人気ブログランキング |

Eddie Adcock の思い出:以前のブログ記事

先日、Eddie Adcock のライブを見に行きましたが、以前、アメリカで彼らを見た時のことを書いたことを思い出しました。昔のブログ記事ですが、ご参考までに、再掲します。これは、おそらく2000年ぐらいたったのではないかと思いますが、元気溌剌の Eddie でした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

c0032583_22204184.jpg


カントリー・ジェントルマンのバンジョー弾きとして有名な Eddie Adcock のライブ・ステージは、1回見たことがあります。

もう数年前になりますが、ニューヨークの郊外エメリン・シアターというローカル劇場でです。

この時は、奥さんの Martha と2人で Eddie Adcock Band というバンドでの演奏でした。あの、独特のメロディックなバンジョーは、100%健全で、そのテクニックの完璧さには、驚かされました。

以前に、ちょっとお話した Bill Keith の方は、少しよたよたしたところがあったのですが、 Eddie は、完璧でした。

c0032583_2230620.jpg


当時、アメリカで Orient Express というアマバンドを一緒にやっていたメンバーが、Eddie の大ファンで、一緒に写真を撮ってもらって、皆でご満悦でした。(上の写真の右から2番目が Eddie です。一番右の男性は、このエメリンシアターでのブルーグラスコンサートシリーズを企画していたドウグ・タックマンです。)

c0032583_22334372.jpg


この時は、どういうわけか Eddie のギター教則ビデオを買ってサインをしてもらいました。でも、このビデオは、まだ1回も見たことがありません。Eddie のギターは、バンジョーと同じような感じですね。というより、彼のバンジョーがギターの弾き方をそのまま持ってきたような弾きかただ、というべきなんでしょうか。

ところで、奥さんの Martha は、とてもきれいな人ですね。少し年を取ってしまった感じですが、若いときは、本当に美人だったと思います。彼女のギターは、少し、癖のある弾きかた方でしたが、とてもしっかりしたベースランを聞かせてくれていました。

c0032583_2238392.jpg

  by kasninoyh | 2007-12-12 23:53 | ブルーグラスプレーヤー

<< 来年は子年...ネズミのプレー... Eddie Adcock のラ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE