人気ブログランキング |

とっても元気なカントリーガール:Valerie Smith

c0032583_23551934.jpgなんか、すぐその辺に居そうな普通のお姉さん、カントリーガールという感じの歌手が Valerie Smith です。

でも、彼女のステージはとてもエネルギッシュで、楽しい雰囲気にあふれています。バンドメンバーの交通事故にあったり、バンドメンバーが大きく入れ替わったり、結構、ごたごたしていたみたいですが、最近は落ち着いているんでしょうか。

彼女は、ビレッジで開かれる室内ブルーグラスフェス: Big Apple Bluegrass and Folk Festival に定期的に出演していました。このフェスは、私の行きつけであった水曜日夜のオープンジャムのアンカーの Tom Hanway 氏が中心となって組織され、アイリッシュバー、Baggot Inn で開催されていた小規模のフェスです。

上の写真は、1999年の Big Apple Bluegrass Fes で初めて Valerie Smith & Liberty Pike を見た時のものです。

c0032583_03326100.jpgValerie の歌は、小柄な体に似ず、パワフルでした。この時のバックの Liberty Pike の面々がすごかったです。

今は Ricky Skaggs の Kentucky Thunder で活躍している Andy Leftwich がマンドリンとフィドルを担当していて、これがすごかった。「手のつけられないやんちゃぼうず」という感じで、ブレイクも相当なテクニックを披露していました。まだ、高校生だったのではないかと思います。

ギターも Travis Alltop という、これまたとても若いギタリストで、フラットピッキングがすばらしかった。

その後、いろいろごたごたがあったようですが、現在の Liberty Pike も若手のすばらしいプレーヤーを揃えています。

最近もソロCDを出した Becky Buller は、以前からのバンドメンバーでフィドルの担当。ブルーグラスのコースがある East Tennessee State University の卒業生です。ビル・モンローの Old Dangerfield の演奏がとてもよかったです。

John Wesley Lee のマンドリンもすばらしいです。数々のマンドリンコンテストで優勝している若手です。

彼女のウエブサイトでスケジュールをチェックすると、ずっと全米をツアーして回っているのがわかります。大型バスでバンドごと旅をしているわけですが、好きでやっている歌手生活とはいえ、この生活は大変ですね。

Valerie はとても明るいステージをする、と申し上げましたが、その一面で、なんとなく哀愁を内に秘めているようなところがあって、そこがひどく親近感をさそう歌手です。

Valerie Smith のウエブサイトをご覧になる方は、ここちらをクリックしてみてください。

  by kasninoyh | 2005-03-23 23:44 | ブルーグラスプレーヤー

<< ブルーグラスへの道:2度目... ビル・モンローのインスト(5)... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE