ビル・モンローの名盤"Master Of Bluegrass"を見つけた!(その2)

c0032583_22283455.jpg


今日も、昨日に続いてビル・モンローのインスト名盤 "Master Of Bluegrass" についてです。

今日は、アルバムの裏側を見てみましょう。

70歳のビル・モンローが愛器のギブソンを弾きながら、ベンチに腰掛けています。このベンチは、ビルの農場のコテージのベランダにつるされているベンチですね、きっと。

やっぱりアルバム裏面もいいです。

さてさて、収録されている曲は、ビルの晩年の名作です。

どの曲も独特のトーンを持っています。モーダル調のものが多いですが、ビル・モンローでなければ出せないトーンです。"Haunting" という表現がとってもピッタリきます。

変なメロディーやテンポの曲ばかりなのですが、どういうわけか耳についてしまいます。

収録曲は以下の通りです。

1面
Old Ebenezer Scrooge
RIght, Right On
Melissa's Waltz for J.B.
Fair Play
Evening Prayer Blues

2面
Go Hither to Go Yonder
Lochwood
Lady of the Blue Ridge
Old Danger Field
My Last Days On Earth


あんまり聞いたことのない曲ばかりですよね。

でも、なかなか味がある曲ばかりです。

全てビル・モンローの作曲と思っていたのですが、ジャケットには、Evening Prayer Blues はそうでないと書いてありました。

(つづく)
[PR]

  by kasninoyh | 2009-01-11 23:07 | ビル・モンロー探求

<< ビル・モンローの名盤"... ビル・モンローの名盤"... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE