人気ブログランキング |

ジャズマンドリンのCD:Tiny More & Jethro Burns "Back to Back"

c0032583_23502642.jpg


今日のCDは、ジャズマンドリンの2巨匠が競演していた1979年のLPの復刻版です。

2巨匠とは、Jethro BurnsTiny Moore です。Jethro については、以前も書きましたし、ブルーグラスシーンでも有名だと思うのですが、Tiny Moore という人については、このCDで始めて知りました。

Tiny は、5弦のエレクトリック・マンドリンを使うジャズ・マンドリニストです。(5弦目は、一番下のCだそうです。)Jethro と全く同時代の人で、マール・ハガードのバンドで演奏していたようです。

このCDは、2枚組みで、全く同じ曲のオリジナル・テイクとオルタネイト・テイクが収録されているという、とてもユニークなものです。2つのテイクが全く違うアレンジのものもあり、そのインプロビゼーションの広さ、深さに驚かされます。

プロデュースは、デイビッド・グリスマンで、セッションプレヤーもそうそうたるメンバーだそうです。

ジャズの曲は、あまり知らないのでコメントできないのですが、中には、ビル・モンローの Moonlight Waltz やトラディッショナルの Maiden's Prayer 等も収録されていて、素晴らしいアドリブ演奏とを聞かせてくれています。

Jethro's Tune も入っていますが、随分と早弾きになっています。こんな難しい曲を、よくこれだけ正確に早く弾けるもんです。

この曲は、私の課題曲の1つですが、アメリカにいるときにバリー・ミッテホフに一通り弾き方を教えてもらい、楽譜ももらったのですが、それから、早、3年。いまだに弾けませんね。まぁ、気長に練習していくしかありません。

  by kasninoyh | 2005-07-19 23:51 | CD・DVD・Podcast

<< ブルーグラス名曲の歌詞(2... 音楽の本:小室等著「人生を肯定... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE