人気ブログランキング |

私の一番好きなプレヤー:Tim O'Brien (1)

c0032583_238970.jpg
「ブルーグラスプレーヤーの中で誰が一番好きですか?」と聞かれた時、現在の私の答えは、「Tim O'Brien です」ということになります。

ブルーグラスのメインストリートにずっといたというわけではなく、ブルーグラスでスタートしながら、非常に着実に、自分のやりたいこと、やりたい音楽を素直に追求してきた人ではないか、と思います。でも、いつも中心は、トラディッショナルな音楽が中心にあるように思われます。

Hot Rise で活躍し、カントリーやポップスのような曲を作り、現在は、ブルーグラスシーンでのいろいろな活動とともに、ケルティックの方まで行っています。

フィドルもマンドリンもギターもブズーキも、何でも弾いてしまいます。彼の楽器演奏は、ものすごいテクニックがある、というのではないのですが、とても味があります。なんとも独特の「味」です。特に、Tim のオールドタイムのフィドルは、すばらしい。あのような味は、長い間演奏してきた中でないと出てこない良さだと思います。(彼のフィドルとマンドリンについては、又、別稿で書きたいと思います。)

彼の歌も、すばらしいのですが、すごくうまいというのではなく、何か親しみをもたせます。でも、本当は、ものすごくうまいのですが。

なんとなく、なんでもできてしまって、器用貧乏のようなところがないわけではないのかもしれません。それが、「軽い」イメージをかもし出しているんでしょうか。

Bluegrassbox を聞いておられる方は多いと思いますが、このサイトで聞けるストーリーミングラジオ "Tim O'Brein Radio" は、私がしょっちゅう聞いている大好きな番組です。無料で、このようなすばらしいライブ音楽を、毎日、日替わりで聞けるというのは、嘘のような話です。

アメリカに居る時には、残念ながら、Tim のサインをもらうことはできませでしたが、Grey Fox Bluegrass Festival で毎年のようにステージは見ていました。

彼のステージは、必ずしも、ブルーグラスの曲はかりではありません。ケルティックあり、オールドタイミーあり、フォークあり、カントリーあり、ととても範囲が広いので、拡散したイメージを持ってしまいますが、その核は、あくまでも、トラディッショナルなもの、伝統と大衆に根ざした音楽だと思います。

私は、最近、ケルティック音楽にも大変惹かれていて勉強してみたいと思っているのですが、その意味でも Tim の傾向に合っています。

ところで、実は、私は、Tim と、生まれた年も同じなんです。(何の関係もないか。)

  by kasninoyh | 2005-04-30 00:04 | ブルーグラスプレーヤー

<< 軽井沢フェスでの演奏(2):4... ビル・モンローのインスト(6)... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE