民会館で開催された第27回ビッグマウンテンオープリーの様子をお届けします。

毎年2回、丹沢ブルーグラスサークルの皆さんを中心に開催されているライブです。全員がアマチュアバンドですが、毎回、力の入った演奏を聞かせてくれます。

今回も14バンドが前半、後半に分かれて演奏しました。

c0032583_22254330.jpg

↑まず最初は、いつもの通り、オールド・マウンテン・ボーイズの皆さん。と言っても、お一人ガールが入っています。この女性が鶴の一声、二声を聞かせてくれました。これまで、ずっとBMOのトップを飾ってきたグループなのですが、どうやら、今回で一応最後の公演となるとか。残念です。

c0032583_2229739.jpg

↑こちらは、Rose & Guys の皆さん。もう結成して1年になるとか。スージーさんの「きちんとした」マンドリンが印象的でした。

c0032583_223133100.jpg

↑こちらは、大ベテランのフラワークリークの皆さん。とても安定したボーカルを聞かせていただきました。

c0032583_22372577.jpg

c0032583_22374448.jpg

c0032583_223804.jpg

↑第一部が終わって第二部が始まるまでの幕間の様子です。

c0032583_22381330.jpg

c0032583_22383361.jpg

デイジーチェインの皆さんの演奏の様子を舞台の袖からのぞいてみました。

c0032583_22334440.jpg

↑こちらは、大ベテランのザ・フォーティーズの皆さんです。フィドルに新しいメンバーを迎えて意気が上がっています。

c0032583_22422785.jpg

↑サイモンとガーファンクルが大好きというK&Kのお二人。とても息の合ったハーモニーを聞かせていただきました。

c0032583_2244303.jpg

↑こちらは、オールドカントリーバンドの皆さん。とてもしっかりしたコーラスを聞かせていただきました。

c0032583_22461683.jpg


ということで、今回の第27回BMOも、盛会に終わりました。

ご参加の皆さん、ご苦労様でした。ご準備をされてきた幹事さんご苦労様でした。そして、見に来ていただいたたくさんの皆さん、ありがとうございました。
[PR]

  # by kasninoyh | 2009-05-26 18:42 | ライブ活動

登戸ブルーグラスフェスティバル:4月19日(その3)Acoustic Strings 倶楽部の演奏

c0032583_2222174.jpg


今日も4月19日の登戸ブルーグラスフェスティバルの続きですが、今回は、我らが Acoustic Strings 倶楽部の演奏を少しお届けしたいと思います。

我々は、ギター、マンドリン、ベースの3人というこじんまりとした編成で、あまり他の人がやらないフィドルチューンなどを演奏しています。

この日は、以前、フェスでやった曲を演奏したのですが、どういうわけか随分とあがってしまいました。

ということで出来は良くないのですが(いつものことか)、録音をアップします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
録音を聞くには、下線をクリックしてください。PCにMP3プレーヤーがインストールされていれば、録音を聞くことが出来ます。音が出るまで時間がかかる場合があります。

E.M.D.
言わずと知れたディビッド・グリスマンの名曲です。随分とあわててしまって、後半はやたらにテンポが速くなってしまいました。お聞き苦しくてすいません。

Dark Hollow
ギターの Mr. N. のボーカルをフィーチャーしたスタンダードナンバーです。これは、落ち着いたテンポで演奏できました。

フィドル・チューン・メドレー(Old Joe Clark & Big Mon)
フィドルチューンを2つ。と言っても、1つはトラッドの本当のフィドル・チューンで、もう一つはビル・モンローのインストです。

Kentucky Waltz
最後は、これまたビル・モンローの定番ワルツ。これは、キーはDで歌っているのですが、ゲストタイムで、ゲストの Andy が同じ曲を E で歌っていました。もちろん、とっても良かった。やっぱり、トラッドなブルーグラスは、ハイロンサムかつハイボリュームで歌うのが一番です。

Acoustic Strings 倶楽部
- Guitar & Vocal : Mr. N.
- Base Fiddle : Mr. O.
- Mandolin & Vocal : NINO


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ということで、我々の演奏はそこそこですが、ゲストの Bluegrass Exchange は良かったです。当たり前ですが、サミー・シーラーのバンジョーがとても快いリズムを刻んでいました。

とても楽しいフェスでした。引き続きこのフェスが続いていきますよう、かげながら応援していきたいと思います。

c0032583_2354411.jpg

[PR]

  # by kasninoyh | 2009-04-27 22:00 | ライブ活動

登戸ブルーグラスフェスティバル:4月19日(その2)

c0032583_22581667.jpg


今日も4月19日の登戸ブルーグラスフェスティバルの模様をお届けします。

いよいよ5時ぐらいになって、ゲストタイムがスタートしました。

c0032583_230354.jpg


c0032583_2302693.jpg

↑マロさんの渋いボーカルです。

c0032583_230549.jpg

↑とっても若いレイチェルちゃん。歌も聞かせてくれました。

c0032583_237177.jpg

↑ベースを弾いているアンディーが、とてもすばらしいテナーの持ち主で、パワフルなボーカルを聞かせてくれました。これぞトラッドブルーグラスといった感じでした。

c0032583_2351570.jpg


c0032583_2314627.jpg


c0032583_2325921.jpg

↑このサミーのバンジョーのテンポというか、リズムというか、これがブルーグラスのベースなんですね。やっぱり、違うなぁ。このパワフルなバンジョーは...それにしても、この背の高さの違いは大変なものです。

c0032583_233423.jpg

↑夜も更けてきて、バンドの人達との交流ジャムもありました。

c0032583_2342210.jpg

↑日本の若手プレーヤーも一緒にジャムをしました。若手に期待!

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

私も、レイチェルちゃんと一緒にフィドルを少し弾かせもらったりしました。

本場のブルーグラスに触れて、大満足の1日でした。

このフェスを企画したスタッフの皆さん、本当にご苦労様でした。また、よろしくお願いします。

(今回は、私たち(Acoustic Strings 倶楽部)も少し演奏させてもらいました。次回はその時の録音をお届けします。)
[PR]

  # by kasninoyh | 2009-04-26 22:56 | ライブ・フェスレポート

登戸ブルーグラスフェスティバル:4月19日(その1)

c0032583_2231373.jpg


今日は、4月19日に登戸のジュビリーガーデンというアイリッシュ・パブで行われた登戸ブルーグラスフェスティバルの模様をお伝えします。

今回の登戸フェスは、ゲストに Sammy Shelor マロ川端さんのバンド The Bluegrass Exchange を向かえ、盛大に行われました。

ちなみに、The Bluegrass Exchange のメンバーは以下の通りです。

★The Bluegrass Exchange
      Maro Kawabata (Guitar, Vocals)
      Sammy Shelor (Banjo, Vocals)
      Andy Ball (Bass, Vocals)
      Shin Akimoto (Mandolin)
      Rachel Johnson (Fiddle, Vocals)


マンドリンには、秋元さん、ベースとマンドリンの Andy、フィドルには紅一点の Rachel さんでした。

c0032583_22391887.jpg


ゲストが出演する前は、午後1時から以下のような15のバンドの演奏がありました。どれも、みんな力の入った素敵な演奏でムードを盛り上げました。

<バンドスケジュール>
1.ハニーナイツ              
2.アコースティックストリング倶楽部 
3.ロンサムキャノンボール       
4.ブルーグラス・ア・ミリオン      
5.ビタミンズ                
6.辻堂ミッドナイトランブラーズ     
7.小田原ブルーグラス研究会      
休憩                       
8.習志野バンド               
9.J-プロジェクトバンド       
10.キープオンザグラス       
11.グレートピースピッカーズ    
12.キララ             
13.高橋義郎&ニューロードマップ  
14.大江戸多摩バンド          
15.ニュークリニックバンド       
休憩                 
■ゲストタイム            
休憩(サイン会他)          
■交流会                
オープンステージ


c0032583_22461467.jpg


c0032583_22464057.jpg


c0032583_22465629.jpg


c0032583_22472722.jpg


c0032583_224889.jpg


c0032583_22483672.jpg


(つづく)
[PR]

  # by kasninoyh | 2009-04-25 22:15 | ライブ・フェスレポート

Orient Church 初ライブ at NORO(3月7日):その5

c0032583_222120.jpg


というわけで、長々と我らが Orient Church の3月7日の初ライブの模様をお届けしてまりました。

お付き合いいただき、ありがとうございました。ご来場いただいた皆さん、ご苦労様でした。バンドの皆さんもご苦労様でした。

c0032583_222234.jpg

3月7日のライブの会場となった NORO です。この渋い感じがたまらないお店です。音響設備もナイスです。

c0032583_2223986.jpg

会場の席の準備もようやく整いました。お店のマスターが結構苦労しながら配置をしていました。

c0032583_223553.jpg

舞台の準備もOKです。

c0032583_2232395.jpg

バンマスがベースを調子をチェック....?

c0032583_2234215.jpg

お客様もだんだん集まってきました。ライブが始まる前のちょっと高揚した気分...

c0032583_224019.jpg

そして、席はいっぱいになりました。

c0032583_2241748.jpg

MC中のバンマスです。

c0032583_224444.jpg


c0032583_225539.jpg


c0032583_2252855.jpg

ライブ終了後の記念撮影です。

c0032583_12454821.jpg

これが当日のパンフでした。

c0032583_12462616.jpg

演奏曲の一覧です。

◆当日演奏したのは以下の曲でした。ご参考まで。

<1st Stage>
1. Grandfather's Clock
2. Foggy Mountain Top
3. I'll Be Here In This Morning
4. Early Morning Rain
5. Runaround
6. Going To West
7. My Baby's Gone

<2nd Stage>
1. When You Kneel At Mother's Grave
2. Wayfaring Stranger
3. Maiden's Prayer
4. Kentucky Waltz
5. Pathway Of Tear Drop
6. Beautiful Life
7. Faded Love

<3rd Stage>
1. Road To Columbus
2. Tall Pines
3. Think Of What You've Done
4. Back To The Cross
5. The Fields Have Turned Brown
6. Dear Old Dixie
(Anc) Take Me Home, Country Road

[PR]

  # by kasninoyh | 2009-03-31 23:46 | ライブ活動

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE